トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の13件の記事

2005年5月29日 (日)

何物にも代え難い 大分vsFC東京 5月28日(土)

shiaigo久々の勝利! 選手と喜びを分かち合うこの瞬間をどれだけ待ち望んだことか。 まさに何物にも代え難い瞬間。 まったく気苦労させやがって(笑)!

ツートップ、いいんじゃない?

ツートップが大きなワンツーで崩したり、中盤の混戦からボールをかっさらった宮沢が素早くサイドに展開したり。 それまでの大きな重石を背負ったような戦い方から一変、軽やかに戦う。

そして後半早々、戸田のセンタリングからユースケのゴラッソなゴール! ユースケと言えば、vs大宮@味スタでも混戦から抜け出して、角度の無いところから突き刺した泥臭いゴールがあったが、今回は戸田からのキレイなセンタリングにシンプルに飛び込んだもの。 王道を行くゴール。 興奮に我を忘れました。

石川の位置が少し下がることによってその前にスペースが生まれる。 FW二人がDFのマークを引き付ける動きをする。 だから、宮沢や今野からのロングフィードやサイドチェンジが石川にたくさん入っていた。 スペースが無いとずっと言い続けてきたが、ちょっとした工夫でスペースは生まれるんだな。

怪我明けの浄も、最初こそ松橋のスピードに乗った突破をファウルで止めざえるを得なかったが、以降はほぼ完封。 調子上がってきた。 藤田のディフェンスも安心して見られる。

無論、問題もまだ多い。 崩すパターンの少なさや持ちすぎ傾向、ピンチでみんながボールに向かってフリーの選手を作っちゃう、など。 また、昨日は相手の調子が今一つだったことも割り引かなければいけない。 けど、とにかくこの勝利を転機にして、捲土重来を期して欲しい。

そんな中、相変わらず心配なのがダニーロ。 ボールを持てば重戦車なんだが、いかんせんオフザボールの動きが悪い。 低い位置でしかボールを持てず、そこからドリブルしても3人がかりの相手に潰される。 一人だけ重苦しい雰囲気を持ち込んだままのような感じ。 まぁ、結果も出てないし、起用のされ方も中途半端だし、仕方ないか。。。 

試合後の挨拶のとき、ユニフォームをスタンドに投げ込む。 決して興奮や喜びから出た行動とは思えない。 最初から決めていたようで、脱ぐのに備えて小林からゼッケン貰おうとしていた(写真)。 このまま退団になるんだろうか? マジメそうで応援したいが、結論を出すなら早い方がお互いのためかも。 正直、どっちがいいのか分からん。

owari-nagoyaとにかく、待ちましたよ。 待たされましたよ。 待ちくたびれましたよ。 思い起こせば、瑞穂でマルケス・中村のカウンターに沈んで始まった連敗。 その日、名古屋ではまだ桜が満開だった(写真)。 その後、約1ヶ月半。 長く苦しんだし、これからも苦しい戦いは続くだろう。 この間の苦しみを無駄にしないためにも、焦らず、慢心せず、昨日の真摯な戦い方を忘れないでやって欲しい。 そして、この喜びをもっともっと味わいたい。

最後に、塩田。 バースデイ完封おめでとう。

番外

昨日は日帰りしたかったが、17時試合終了では大分18:30発の羽田行最終便に間に合わない。 そこで、本数が多い福岡から帰ることにした。(羽田福岡間は世界で二番目に客が多い路線らしい。 だから本数も多い。 ちなみに、一位は羽田新千歳間とのこと。)

在来線特急と新幹線と地下鉄を乗り継ぐこと約2時間。 福岡空港にたどりつき、ロビーで搭乗を待っていると、なにやら正装したゴツい色黒の集団が。 そう! FC東京の選手たちも福岡空港経由で帰るのだった! なんとなくいい雰囲気を感じる。 5月1日も大分空港で選手たちと一緒になったけど、そのときとは大違い。 ユースケは本当にいい笑顔。 今野はずっと携帯を操作していた。 たぶんユータとメールしていたんだろう?

羽田に到着。 吉祥寺行きバス停からは選手たちがバスに乗り込む姿が見える。 そして出発。 マフラーを掲げて見送りました。 暗くて誰か分からなかったけど、手を振ってくれた選手達に感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月28日 (土)

何の根拠も無いが

今日は勝てそうな気がする。。。

いざ出陣

DSCN0997

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月27日 (金)

成果主義(FC東京の場合)

成果主義について書いたが、スポーツ選手こそ実力主義の世界。 FC東京の選手達はどんな目標を持ってシーズンを戦っているのだろうか。

戸田は勢いで(?)15得点なんて公約をしてしまった。(まだ1点だよ。頑張ってくれ。) 石川や茂庭、今野あたりは代表が視野に入っているだろうか? 逆に代表レギュラーの加地はチームでのポジション確保が大事かもしれない(少なくとも去年の夏頃は現実の問題だった)。 馬場やノリオは主力として飛躍すること、近藤はレギュラー確保、と言ったところだろうか?(ユースケ。今がチャンスだ。点取れ!) 増嶋、梶山はワールドユースに向けて期するものがあるだろう。

けど、今最も成果を挙げなければならないのは監督じゃないか? 成績も散々だが、中身もこれまたお寒い。 シンプルなサッカーを指向しているのはいいが、CK時に誰もニアに走りこまない、スローインでいとも簡単に相手にボールを渡す。 最低限の約束事すら欠如した状況は歯痒いを通り越して腹立たしい。

確かに怪我人は多いし、昔からFC東京はこんなアバウトな状態でも勝って来た。 が、こんな状況にまで到ってしまった以上、あらゆる努力を傾ける責任があるんじゃないか!? いつまでも改善されないのは責任を果たしていないから、と言うのは厳し過ぎるだろうか? 好きな監督であるからこそ、いろいろ望みたい。

フロントも同様。 非常事態にも関わらず、しばらく対応が見えなかった。 あるのはPSM情報ばかり。 サポは随分やきもきさせられた。 先週になってようやく方向性が示されたが、内容の是非以前に遅きに失した感がある。

最近は、一般企業でさえ「ファン」を獲得するために、熱心に顧客や投資家へ情報提供する。 そうすることが企業の長期的な成長に繋がる、との考えからだが、サッカーチームのような人気商売なら、なおさら積極的に情報発信する必要があろう。

特にFC東京の場合、今年始めに優勝宣言(モニロダ2005年1月19日参照)をしている。 その優勝に暗雲が垂れ込めてきた以上、補強して優勝を目指すのか、現有戦力で少しでも上を目指すのか、それとも最悪降格やむなしなのか、チームの考え方を知りたい。 そういうニーズを感知して、できるだけ早く見解を示すべきだろう。 そうすれば、ファンの側からも反応が上がり、相乗効果が働いてコミュニケーションがより密になっていくのではないか。

もっともっと愛せるチームになれるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

出口の見えないトンネル FC東京vs千葉 5月21日(土)

FC東京vs千葉@味スタ。 先週に引き続きジェフに敗戦。 今度は0-1。 選手挨拶後、ケンタッキーの100円均一セールにも目もくれず帰宅。 食い物ネタに反応する気力すら無い。。。

DSCN1057 いつもなら前線からガツガツプレッシャーをかけるところ、今日は逆に引いて試合に入っていった。 これまでのやり方で結果が出ない以上、戦い方を変えるのはアリだろう。 しかし、引くだけではいずれこじ開けられてしまう。 とくにジェフのように選手もボールもよく動き、局面で数的優位を作り出すのが上手いチームには。 しかし、心配ご無用。 こじ開けられる前に、相手のフェイントに数人つっかかり、フリーな人を作って失点。 あぁ。。。

前半は、ダニーロの「そこを通すか?」という石川へのスルーパスだけが見せ場。 しかも、ゴル裏からは角度的に凄さが分からなかったのか反応無し。 バックだけがちょっと盛り上がる。 しかし、そのダニーロも他はミスが多い。 1対1は取られるし、楔からの折り返しは不正確だし。。。 石川も明らかにイライラしている。 栗沢は消えている(こんなに消えてる栗沢は初めて見た)。 途中、今野と金沢がポジションチェンジ?と思わせる場面が。 SBに目覚めたのか?>今野。 そして小林。。。 ちょっときついね。 よくここまで復活したけど、ボールをもったときの動きが遅過ぎる。 悲しいけど。

2トップはたまにボールを追うが、横パスでかわされると、そこには誰も詰めていない。 互いに連動していないから単発でおしまい。 ボールを奪っても足元パスかロングフィードばかり。 スペースを作って、そこに誰かが走りこむような動きは無い。 まぁ、去年からずっとそうなんだが。。。 見せ場も少なく、試合も引き気味(=見た目無気力)となれば、前半終了時のブーイングもさもありなんと思わせる。

後半はダニーロに代えて戸田、小林に代えて文丈。 前半の体力温存策が功を奏したか、一転して、選手はガンガン動き、活気が生まれる。 スタンドも盛り上がる。 運動量の多さや展開の速さが相手のミスを誘い、チャンスを生む。 しかし、決定的な場面までは作れない。 ユースケもゴール前のドリブルで2人までは抜かせても、それ以上はどだい無理。(だったら、もっとあっさりシュート打ちなさい。) 

見た目(前半との比較において)華やかな後半も、連携の欠如という根本的な問題は今までどおり。 攻撃パターンもサイド一辺倒。 前が空いていてもドリブルしない。 数歩ドリブルすればたくさんパスコース生まれるのに、バックパス。 何度も見た光景。 今後も苦戦が予想される。 来週の大分で光明は見えるか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月20日 (金)

蔵出し(その2) 佐川急便東京SCvsFCホリコシ 5月3日(火)

サッカー漬けだったGW中にあって、佐川急便東京vsFCホリコシ@江戸陸は、久々のアマラオということでハイライトの一つ。 結果的に、プレー姿だけでなく、得点シーンや「シャー」まで見れて、大満足。

DSCN1015 まぁ、キープ力や瞬発力の衰えは隠せないけど、ほんのちょっとだけ猫背なシルエットは昔のまま。 軟体動物のように滑らかにドリブルする様も昔のまま。

試合は、0-0から終了間際にホリコシの森陽一(だったと思う)が得たPKをアマラオが決めて、ホリコシの劇的な勝利。 サポ喜んでる姿を見るのは好きだ。 佐川急便東京、今回は残念。 次回頑張れ。

GW中で、しかもFC東京の試合と重ならなかった、ということで江戸陸にはFC東京サポがいっぱいた。 そのこと自体は、下部リーグの振興に貢献するでいいことだけど、青赤ユニの着用は遠慮した方が良いんじゃない? 佐川とホリコシの晴れの舞台、真剣勝負に水を差すことになるじゃん。 その辺、お互い尊重しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月19日 (木)

蔵出し(その1) 横河武蔵野FCvs三菱水島FC 5月7日(土)

GW連戦のFC東京vs鹿島、FC東京vs大宮@味スタの合間に、JFLを見てきた。 横河武蔵野FCvs三菱水島FC@武蔵野陸上競技場。

DSCN1020DSCN1019  GWの最中で、午前中に降っていた雨もあがり、最高に澄んだ空。 まぶしい緑。 居心地最高。 観客は1,000人に満たないが、試合に集中している人が多く、雰囲気も良い。 東京もJFL時代から見ていたらどんなに良かったことか。。。(初観戦は99年、ホーム皆勤は01年~。)

ただ、観客が増え、武蔵野FCが徐々にクラブらしさを見せてくる中で、これまでのとおり他サポがフラッと立ち寄れるのは失礼な感じになってきたか。

試合は武蔵野がJFLの先輩としての貫禄を見せて5-1の完勝。 ゴールシーンの多さは単純に羨ましかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月16日 (月)

ノリヲーラ 平塚vs徳島 5月14日(土)

今週末はジェフ千葉vsFC東京@臨海のほか、湘南vs徳島@平塚と横浜vs浦和@日産を観戦。

で、5万人以上集めた去年のCSカードもスピーディーで面白かったけど、個人的に観戦満足度が高かったのは平塚の試合。 平塚に車で行くのは初めてだったし、臨海への移動もハラハラものだった(車で16:00に平塚を出発。 国道1号→横浜新道→首都高→アクアライン→館山道で18:00に臨海着!)。 平塚には早めについて、顔をなでる風を感じながらMDPやスポーツ新聞、文庫本や仕事の資料に目を通す。 気が向けば、スタのB級グルメ(磯辺焼き餅、蒲鉾)を物色。 車だからビールを飲めなかったのが残念。 んー、至福の時間(大袈裟)。

この試合は両GKに注目。 徳島のGKはノリヲ様こと高橋範夫。 この人、ファンには説明するまでもないけど、よく分からないカリスマ的な人気を誇るGK。 対する湘南のGKは小林弘記。 2002年にはFC東京にも在籍していました。

DSCN1038

DSCN1034

で、ノリヲなんだけど、異国情緒あふれるマスク、危ない(怪しい?)雰囲気、果敢な飛び出しがウリ。 昨日の試合では飛び出しは見られなかったけど、味方の攻撃中にペナルティ・エリア先端で仁王立ちする姿からは確かに何やら特別なオーラが漂っている(人はそれをノリヲーラと呼ぶ)。 そしてやって参りました。 見せ場が。 前半、相手選手と交錯するもボールをしっかりキャッチ。 スクッと立ち上がり、さぁキックで再開だ! と思ったらボールは一直線でサイドラインへ。 ん? とんでもないミス!と思ったら、崩れ落ちるノリヲ。 ん、ん? そう、治療を受けるために自ら試合を切ったのであった。 しかし、蹴る動きの鋭いこと。 とても痛んだ選手とは思えない。 この辺が多くのノーリガンを惹きつけてやまないところなのであろう。 その片鱗を拝ませてもらって幸い。 それにしても徳島には小峯隆幸(昨日は不出場)もいるし、このチームはネタ選手を集めているんだろうか。。。

DSCN1037

対する小林は感情を表に出したコーチングが面白い。 内容は聞き取れないけど、口髭を蓄えた顔から発する甲高くて且つドスが効いた声は凄い迫力。 貫禄もあるし、兄貴分って感じですな。

他の選手では、湘南の柿本、バリシッチ、佐野が目に付いた。 柿本は懐の深いプレー。 巧みにポスト役を果たし、自らキープも。 今日見た横浜の大島ほどシュートの正確性は無いけど、前線である程度持てるのはいいね。 FC東京サポとしてはうらやましい。 バリシッチは普通にいいDFでした。 カード2枚で退場しちゃったけど、タックルは原則きちんとボールに向かっていて奪取も多い。 高さも十分。 元ヴェルディの佐野は途中交代で出てきたが、細かくボールを触りながら攻撃のリズムを作っていた。

対する徳島は選手個人がどうこうというより約束事がきっちりしている感じ。 特に前半はスムーズにボールが回っていたけど、疲労した後半は特徴を活かせず。。。 昨日はホーム・湘南視点での観戦だったので、今一観察しきれなかったけど、いずれじっくり見てみたい。 (無論、J2でウチと対戦、なんてことは絶対避けなければならない。)

スタDJもからかってたけど、両チームのユニ似過ぎw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

不器用ですから・・・ 千葉vsFC東京 5月14日(土)

残念ながら、我がFC東京は再び敗れ去った。 8試合勝ち無し。 尋常ではない。

選手が頑張ってなかった訳ではない。 石川や戸田はもちろん、宮沢までもが長距離のチェイシングを見せていた。 けど、そういう「頑張り」の中にこそ、本当の問題点が潜んでいるのではないか。

たとえば、チェイシング。 「頑張って」チェイスするのはいい。 けど、個々人がバラバラに追うだけなら、相手はヒョイとかわすまで。 全く効果が無い。 効果がないことのために「頑張る」のは有限資源である体力の浪費。 たまにボールを奪えたとしても、不十分な体勢だから奪い返されることが多い。 そのとき、もし味方が攻撃に移っていたら、たちまち傷口が広がってしまう。 「頑張り」に依存するのではなく、もっと組織的にプレッシャーをかけられないものか?

両サイドが「頑張って」高い位置を保つのもいい。 けど、常時両端に張り付いたままだから、中が薄い上に味方が走りこむスペース(=ボールを放り込むスペース)を消してしまっている。 結局、足元へつなぐパスばかりが続くことになる。 スペースを作る動きをもう少しできないものか? むやみに動き回るということでなく、味方どうしが連動して相手DFをポジションから引きづり出すような動きを。。。

ようやく石川や今野がサイドの突破に成功しても、センタリングを受ける選手がみな「頑張って」ゴール前に殺到してしまう。 ファーサイドや二列目でこぼれ玉を拾う人がいない。 だからチャンスが単発で終わってしまう。 もう少し、ポジショニングについてチーム内の共通認識を確立できないものか?

そして、一番大きな問題は、選手自身の視野が狭くて、「頑張って」キレイなサイド攻撃を続けることに何の疑問も抱いて無さそうないこと。 ボールを奪ったときや再スタート時、相手の状況をほとんど見ることなく、いつも全速力でサイドにつなごうとする。 全速力と言えば聞こえはいいけど、要は慌ててプレーしている。 相手のプレッシャーを受けても、「頑張って」踏ん張るから、ファウルを取ってもらえないうえ、ボールも失ってしまう(ジェフや鹿島の選手は、相手選手と交錯すると、状況にもよるが躊躇無く転んで、ファウルをもらおうとする)。 例えば、石川なんか、相手にイエローが出るほどのファウル食らっても、突破を止められたことを悔しがる。 そのとき、彼の頭の中には理想のプレーを封じられた悔しさはあっても、セットプレーがチャンスであることは忘れ去っているんだろう。。。

こういう状態を修正する人間が必要だが、残念ながら監督自身がサイド攻撃の提唱者。。。 そして、サポも「一生懸命」の擁護者。 自戒をこめて書くと、選手の頑張りを見て、結局ブーイングできなかった。

そんな中、あまり「頑張って」無いように見えるダニーロのドリブルから得点が生まれたのは皮肉。 ああいう中央突破をミックスしてこそ、サイド攻撃もより活きるのに。。。 もっとも今日のダニーロはパスミスが目立ったが。

とにかく、もう「頑張り」はもう限界だろう。 選手がボールを大回りで追いかけ回すようなサッカーをしていれば、怪我人ばかりが積みあがっていく。 体力は有限資源。 理想にまい進する姿は美しいが、独りよがりと紙一重。 どうか独りよがりに陥らないように。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年5月14日 (土)

やっとこさ

ブログ開設4日目にして、ようやくもって、満を持してサッカーの話。 ただし、記事のクオリティーと出し惜しみした時間とは必ずしも比例しないのであしからず。

明日(と言うかもう今日)、我がFC東京は市原改め千葉と対戦(@市原・臨海(19:00KO))。 千葉とはこれから1ヶ月の間にサテも含めて4回対戦するらしい。 となるとますます初戦が重要。 先取点を絶対取られないよう集中し、MFは中盤で変なボールの取られ方をせず、スタミナ切れにも注意して・・・ なんてマジメなことを言っても仕方がない。 とにかく勝ち点3を、たなぼたであろうと強奪であろうと、どんな形でもいいから取ってくれることを期待。 ナオは即席美少女合唱隊に厄払い、じゃなく誕生日を祝ってもらったみたいだし、今までの重苦しい空気は退散したはず。 こちらは信じて応援するのみ。

サッカー漬けを標榜していることもあり、どこかの試合とハシゴできないか調べてみた。

まずJ1。 川崎vs清水@等々力と東京Vvs柏@味スタ(15:00)は後半中座しないと臨海に間に合わないっぽい。 慌しく駆け付けるのも嫌なんで、この2試合はパス。 今年はまだ清水を見てないんで、市川の復活具合や山西のフィット具合、佐藤さんのテカリ具合を見てみたかったけど、とりあえず先延ばし。 (それにしても、ナオと佐藤さんの誕生日が1日違いだったとは。。。)

続いてJ2。 湘南vs徳島@平塚が14:00KO。 徳島をJの舞台で拝むのは初めて。 臨海への移動は、横浜からアクアラインを通るバスを使うと18:35に五井到着。 ちょっと直前過ぎるが、有力候補。 車を出す手もアリ。 起きたら考えよう。

JFLは、ペリカン便の日通が設立した流通経済大学vs佐川急便大阪(宅配便ダービー)@カシマが13:00KO。 流経大にはFC東京にゆかりのある選手もいるし、今年はまだ2試合しかJFLを見ていないんで、ちと行ってみたい気もするけど、今こんな時間(2:00AM)にこんな記事を書いている時点で、まず起きれません(カシマは遠い)。 残念ながらパス。

ということで、明日(つーか、もう今日だって)はおそらく 平塚→臨海。 ポイントは3つ。 今野のSBと、 臨海のタコス。 そしてコバと加藤望を見間違えないこと。

以上!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月12日 (木)

タイトルに偽りあり?

どこがサッカーのブログじゃ! このウソツキ ボケッ! と悪態をつきたくなるくらい、今のところ全くサッカーっ気がありません。ブログには。 何を隠そう私も大変歯がゆいのであります。 隠すほどのことじゃありませんが、25:30現在まだ職場にいるのであります。 某メディア系サイトからはリンクを断られたのであります(※)。 はい。。。 

あぁ、仕事漬けの日々。。。 kn

(※)批判じゃありません。念のため。 同社の方針を承知し、尊重します。 同社の利用も止めることはございません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月11日 (水)

気になっちゃって・・・

いや~ ハマりかけてます。 細かい編集(改行、サイドバーのバランスなど)が気になっちゃって・・・ 微調整(無駄な改行の削除など)したけどどうかな?

あと、カウンターが回っててびっくり。 トラックバック効果か。 できるだけ早くネタ書こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの勉強

カウンターを付け、リンクを申し込み、バナーを貼る。どれもブログを始めなければしない作業。「とらっくばっく」に「もぶろぐ」に「てんぷれーとせっと」。新しい用語を覚えることは、新しい世界を覗き見ることだな。 自由に使いこなせれば、もうそこの住民。 楽勝、楽勝?

う、うん、何? @niftyのカウンター(埼玉住民さんを参考とさせていただきました)を利用するためにはホームページを立ち上げなきゃいけない? 仕方ないなぁ。。。 

ほれ  http://homepage2.nifty.com/fct_fan/

「ホームページなんて無理。 せめてブログなら。。。」 と思って始めたブログなのに、カウンター設置のためにあっさりホームページ・アドレスを取得。 予想を超えた展開。 (この前の大宮戦のよう。。。)

つーか、このアドレスどうするよ (ー_ー)

※埼玉住人さんへのリンクが間違ってました。 申し訳ありません。 以後、気をつけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月10日 (火)

スタート

FC東京ととモニ(←IME GJ!)過ごす濃厚かつ甘美な日々を記録しないわけにはいかん!とブログの設営を思い立った次第。

日記なぞ子供の頃から3日はおろか2日ともったことは無かったが、はてさてどうなるか。 そもそも、コメントって何? トラックバックって何? RSSってスカイラインの速いやつ? (はい、そういう歳です)  いやはや、分からんことだらけ。前途多難ですな。

その前に、仕事、仕事、、、っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年6月 »