« 微調整 | トップページ | 帰ってきた! コンフェデ杯 日本vsギリシャ 6月19日(日) »

2005年6月20日 (月)

室蘭日帰りサテライト観戦旅行記 2005年6月

6月5日(日)、室蘭でサテライトの試合がある(簡単な観戦記はこちら)ということで、急に思いついて行くことにした。 (写真をクリックすると拡大します。)

hokkaido_highway

羽田から新千歳へ。 でっかいどう 北海道。

hokkaido_cube

今回の相棒。 日産キューブ

hokkaido_highway2

こんな張り紙が普通に。。。

hokkaido_highway3

途中のパーキングエリアにて。 エリアには札幌サポがいっぱい。 熱心だなぁ。 (人のこといえるか!)

hokkaido_consadole_bus

試合に向かうコンサの選手たちを乗せたバス。 今日はよろしく。

hokkaido_muroran_tetsunomachi

鉄の町、室蘭に到着。

hokkaido_muroran_misaki

室蘭の景勝地、地球岬。 港を囲み、太平洋に突き出している。

hokkaido_muroran_misaki2

地球岬から外海側に内浦湾、遠く駒ケ岳、恵山を望む。

hokkaido_muroran_tetsunomachi2

振り返ると、右に製鉄所を・・・

hokkaido_muroran_bridge2

左に白鳥新橋と港の入り口を望む。 地元の人が言う「天然の良港」に納得。

hokkaido_muroran_bridge3

白鳥新橋のアップ。 東日本最長のつり橋だそうだ。

hokkaido_yoteizan

橋の後方には薄っすら羊蹄山(標高1898m)が。

hokkaido_muroran_iriepark

一旦下界へ。 観戦記はこちら

hokkaido_bus

選手たちも既に到着。

hokkaido_muroran_iriepark2

入江運動公園陸上競技場

hokkaido_muroran_city

再び上空へ。 測量山(標高200m)から今までいたスタジアムを望む。

hokkaido_kitakitsune

キタキツネのお出迎え。

hokkaido_muroran_iwa

外海側にはこんな景色も。 くじらもやってくるそうである。

hokkaido_muroran_bridge4

祝津公園から。 風力発電も。 橋の上方は室蘭岳(標高911m)。

hokkaido_muroran_bridge

白鳥大橋を渡り・・・

hokkaido_highway4

一路新千歳へ。

初めての室蘭だった。 予備知識は全く無かったが、素晴らしい景色を堪能できる町だった。

今も昔も製鉄の町。 かつては「天然の良港」を生かし、北海道の物流の玄関口だったが、大消費地・札幌に近い苫小牧、そして新千歳にその地位を奪われてしまった。 往時には入港待ちの船が港の外側で列をなしていたそうである。

港(というより小さな湾)を丘が囲み、その頂から港側には製鉄所や橋を、外海側には内浦湾と、その先に駒ケ岳、恵山(北海道の南端)を望むことができる。 

港そして坂とくれば、長崎や函館そしてスケールは違うがサンフランシスコを思い出す。 室蘭に洋館や路面電車は無い。 しかし、自然の生々しさやスケールの大きさ、無骨な製鉄所と流麗なつり橋のコントラストなど、室蘭の景色はそれらの町に劣らない。

お土産は、室蘭で採れた昆布とコンサドーレでお馴染み「白い恋人」、そして、お約束の各種ガラナ。

今度は郷土の名産を食さなければ!

|

« 微調整 | トップページ | 帰ってきた! コンフェデ杯 日本vsギリシャ 6月19日(日) »

FC東京サテライト」カテゴリの記事

J2」カテゴリの記事

旅(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/4625322

この記事へのトラックバック一覧です: 室蘭日帰りサテライト観戦旅行記 2005年6月:

« 微調整 | トップページ | 帰ってきた! コンフェデ杯 日本vsギリシャ 6月19日(日) »