« サテライト最終戦 サテライト横浜FMvsFC東京 11月27日(土) | トップページ | ファンタジーサッカー 第34節 »

2005年11月30日 (水)

日経記事フィーチャリング村林常務

今朝の日経の地方欄に、FC東京・村林常務がフィーチャーされた記事があった。

今シーズン、FC東京の戦績はいまひとつだ。 ただ観客数は一試合平均約二万七千人とリーグ三位の好成績。J1昇格からわずか5年で国内屈指の人気クラブに成長したが、常務の村林裕は「新潟や浦和に『人口も経済規模も大きい東京でその程度?』と笑われちゃいますよ」と、最低でも三万人を目標に掲げる。

常時2階全体を開けるくらい動員が増えるといいね。 けど、人口比で新潟並の動員力なったら、味スタにも国立にも入りきらないけどね(笑)。

「面白いサッカーを見せたい」と試合では攻撃を重視。 チームスローガンは「九十分間、攻撃サッカー」、「攻激、攻劇、攻撃サッカー」と勇ましいフレーズが並ぶ。

「攻撃サッカー」って何気なく使っていたけど、改めて活字で見ると重いな。 「攻撃サッカー」って、抽象的な「戦う姿勢」のようなものだと思っていたけど、案外村林さんが思い描いているのは、もっと単純に攻撃で圧倒してたくさん点が入るサッカーなのかもしれない。 そういう視点から見ると、今年の結果は不満だろう。 となると、監督やFWあたりに激変があってもおかしくない・・・ 考えすぎ? 

目標はリーグ優勝だが、究極の目標は「外国人に『見に行きたい』と思われるチームになること」。 欧州の強豪レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドの試合には、日本人を含め外国人が押し寄せる。 「あのくらい存在感のあるクラブになりたい」。 視線は世界へ向かっている。

これ、俺の夢と一緒だ。 (→世界へ! FC東京!

海外に行ったり、外国の人と接していると、日本のよくない部分にも目が行くけど、それ以上に素晴らしいところにも気づく。 それは日常の衣食住から、趣味的なこと、仕事に関すること、自然などの観光資源に至るまで。

そのことに、日本人自身があまり気付いてないことに歯がゆさを感じる。 もっと日本の良さをアピールして、世界の人に知って欲しい。 まして、それが自分が愛するクラブだったら、これほど嬉しいことはないじゃない?

|

« サテライト最終戦 サテライト横浜FMvsFC東京 11月27日(土) | トップページ | ファンタジーサッカー 第34節 »

FC東京2005」カテゴリの記事

コメント

 ムラバの記事、私も読みました。トウキョウが世界的なクラブに発展すること、私も夢に見ます。
 私も日本の好きなところがたくさんあります。例えば、フランスW杯、日本サポはスタジアムに最後まで残り、ごみを拾い、清掃をしました。懐かしい青いビニール袋にごみを集めて。
 それを見ていたジャマイカ人も、途中から手伝ってくれて、すごく仲良くなりました。
 東京とACL行って、韓国や中国の人にも、東京の良さをアピールしたいですね。

投稿: ken1eagle | 2005年12月 3日 (土) 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/7403514

この記事へのトラックバック一覧です: 日経記事フィーチャリング村林常務:

« サテライト最終戦 サテライト横浜FMvsFC東京 11月27日(土) | トップページ | ファンタジーサッカー 第34節 »