« 末っ子よ!お兄さんたちの無念を晴らせ! | トップページ | 賀正 »

2005年12月30日 (金)

Arrivals and Departures

年を越す前に、移籍動向をまとめておきます。

まず、チームから公式発表があった分(時系列)。

Comings

Goings

続いて、チームから公式発表があった以外。

  • 仙台からレンタルで来ていたGK森田耕一郎の名前が移籍リスト
  • ルーカスも退団、と準機関紙・トーチューの報道
  • 加地もガンバ行きの意志を固めたらしい、とトーチューの報道(12/23付紙面)
  • セリエA・レッチェから今野の身分照会が来たらしい、とトーチューの報道 さらにサンスポの報道
  • 来る方では、アモローゾはサンパウロとの交渉次第らしい
  • そのアモローゾがサンパウロ残留の公算が強く、クルゼイロのアレキサンドロにオファーを出したらしい

番外

  • ダニーロについては音沙汰ない。。。(レンタル中だよね?)

1/3近くが移籍!?

シーズン終了時メンバー38人のうち、最大11人、30%近くが移籍する、または移籍の可能性がある。 常時チームに帯同してないと思われる特別指定の赤嶺、池上、阿部伸行や2種登録の吉本、権田の5人を抜くと、33人中最大1/3が移籍するかもしれない。 そして監督も交代。 果たして、どうなるか。。。

ルーカス

日産スタジアムで頭を打ったときはどうなるかと思ったけど、笑顔で帰国できてよかった。 (お別れでなければもっと良かったけど。) Good luck! ご家族ともどもお大事に!

今回の帰国、本人の希望なのか、チームが戦力外にしたのか、分かりづらい。 後者だったとしてもフロントの判断を尊重するから、はっきりさせるべきでしょう。

健一

地元に戻る。 去年長崎を、今年は島原を巡り、V・ファーレンの試合を見た感触では、チーム(と言うか小嶺監督)への地元サポートは厚いと感じた。 V・ファーレンのJFL、そしてJ2昇格に向け、その立役者になれ!

komine00 長崎のアーケードに掛かる巨大な広告

Socioデーで握手できてよかった。

祐介

神戸で勝負。 広島の茂木を獲得するなど、今オフ、神戸はまるで心を入れ替えたかのように堅実な補強を重ねている。 自ら希望したレンタルのようだけど、ダメだったら戻るところは無いという危機感を持ってやって欲しい。 

尾亦

祐介がレンタルなのに対し、文字どおり戻るところがない立場に自らを追い込んだ尾亦。 その意気や、よし。 ユベントス戦やバイエルン・ミュンヘン戦で、感じるところがあったのだろう。 湘南の左サイド・村山も良かったけど、クロスでは負けない。

小林

鳥栖はいい流れを作っても持続できないことが多い。 そんな時、小林なら、博実も言ってた相手の意表をつくパスで流れを引き戻せるのではないか。 夢の島キングの祐介に多くのアシストを供給していたのは小林だったから。 断じて栃木弁の通訳だけではない。

迫井

J1、J2両方の経験あるし、博実も誉めていたサッカーと向き合う姿勢は、きっと報われるはず。 応援しているぞ! 戸田なんかさみしいだろうなぁ。。。

森田

ビバパラでの憂太との掛け合い(お風呂屋さんネタ)には笑いました。 都立の星、頑張れ!

鈴木健児

一番驚いた。 サッカーだけでなく、いろんな意味で人生をもっと豊かなものとする大きなチャンス。 先入観を持たず、なんでも吸収する意欲を持って行って欲しいな。 来年、シンガポール旅行に行くぞ! オーチャード通り、ナイト・サファリ、マー・ライオン・・・

中村亮

噂によると甲府入りが決定だとか。 だとすれば素晴らしい。 甲府の左サイド山本は右の杉山ほど攻撃的ではないので、突破力を磨いてアピールすれば活躍の場が広がるはず。 厳しい勝負だろうけど、負けるな!

元東京の選手達

小峯喜名、増田、浮気(居た時はまだ見てなかったけど)にもがんばって欲しい。 松本は湘南移籍決定おめでとう!

移籍する選手もFC東京に残る選手も、来年が良い年となるように。。。 Good Luck!

|

« 末っ子よ!お兄さんたちの無念を晴らせ! | トップページ | 賀正 »

FC東京2005」カテゴリの記事

J1」カテゴリの記事

J2」カテゴリの記事

JFL・地域リーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/7904132

この記事へのトラックバック一覧です: Arrivals and Departures:

« 末っ子よ!お兄さんたちの無念を晴らせ! | トップページ | 賀正 »