« fct fan: アクセスTOP 10 | トップページ | 一転して浮かれてみる »

2006年1月19日 (木)

あえて悲観してみる

昨日の藤田泰成選手 東京ヴェルディ1969へ期限付移籍決定のお知らせにびっくら。 完全にノーマーク。

今シーズンに向けて、トーチュウではポジションより試合に出られることを最優先にすると言っていた。 産経新聞の「俺たちFC東京では」1試合でも多く試合に出場する、とも。

だから、今回のレンタルは出場機会を求めてのことだろう。 ウチとヴェルディ。 より出場機会が多そうなのはどちらかと言われれば、ウチも加地が去り、監督も変更するけど、48節の長丁場に加えてACLまで戦い、主力がどっさり抜けるヴェルディの方に軍配が上がる。 だから、出場機会を求めてヴェルディへ、と言うのはごく自然な理屈。 まぁ、決まっちゃった以上、是非頑張ってきて欲しい。

けど、選手が試合に出られれば万々歳なのかね?

加地はともかくとして、去年の阿部、今年の尾亦、祐介、そしてタイセー。 無論、それぞれの移籍にはそれぞれの理由や意図、思惑があるわけで、彼らが単純に競争から逃げたとは思わないけど、今後に与える影響が怖い。

雰囲気ってのは伝播する。 レギュラー未満の選手が壁にぶち当たったり、煮詰まったりしたら、割と気軽にレンタルに出してもらおう、なんて思うようにならないだろうか? 目の前のライバルを倒すことを早々に諦めて。

それに、こういう事例が積み重なると悪しき前例になっちゃって、送り出す側も選手の要望を却下しづらくなりはしまいか。 さらに言えば、選手一人ひとりを大切にする文化みたいなものが後退するなんて恐れも。 杞憂ならいいけど。

思い返すと、去年の阿部ちゃんのレンタルは誰が見ても全然理屈が通ってなくて、当時からみんなおかしいと言ってた。 本人は出場機会を求めたはずなのに、行った先の大分はFW過多で、逆にこっちは不足。 少なくとも外から見る限り、フロントが全力を尽くして説得すれば、阻止できたレンタルではなかったのか? まぁ、表には出てない事情があって、そんな単純な話ではないのかもしれないけど。

ともかく、たとえ選手の要望に添えなくても、理屈を通すときは通しておこないと(追記: アモローゾへの対応はいいね)、怪我や不測の事態が起きた時に困るのはチームでっせ。 去年、痛いほど思い知ったはずだけど。。。

|

« fct fan: アクセスTOP 10 | トップページ | 一転して浮かれてみる »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/8226312

この記事へのトラックバック一覧です: あえて悲観してみる:

« fct fan: アクセスTOP 10 | トップページ | 一転して浮かれてみる »