« マイナーチェンジ | トップページ | fct fan: アクセスTOP 10 »

2006年1月14日 (土)

ありがとう加地

加地 亮選手 ガンバ大阪へ完全移籍決定のお知らせ

引退や戦力外でもないのにチームを離れ、敵となることを選んだ選手に対して、いきなり「ありがとう」なんて言う義理は無いのかもしれないけど、これが今の偽らざる心境なのでタイトルにした。

お礼を言いたいひとつ目の理由は、これまでの4年間、FC東京で大いに活躍し、いっぱいの思い出を作ってくれたこと。

ナオとの2段ロケットは見ていてワクワクするFC東京の看板だった。 FC東京所属としてたくさんの代表戦に出場し、「FC東京」の名を広めた。 代表戦で見る加地が誇らしかった。 コンフェデ杯ブラジル戦でのゴールは幻に終わったけど、W杯予選イラン戦でついに先制ゴールを決めたと友達からの電話で聞いたときはね、もう物凄く嬉しかったよ。

けど、一番の思い出はやっぱり2004年ナビスコ杯決勝のPK戦。 最後のキッカーとして登場し、タイトルをもたらしてくれたとき。 サッカーを見ていて後にも先にも、あんなに嬉しかったことはない。 その瞬間、土肥も目をつむったと言うくらいに頼りない加地だったけど、代表で経験を重ねて、今は貫禄すら漂わせてきた。 そんな特別な日々を共有できた加地にお礼を言わずしてどうするのか?

そこまで特別な存在に去られる場合、普通は「かわいさ余って憎さ100倍」になりそうだけど、今回の移籍は割と冷静に受け止めている。 既に散々報道されていたから心の準備が出来ているし、徳永が来たので戦力的に決定的な穴が空く訳でもないこともある。 けど、加地のキャラクターによるところも大きいと思う。 加地にお礼を言いたいもうひとつの理由はこの点。

個人的な思い込みかもしれないけど、加地ってドライというか、良くも悪くも割り切った性格のようで、悪意や裏切りのようなものとはかけ離れたところにいる感じ。 「加地がいろんな要素を冷静に考えて、合理的にそういう決断を下したなら、それも加地らしいし、仕方ないな」と納得できてしまう。 なんと言うか、ドロドロした印象を残さない。 おかげで、チームの顔とも言える日本代表選手に去られると言うのに、惨めで裏切られた気持ちにならずに済んでいる。 これはこれで良い別れ方だと思う。

ところで、加地と徳永の競演覚えていますか? 2004年ファースト・ホーム広島戦。 見事にグダグダだった訳だけど、今から思えば、「両雄並び立たず」を象徴していたのかもしれないね。

立場が変わり、再び両者の争いが始まる。 今度は日本代表右サイドの座を目指し、徳永が加地にチャレンジする。 今後も楽しみだ。

最後に加地。 改めて今までありがとう!

|

« マイナーチェンジ | トップページ | fct fan: アクセスTOP 10 »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

感覚からいったら、トゥットの移籍と同じで、レギュラー張っていた選手と移籍という意味では不安があります。ガンバに行ってからダメになったと言われるようにはなってもらいたくないですね。

まだTBができません。変ですねぇ・・・。

投稿: しょういち@東京の空の下 | 2006年1月14日 (土) 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/8148919

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう加地:

» ガンバ大阪 補強完了 [BOA SORTE]
ガンバ大阪が今シーズンに向けての戦力補強を完了しました。 FC東京から日本代表DF加地亮選手(26)、大分からはFWマグノアウベス(30)を完全移籍で獲得。 これで総額8億円をかけた補強が完了。 ここまで理想の補強ができたことは奇跡に近いです!! ちなみに、この移...... [続きを読む]

受信: 2006年1月14日 (土) 14:12

» やはり [PUYO-numonクロニクル]
G大阪が東京DF加地らを獲得 加地は行ってしまいました・・・ 悲しいです。まさか東京が放出するとは・・・ でも激励の意味も込めて味スタにやってきたときはブーイングを! そしてマグノアウベスもガンバなのね。 明神も行きどんなチームになるのか・・・ ...... [続きを読む]

受信: 2006年1月14日 (土) 19:43

« マイナーチェンジ | トップページ | fct fan: アクセスTOP 10 »