« 小平への行き方 | トップページ | 東京都クラブユースサッカーU-17選手権大会決勝 2月19日(日) »

2006年2月16日 (木)

石垣島・竹富島旅行記 (上) 石垣島編 2006年2月

きっかけはFC東京のキャンプ。 けど、ちょっと調べただけでも、石垣島周辺には見るべき場所がいっぱいあることが分かる。 そして、実際行ってみたら、果たして石垣島・竹富島は、それはそれは美しく、人もやさしい島だった。

なお、今回の旅行に際しては、FC東京サポ&沖縄に関して造詣が深いブログションガネーのなべらさんに、石垣島・竹富島の見所から、去年のキャンプの様子に至るまで、様々な具体的なアドバイスを頂戴しました。 この場をお借りし、深く御礼申し上げます。

初日 (二日目の竹富島編はこちら。)

jyoriku
上陸。 「おーりとーり」 八重山の方言で「ようこそ!」。 あいにくの天候。 (写真は全て拡大します。)

jyoriku01
石垣島は選抜出場を決めた八重山商工のお祝いムード一色だった。

yaesho
レンタカーを借りてまず行ったのが、空港すぐ近くにあったその八重商。

ishigaki00
島を時計回りに巡ることにした。 市街地を抜けると、亜熱帯の風景。

daihatsu_move
レンタカーはダイハツ・ムーブ。 軽を運転するのは初めてだったが、動きは思いのほか活発。 (ダッシュボードに注目。)

surf
波を待つ人たち。 海面が踊る。

oganzaki00 
遠浅なのは珊瑚礁が続いているから。

oganzaki01
御神崎(おがんざき)灯台

oganzaki02
御神崎に打ち付ける波。 遥か北、礼文島で見た景色と似ていた。

sukuji01
底地(すくち)ビーチ

sukuji00
景色を見ていて、胸のあたりの緊張がほぐれる"音"がした。 心のマッサージ。

kabira00
川平湾

kabira01
曇天にもかかわらず、まるで海が自ら発光しているかのよう。

グラスボートに乗る。 

coral00

coral01

coral02
様々な表情を見せる珊瑚礁 イソギンチャクに隠れるクマノミを見た!

yaeyama_soba00
川平公園茶屋にて

beniimo_soft
紅イモソフト

kabira02
反対側から望む川平湾

anettai00 anettai01
亜熱帯の木々

habu
こんな標識も!

続いて、あかんまサッカーパークでFC東京キャンプを見学。 レポートはこちら

sukubaru_dam
あかんまサッカーパーク近くの底原(すくばる)ダム。 こんなところにもシーサーが。

shiraho
世界最大級の珊瑚礁が続くと言う白保海岸。  次回、じっくり立ち寄ってみたい。

この後、日本最南端の繁華街にあるビジネスホテルにチェックイン。 フロントに紹介してもらった郷土料理の店で夕食をいただく。 フレンドリーな女将さん、今春上京するという美容師の卵のアルバイトさんと、泡盛を傾けつつ閉店まで語りつくした。

翌日は竹富島へ。 竹富島編はこちら

|

« 小平への行き方 | トップページ | 東京都クラブユースサッカーU-17選手権大会決勝 2月19日(日) »

FC東京2006」カテゴリの記事

旅(国内)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。TBと丁寧なご紹介どうもありがとうございましたm(_ _)m。
車の移動だと一気に島一周ができていいですね~。(私、ペーパードライバーなのです、はい。)川平湾が曇りでもこんなにきれいなのには驚きました。ハブの標識はなんだか生々しい(--;。
後編も楽しみにしています。

投稿: なべら | 2006年2月16日 (木) 22:55

おひさ!
昨日はおつかれさま。
話にでてきた石垣島滞在記、楽しく読ませていただきます。
では。

投稿: kuroiwa | 2006年2月17日 (金) 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/8650987

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島・竹富島旅行記 (上) 石垣島編 2006年2月:

« 小平への行き方 | トップページ | 東京都クラブユースサッカーU-17選手権大会決勝 2月19日(日) »