« ルック・イースト | トップページ | 石垣島・竹富島旅行記 (上) 石垣島編 2006年2月 »

2006年2月12日 (日)

小平への行き方

小平に着いたのが2時ちょっと前で、東京が2得点した後だった。

一番いいところを見逃してしまったけど、それでも、今年はサイドの迫力が増す匂いがぷんぷんする。 徳永と規郎がサイドをガンガン引きちぎる様子にホレボレ。 特に、規郎が石垣島の紅白戦の時よりさらに上達していて、今後が楽しみ。 (尾亦も頑張っていた!)

あと、トップ下ルーカス。 去年は、ワントップのルーカスが相手を追い回してボールを奪っても、ルーカスを追い越す人がいなくてチャンスにならなかったけど、今はツートップがいる。 チャンスも増えるだろう。

前田、増嶋の若いCBも、この経験が、きっと実戦でも生きるだろう。

3、4本目では川口がFWで出ていた。 基本技術の高さを感じさせる。 浄にサイドチェンジする場面なんて面白かった。 栗澤が何故か14番を着ていた。 明らかに力強くなっている。 あと、右サイドで出ていた、坊主の練習生が良かった。 サイドチェンジやワンツーを決めまくるし、ゴール前にはきちんと詰めているし。 これはちゃんと唾を付けておきましょう。

LuSasaMiya
談笑するルーカス、ササ、宮沢

小平

半年振りくらい、3回目の小平。 人の多さにびっくり。 始動の日は行けなかったが凄かったのだろう。

直線距離は近いはずなのに、公共交通機関を使うと異様に時間がかかる。 武蔵小金井からのバスを使っても、国分寺から西武線を使っても、1時間半って、日産や三ツ沢、駒場はもちろん、接続がうまく行けば平塚にだって着く時間。 (無論、公共交通機関での話。 平塚は自転車で小田急線に出ちゃうと案外近い。)

そういう時の伝家の宝刀は自転車。 地図で見たら、いつも自転車で行ってる等々力より近いみたい。 今後は自転車で行きます。

代表

ビデオで見ました。 まるで悪い時の近藤祐介のようにスッテンコロリン、転びまくる日本代表。 昨日、SBCパークが良いと書いたけど、ハズレた。

長谷部のドリブルはやっぱり迫力ある。 ウチとの対戦でも感動したし、天皇杯の準決勝、決勝でも試合を決めていた。 けど、昨日の先発陣は厳しかった。 小野はなかなか絡めないし、遠藤はボールを失いまくるし、サイドは打開できないし、なんか攻め手が無い感じ。

米代表は一言で言えば、勤勉。 パスを出した人がきちんと走ってるもんね。 けど、見た目はアスリートと言うより、むしろGeekって感じだな。 TD後に変なダンスをするNFLプレーヤーなんかとは違って、心底真面目な感じ。。。 失礼。

|

« ルック・イースト | トップページ | 石垣島・竹富島旅行記 (上) 石垣島編 2006年2月 »

FC東京2006」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/8616582

この記事へのトラックバック一覧です: 小平への行き方:

« ルック・イースト | トップページ | 石垣島・竹富島旅行記 (上) 石垣島編 2006年2月 »