« ファンタジーサッカー 第3節 | トップページ | 3バック!? 川崎vsFC東京 3月21日(火) »

2006年3月18日 (土)

見ていて辛い試合 FC東京vs清水 3月18日(土)

終了間際の最終ラインのグダグダはおまけ。 試合中ずっと中盤で起こっていたことが、たまたま目立つ形で目の前に示されただけ。

いつ攻撃のスイッチを「オン」にするのか、理解が共有できていないから、選手達の動きはバラバラで、ボールも人も前に運べず。 そんな状態ではミスが起きるのも必然。 先週と一緒だ。

見ている側からすると、プレーの意図が見えないからフラストレーションがたまる。 そのうえミスも多い。 そして冒頭の場面。 良いところは何も無い感じ。 イライラは頂点に。

まぁ、敢えて良かった点を探すと、先週よりロングボールが増えて、阿部ちゃんがキープできていた。 それくらいか? けど、徳永の上がりが遅く、もしくは梶山かルーカスのどちらかがサポートに行けばいいものの、阿部ちゃんは孤立無援。 ササには相変わらずボールが収まらないし。

そして、梶山と今野のポジショニングが分からない。 梶山はまるでトップ下のような位置取りでドリブルやパスを繰り出す。 それは良いけど、ミスも多い。 今野も真ん中に絞り気味で、左サイドにぽっかりスペースを作る。 特に前半は攻撃にも守備にも絡むことが出来ず、規郎が今野のカバーに行くなんて信じられない場面も。 その規郎にしても、攻撃参加が少なく、ディフェンスのポジショニングもなかなか小慣れない。

うまく行かないのは仕方ない。 それでも、選手達には走って競って蹴ってピッチの上で表現するものがあるはずだろう。 今日はそれすら見えなかった。 不安げで、精一杯プレーできず、力を出せない。 このもどかしい状態は火曜も続くんだろうか。 焦る必要は無いけど、単純にサッカーがつまらない。

|

« ファンタジーサッカー 第3節 | トップページ | 3バック!? 川崎vsFC東京 3月21日(火) »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

近年まれに見る「やる気が見られない」試合でした。「動かない」のか、「動けない」のか、どっちだったんでしょう?

投稿: しょういち@東京の空の下 | 2006年3月19日 (日) 00:28

”単純にサッカーがつまらない。”この一言につきます。去年までのワクワク感が無いですよね。しばらくは観る側も我慢が必要かな。

投稿: コイチロー | 2006年3月19日 (日) 02:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/9146236

この記事へのトラックバック一覧です: 見ていて辛い試合 FC東京vs清水 3月18日(土):

« ファンタジーサッカー 第3節 | トップページ | 3バック!? 川崎vsFC東京 3月21日(火) »