« ポゼッション元年 FC東京vs大分 3月5日(日) | トップページ | ファンタジーサッカー 第2節 »

2006年3月 8日 (水)

突然インターナショナルな日々

土曜

ちょっとした縁で、フランス人の引越しを手伝った。

日本の国立研究機関で働くポスドクの彼はグルノーブルから来た。 (そう、大黒の移籍先。) 出身はアフリカのマリ共和国。

都心のオフィスまで自転車で通える所を探したところ、彼が選んだのは蔵前。 ずいぶん、古風な場所を選んだと思ったら、隣に住んでいるのはカナダ人。 彼らからすると、便利なうえに家賃も比較的安く、しかも彼らの思い描く「日本」を感じられる場所らしい。

冷蔵庫、洗濯機、本箱、ベッドなどを運んで、都下と蔵前の間を3往復。 結構疲れたけど、これまで宝の持ち腐れだったレガシィーの収容力が遺憾なく発揮されたのが妙に嬉しかった。

2往復目の帰り、吉祥寺のデニーズで食事をした。 ソシオ・カードで4人分のドリンクがタダ!

3往復目、TVでG大阪vs浦和戦を見た。 

日曜

香港在住の中国系カナダ人の友達と味スタへ。

彼はこの日帰国する。 帰りの飛行機は18:50発。 半ば強引に来させた手前、絶対乗り遅れさせる訳にはいかない。 あらかじめ、車を西調布のパーキングに停めておく。

試合前、タオマフとタンブラーを買い、見た感じいっちょ前の東京サポに。 (実際、日本人みたいな顔しているし。)

彼は野球(MLB、NPB)、NFL、欧州サッカー、ラグビーなんでもござれのスポーツ通。 今は香港セブンス(7人制ラグビーの国際大会)を楽しみにしている。

そんな彼が気に入ったのは徳永。 なかなか通じゃん。

バックスタンドのアウェイ寄りに座ったけど、意外なことに本人はゴール裏に行きたかったとのこと。 じゃー、次回までに歌やコールを覚えさせよう。 取り敢えず、ミニ・スケジュール表を渡しておいた。

勝利を見届け、バックスタンドからタクシー乗り場に走り、西調布から成田へ。 至れり尽くせりの待遇。 これだけやったら、私が香港に行った時、VIP級のもてなしを受けられる!?

火曜

仕事で某国大使館へ。 大使館や大使公邸というのは、どこも過剰に立派で厳か。 (ハノイで見た日本大使館なんて、要塞みたいに立派だった。) ここも例外ではなく、殺風景な塀の内側には見事な庭園が広がる。

その国では、今日は「女性の日」らしい。

|

« ポゼッション元年 FC東京vs大分 3月5日(日) | トップページ | ファンタジーサッカー 第2節 »

FC東京2006」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/8981104

この記事へのトラックバック一覧です: 突然インターナショナルな日々:

« ポゼッション元年 FC東京vs大分 3月5日(日) | トップページ | ファンタジーサッカー 第2節 »