« 東京V vs 蔚山現代 3月8日(水) | トップページ | FC夢の島? サテライトFC東京vs鹿島 3月12日(日) »

2006年3月12日 (日)

負けても負け犬じゃない 新潟vsFC東京 3月11日(土)

相手は、こちらのパス回しに狙いを定めていた。 プレッシャーをかけ、奪って、速攻。 それに対して、こちらは真面目にパス回しに拘り、カウンターの格好の餌食に。

2失点目が鮮やかなまでに象徴的。 ボールを回す最中、増嶋のところでエジミウソンに突っかけられ、奪われ、ゴールまで一直線。 1失点目のきっかけも(伊野波が?)プレッシャーを受けて相手にパスしてしまったこと。

キープした時、狭い中エリア内でみんな足が止まっているので、パスの出しどころに困ってしまう。 バックパス以外どこにパスを出しても、そこに相手が待ち構えている。 楔パスは相手ディフェンダーの出足にほとんどカットされ、相手のカウンターの起点になるだけだった。 フィードを蹴っても、競り合いを拾う人がいなく、これまた相手にボールを渡すだけだった。

待ち構える相手を崩すには、動いて、スペースを作り出したり、裏に抜け出さないといけない。 「ポゼッション・サッカー」は「よく動くサッカー」とほぼ同義語。 で、どういう風に動けばいいのか? チームの共通理解を作り上げるだけでなく、定着さていくには時間がかかる。 (こういう時、気長な人は得だ。 気が短い人はサポであることを呪いながら悶々として過ごすしかない。 俺は頭では前者、気持ちでは後者。 それって結局「後者」ってことか?)

守備で気になったのは、サイドで数的不利を作るシーン。 SBが上がっているときにカウンターを食らうと、CBがサイドに引き出される。 真ん中は伊野波がカバーするからいいとして、サイドで茂庭や増嶋が二人を相手にしなければならないことが多かった。 (二人ともよく凌いでいた。 そして、土肥は凄かった。)

規郎と今野、徳永と梶山の位置関係をどうするのか。 例えば、前線がボールを持った時は、距離的に近い今野・梶山がサポートに走り、じっくり攻める時はサイドの専門家である両SBにボールが出るように組み立て、今野・梶山はカウンターを警戒する、と言う風に。 (「そんなの当たり前」、「言うは易し、行うは難し」は重々承知。)

最後に昨日の増嶋のミス。 まぁ、弁解の余地の無いミスではある。 けど、声を大にして言いたいのは、だから増嶋は成長していない、やっぱりダメだ、とは絶対思わないってこと。 去年、万博で大黒にチンチンにされた時、うつむいてしまった増嶋は負け犬だったけど、昨日の増嶋は負け犬ではなかった。 前半終了間際の不安定さから立ち直ったし、失点に繋がった場面でも高い位置をキープしていたし、試合終盤、通らなかったけど、伊野波に強気なスルーパスを出した。 攻める気持ち、ファイティング・ポーズの何よりもの証拠。 (PSM甲府戦のバックパスがいけなかったと言っている訳じゃない。 あの場面ではバックパスは適切な判断。 むしろ評価している。)

次節、増嶋は出られないかもしれない。 けど、プロなら当然ありえることで、ダメだとレッテルを貼られる訳ではない。 ミスは反省しつつ、自分の成長を客観的に評価し、同時に実感としても咀嚼・消化して、自信と誇りを持ち続けろ。

そんな気持ちを込めながら、試合後の増嶋コールに参加した。

新潟

新潟へは今年も車で。 今年は友達2人とともに。

一昨年は地震の傷跡が生々しく残り、復興作業が進む現場を通った。 去年は11月なのに稲妻が光り、雷鳴が轟いていていた。 そして、今年は豪雪の中だった。 あんなに積みあがった雪を見たのは初めて。

niigata00 echigo_kawaguchi01

関越トンネルを抜けると豪雪地帯

echigo_kawaguchi02 echigo_kawaguchi00

車の大きさと比べてください。

帰り、ナイター・スキーの光が宙に浮かび、その下をおぼろげな白と赤の光が並ぶ。 幻想的なまでに美しい。 が、見とれているうちに空恐ろしいほどのスピードが出ていて、一つ間違えると「自分達が星になる」(同乗者談)ところだった。

|

« 東京V vs 蔚山現代 3月8日(水) | トップページ | FC夢の島? サテライトFC東京vs鹿島 3月12日(日) »

FC東京2006」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

旅(国内)」カテゴリの記事

コメント

茂庭なんか、ミスを重ねて日本代表ですから。増嶋もポテンシャルはあるんですから、成長を見守りましょう。

投稿: しょういち@東京の空の下 | 2006年3月12日 (日) 11:10

昨日はありがとうございました。
海鮮丼まじうまかったっすね。

おみやげで買った笹団子がめちゃおいしいです。

投稿: TSK | 2006年3月12日 (日) 14:04

遠征おつかれさまです♪
美味しいものを食べ過ぎて、顔がパンパンになってますw

>負けても負け犬じゃない

そのとーりですよ!
一部の方々は悲観的になっているようですが、私は今年の東京にとって意味のある『負け』だと思ってます

次はHOMEですしね(^^

投稿: やっち☆ | 2006年3月13日 (月) 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/9048330

この記事へのトラックバック一覧です: 負けても負け犬じゃない 新潟vsFC東京 3月11日(土):

« 東京V vs 蔚山現代 3月8日(水) | トップページ | FC夢の島? サテライトFC東京vs鹿島 3月12日(日) »