« ファンタジーサッカー 第7節 | トップページ | プ・リーグ FC東京U-18vs市立船橋 4月9日(日) »

2006年4月 9日 (日)

前に出る勇気 FC東京vs磐田 4月8日(土)

3点目は理想的な形だった。

梶山が持ち上がって、今野が前線のスペースに走って、そこに宮沢がスルーパスを通して、今野が折り返すと、後ろから走りこんだ磐田キラー栗澤が決めた! 中盤が高い位置でパスを回し、相手を崩し、決定的なチャンスを作る。 前に出る勇気とワンタッチで繋げる積極性から生まれたゴール。 気持ち良くない? こういうのを待っていたんです。 (去年の磐田戦@味スタのゴールも今野が前のスペースに走って、梶山からのパスを折り返したところ栗澤が決めたね。)

そして、ルーカスのゴール×2! キープ力も、ドリブルのキレも上がっていた。 ルーカスのゴールを随分見ていないと思ったら、去年のアウェイ清水戦はお休みだったので、最後に生で見たのはこの試合だった。 もの凄く悔しい試合だったけど、随分昔の出来事のよう。 これからは出し惜しみせず、どんどん点を取ってくれ。

ササはゴールこそなかったけど、よく動いていたし、相手を背負った場面での力強さも増して、前線で脅威になっていたね。 ミニ・キャンプの成果があったようだ。

梶山も、相手の間をすり抜けてくる不思議なドリブル、絶妙に曲がるロングパスを発揮。 毎試合安定して頑張って欲しい。

昨日は第3戦までに近い4バックだったと思う。 前半は伊野波が、後半も今野が名波を気にしつつも、最終ラインに吸収されることなく、時にはマークにこだわらず、前に上がっていった。 トーチュウの報道どおり、選手達の攻撃の意識が高かった。

その分、両サイドの位置は低めだった。 けど、必要な時に必要な場所に居てくれればいい。 去年まではサイドで人数をかけ、優位な形を作りつつ、選手が渋滞を起こすこともあった。 今の両SBはディフェンスからフィニッシュまですべて一人で仕上げるポテンシャルを持っているから、なるべく彼らにすべてを任せるのもアリだろう(もちろん、パスコースに誰かがいるべきだし、囲まれた場合とかのフォローは必要だけど)。 その分、中を厚くすれば、中盤で優位に立つことができる。

その中盤。 前半は動きが少なく、前線と分断されてしまったり、パスの出しどころに困るシーンも多かったけど、後半はだいぶ良くなったね。 相手のプレッシャーをかわしてワンタッチで繋ぐことが増えた。 ミスから相手に奪われることもまだ多いけど、狭い中でいかにパスコースを作って行くのか、積極的に続けていくことが重要だろう。

まぁ、磐田がカレンのワントップ、両サイドバックも本職ではない、と言うよく分からない布陣で自滅した面があるのかもしれないけど、この結果を自信につなげて、次のナビスコ杯マリノス戦、リーグ千葉戦も勇気を持って攻撃的に行って欲しい。

|

« ファンタジーサッカー 第7節 | トップページ | プ・リーグ FC東京U-18vs市立船橋 4月9日(日) »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/9494029

この記事へのトラックバック一覧です: 前に出る勇気 FC東京vs磐田 4月8日(土):

« ファンタジーサッカー 第7節 | トップページ | プ・リーグ FC東京U-18vs市立船橋 4月9日(日) »