« ファンタジーサッカー 第10節 | トップページ | 淡々としたGW前半 »

2006年4月30日 (日)

攻撃のOJT FC東京vs名古屋 4月29日(土)

茂庭がこんなに攻撃参加するのって、SBに起用されてジタバタしていた頃以来かな? そんな茂庭の上がりやパス回しへの参加を称して友人が「攻撃のOn the Job Training」と呟いたのが妙にハマったのでタイトルに拝借。

けど、攻撃のOJTをやっているのは茂庭だけじゃなく、チーム全体にも言えるのではなかろうか。

今年になって「プレスから前線またはサイドへ」という形をやめてはみたものの、マジメな選手達は「ポゼッション」を新たな掟だと勘違いして(あるいはガーロが伝え方を間違えて)自縄自縛に陥った。 例えば京都戦。 相手が自由に持たせてくれたにも関わらず、いざそうなると、選手達はどう攻撃すればいいのか分からず横パスしかできない状態だった。 ましてや新潟戦や清水戦のようにプレスを受けるともうお手上げ。

しかし、ガーロが言うとおり、悪い頃にも良い動きを見せた試合があったのも事実で、今は徐々にそういう試合が、あるいは試合の中でそういう場面が増えてきている。 元々奔放だった梶山だけでなく、最も慎重な選手と思われる今野も、一時期潜めていた前線スペースへのロングボール(開幕戦のようなヤツ)を効果的なタイミングで出してるし、昨日はなかったけど、フリーな状態で思い切って上がったりし始めている。

今は縄が少しずつ緩んできて、関節の可動域を実際の試合で確かめている感じ。 OJTというよりも、むしろリハビリ。 まだまだ思うに任せない場面が多いけど、このまま選手達が攻撃の引き出しを増やして、もっと状況に応じて使い分けられるようになったら、ずっと柔軟で力強い試合運びが出来るのではなかろうか。 言うは易し、行うは難しだけど、もしそうなればガーロは名監督だ。

昨日はルーカスが絶好調。 2列目での起用も、結果的に相手にマークさせにくくし、2得点に繋がった。 得点以外にも鬼のようなドリブル・キープを見せていた。 そう言えば、一昨年のホーム名古屋戦はルーカス劇場だったね。

規郎も、あいまいじゃないプレーが増え、躍動とまでは行かないけど、その息吹みたいなものは感じた。 相対する中村直志があまり規郎の裏を狙わなかった(と言うより名古屋の攻撃が本田側に偏重していた)ようで、ボロが出なかっただけかもしれないけど、次もこの流れで行って欲しい。 甲府戦は右サイド杉山の上がりが怖いからね。

赤嶺は潰れ役を頑張ってよくやっていた。 願わくば、もう少しシュートを打て。 今野も相手の起点に必ず絡んで、なかなかボールは奪えなかったけど、相手の攻撃を遅らせていた。

そしてパスにドリブルに大活躍だった梶山。 ドリブルで上がってきて1対1を作った場面は痺れた。 過渡期の今はチームが良くも悪くも梶山の調子に左右されている感じだけど、そうなるともう一人の「キーパースン」の復活を待ちわびる。 そう、憂太だ。

Fumitake_1 ピンボケだけど試合後の文さん

試合前、先発とベンチのメンバーを見て「若え~」と唸ってしまった。 ルーキー全員が揃っている。 時の移ろいを感じるが、そんな中久々の文さん起用。 試合後、胸(エンブレム)を叩きながらの「シャー」に胸が熱くなったのは僕だけではないはず。

|

« ファンタジーサッカー 第10節 | トップページ | 淡々としたGW前半 »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/9824844

この記事へのトラックバック一覧です: 攻撃のOJT FC東京vs名古屋 4月29日(土):

« ファンタジーサッカー 第10節 | トップページ | 淡々としたGW前半 »