« さ、気を取り直そう ナビスコ杯FC東京vs福岡 5月14日(日) & 日本代表選出 | トップページ | 九州遠征の思い出 »

2006年5月18日 (木)

勝ち点3あげたかった ナビスコ杯FC東京vs浦和 5月17日(水)

勝ち点というのは選手達が奪い取るもので、天から降ってくるものではないとは分かってはいるけど、勝ち点3をあげたいと思わせる、そんな選手達の頑張りだった。

特に小澤。 豊富な運動量でボールによく絡みながらボール離れがよく、パッパッと回すので先手を打てる場面が多かった。 マイボールに対する執念のような強い意識が伝わってきた。

攻撃を途切れさせないルーカスや今ちゃん、信男の献身にも頭が下がるし、戸田は何度もナイストラップで攻撃のポイントになっていた。

そして金沢。 緩急のある動きに(規郎は動きが一本調子)バラエティー豊富なクロス。 色眼鏡かもしれないけど、いるだけで安心感がある。 それは選手も同じなのではないか。 今ちゃんが最近になく積極的に上がっていっていたし。

茂庭とジャーンと塩田は固かったし、伊野波はよくピンチの芽を摘んでいたし、今日のメンバーの中ではいまいちだった徳永(最後バテて、チャンスに反応できなかった場面があった)でさえ、概ね相馬を上回っていた。

なのに試合には勝てない。 どこがいけないのか。。。 ゴール前で手数をかけすぎているのは明らか。 バイタルエリア内では、明らかにドフリーな味方がいるとき以外は、自分でフィニッシュまでいく方がいいような気がする。 そういうイメージでいた方が、おのずとドリブルのスピードも上がりそう。 今ちゃんが抜け出した場面があったけど、もし長谷部だったら全速力でドリブルして自分でシュートを打っちゃってたんじゃないかな。 普段からそういう意識を養っていた方が相手からみれば脅威だろう。

帰宅後、CL決勝に備えて即就寝。 3時半に起きれたものの、次に気が付いたらハーフタイム。 さらに次はバルセロナの同点場面。 その後はずっと起きていたけど、半分以上静止画面を眺めていた。 パリも東京も天気が悪いようだけど、W杯の中継は大丈夫だろうか? そして、W杯が始まったら果たしてどんな生活パターンになるやら。

|

« さ、気を取り直そう ナビスコ杯FC東京vs福岡 5月14日(日) & 日本代表選出 | トップページ | 九州遠征の思い出 »

FC東京2006」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/10119728

この記事へのトラックバック一覧です: 勝ち点3あげたかった ナビスコ杯FC東京vs浦和 5月17日(水):

« さ、気を取り直そう ナビスコ杯FC東京vs福岡 5月14日(日) & 日本代表選出 | トップページ | 九州遠征の思い出 »