« ファンタジーサッカー 第12節 | トップページ | 勝利で締めくくったGW後半 »

2006年5月 7日 (日)

受け入れたくない結末 FC東京vs大宮 5月6日(土)

あぁ~悔しい! 誰もが去年のセレッソ戦、そして大宮戦を思い出したであろうFK。 あの悪夢の放物線が脳裏から離れない。

FK自体は大悟を誉めるしかないとして、後半手も足も出なかったことが悔しい。 そして勝ち点が手からスッと抜け落ちていったことも、何より、GWのいい流れが途切れたことも・・・

ウチは引いたわけではないと思う。 決して引いたわけでもないに、押し込まれて好き放題にされた。 大宮は元ヴェルディ勢の3人を中心に足元が上手く、先手先手で細かくつないでウチのプレスがかからなかった。 それでも最終ラインで耐えていたけど、大宮が森田と若林を交代させて、放り込みも織り交ぜながら揺さぶりをかけるとついにズルズル押し切られ、決壊してしまった。

それに対してウチは、甲府戦に引き続きリチェーリを入れて相手を間延びさせ、若い伊野波を入れて中盤を厚くして優位に立とうとしたんだろうけど、不発。 そもそも大宮のDFラインが引き気味で、突くべき裏が狭いし、かと言ってリチェーリにはキープ力もパスセンスも見られず、相手の脅威にはならなかった。 そして運動量のある好調ルーカスがトップ下からトップの一角に移ることで中盤の厚みはむしろ薄まってしまった。 結果論だけど、交代カードがもう一枚あれば、前方にキープ力があってタメを作れる阿部を入れたかった。

梶山は絶好調の一瞬は5のパフォーマンスを見せるけど、疲れると4や3ではなくて、一気に2に落ちちゃう感じ。 判断が遅くなり、あのヌルヌルドリブルが相手の格好の標的になる。 (それに対し、大悟なんかはどんなときも4.5のレベルをキープしているイメージ。)

ともかく、受け入れたくない結末。 だけど、力がまだまだ足りないということを知らしめる良い授業になった。 よーく確認し合って、作戦に合った選手の起用を含め、今後の戦いに活かして欲しい。

口直しに夢の島に行ってきます。

|

« ファンタジーサッカー 第12節 | トップページ | 勝利で締めくくったGW後半 »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/9935478

この記事へのトラックバック一覧です: 受け入れたくない結末 FC東京vs大宮 5月6日(土):

« ファンタジーサッカー 第12節 | トップページ | 勝利で締めくくったGW後半 »