« この数日の間に僕の身に起きた出来事 | トップページ | W杯! »

2006年6月 8日 (木)

「八百長○゙o○○゙o!」 東京ヴェルディ1969vsベガルタ仙台 6月7日(水)

PKを1回止めただけでも凄いのに、高桑は2回連続で止めた。 けど、3回目のやり直しを命じられてしまっては、さすがになす術もない。

3_pk_in_a_row

確かに高桑は先に動いたかもしれない。 だから、やり直しは仕方ないのかもしれない。 けど、普段あそこまで厳格に取ってる? 本当にいつもと同じ基準? あのまま高桑が止め続けたら、いつまでもやり直しを命じかねないように感じたよ。 そして飛びまくるイエローカード。 挙句、ベンチの小針にはレッドカード!

Takakuwa 試合後、悔しさを押し殺すかのように歩く高桑

まぁ、ルールだからPK3連発は良しとしよう。

けど、そもそもPKを取られたプレー自体が微妙。 明らかに木谷の方が先にボールに触っていた。 ヴェルディのFWが倒れたのは木谷のクリアに行く動作と重なってしまったから。 自分の観戦経験では、同じような場面ではファウルを取らないことの方が多いような気がする。 それが一発レッド。

もっと言えば、前半からヴェルディ寄りの判定が多かった気がするけど、俺の主観かなぁ? ファウルの基準は主観だとしても、例えばヴェルディの選手が倒れても、外に出さないで試合再開までたっぷり時間を費やしたり。 だから、「八百長ヴェルディ!」と叫びたくなるベガサポの気持ちはよ~く分かる。 (でも、乱入したらダメだよ。) 証拠なんてどこにもないし、八百長なんてなかったと思う(信じたい)けど、それほどまでにレフェリングが酷かったってこと。

ちなみに今日の審判団は、主審:鍋島將起、副審:鈴木亮哉、恩氏孝夫。 PK3連発を命じたのはかの恩氏ではなく鈴木副審。

Verdy ヴェルディサポ

ヴェルディは移籍ホヤホヤの石川竜也と海本が早速左右のSBで出場。 石川とは3月に夢の島で、海本とは4月に江戸川でそれぞれ対戦している。 特に海本には弾丸ボレーを決められたのが記憶に新しい。 

石川竜也と海本はともに背番号が40番台。 タイセーや喜名はサブにもいない。 昨年のオフは大量離脱に見舞われたヴェルディだけど、今オフは粛清の嵐が吹き荒れることが確実。。。 ACLがあったとはいえ、もう少し計画的な補強はできなかったのかね? 永井や木島までいるんだよね?

Vegalta ベガルタサポ

今日秀逸だったのは仙台ゴール裏の即興感覚かな? プライド・オブ・ウラワと同じメロディーで

 ♪ヤオチョー ヤオチョー シンパン ヤオチョー♪

ベガルタは木谷が退場し、交代枠を使い切った後、白井も怪我でプレー続行不能となり、2人少ない状態。 "4-4-0"のキレイな2列が物悲しかった。

|

« この数日の間に僕の身に起きた出来事 | トップページ | W杯! »

J2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/10437671

この記事へのトラックバック一覧です: 「八百長○゙o○○゙o!」 東京ヴェルディ1969vsベガルタ仙台 6月7日(水):

« この数日の間に僕の身に起きた出来事 | トップページ | W杯! »