« 9月の遠征予定 | トップページ | たまには代表の話 »

2006年8月31日 (木)

責任回避トーキョー FC東京vsセレッソ大阪 8月30日(水)

まず伊野波、代表選出おめでとう。 思いきりの良いプレーを見せていたのがオシムの目に留まったかな。 伊野波のようなタイプは代表にも必要。 敵地での試合で出番を勝ち取って、貴重な経験を積めたらいいな。

責任回避トーキョー

  • 自分はフリーなのにマークが付いているルーカスや梶山にボールを預けるだけの浅利
  • ゴール前でボールを受ける動きばかりして、サイドの仕事をしない阿部
  • 周りの状況と、クロスとシュートの選択がいつも噛み合わないナオ
  • ゴール前でシュートを打たずに切り替えして、決定的なチャンスを潰す憂太
  • 一か八かのパスを繰り返し、相手にボールを渡し続ける梶山

ベテランが思慮を欠くプレーを、中堅が自己満足なプレーを、若手が曖昧なプレーを繰り返す。 見ている側からは、責任の押し付け合いや「自分が出来ることはやった。(後は知らない)」という責任回避に見えてしまう。

走る。 つなぐ。 する。 クリアする。 自信と冷静さを保つ。 そういう基本を徹底しても勝てないときもあるけど、昨日の試合は、あと少しだけ我慢していれば勝てた。 こういうもったいないことは繰り返すな。

千葉戦のように気合いが入っていると2点差でもひっくり返す。 けど、特別に気合いが入る状況じゃないと劣勢をまったく跳ね返せなくなってしまう。

気合いで負けるなとか、死ぬ気で走れとか、精神論を振りかざすつもりはない。 (残留がかかってきたら、遠慮なく振りかざすけど。) そもそも、全部の試合千葉戦のように気合いを入れまくって戦うなんて、土台無理な話。

気合いも重要だけど、勝敗を分けるのは、ここぞというときに畳み掛ける集中力や冷静に考えた決定的プレー、そしてチームとしての工夫=具体的な約束事だと思う。 特に、約束事は博実のときであれ、ガーロのときであれ、ウチがいつも一番欠いていたものだと思う。

昨日の試合

前半、セレッソの攻撃に中盤を制圧されたね。 さすが名波。 タメの作り方、味方の活かし方、キックの正確性。 どれも上手い。

それに対してウチは中盤で数的に劣勢なうえに、梶山と浅利が機動力を欠く。 フィードからしかチャンスを作れなかったけど、なんとかPKをゲットして同点に追いついた。

後半、赤嶺と憂太を代えて、ルーカスのワントップに修正。 赤嶺自体は強烈なロングシュートを見舞ったり、動きは悪くなかったと思ったけど、ボールに絡めなければ仕方ない。

中盤を厚くしたのが功を奏し、倉又監督の思惑通り?後半の出だしは東京が押す展開に。 セレッソの最終ラインもバタバタの状態。 しかし、決定的なチャンスに憂太がシュートを打ち切れない。

その直後。 相手スローインになりそうなボールを浅利が何を慌てたか自陣めがけてキック。 けど、そこには誰もおらず、みすみす献上したCKから失点。 サリは味方が拾ってくれると思ったんだろうけど、あの場面で変な色気を出さなくても良かったのに・・・。

さらにクリを入れて攻めに出た東京。 栗が左サイド、阿部がルーカスと並んでツートップに。 憂太の華麗なスルーパスから阿部が抜け出してルーカス! しかし、ここはセレッソGK吉田に弾かれてしまった。 最近、去年のベストイレブンらしからぬ珍プレーを連発していた吉田だったのに・・・。

クリ自体は久々に良かった。 けど、浅利を出したことで梶山が守備に専念せざるを得なくなったのはチームにとって良かったのか悪かったのか・・・。 もう一枚交代カードが残っていれば、誰かと文さんを交代させたかった。

3失点目は、その梶山の不用意なパスミスから逆襲を食らってトドメの一発。 このプレーに限らず、最近の梶山は遠近感覚がおかしい。 確かにパスコースに出してはいるが、途中で相手に追いつかれてカットされることが多すぎる。 疲れているにしても改善を求む。

幸いにして、1週間以上休みが入る。 甲府戦はいい試合が見たいよ!

最後だけど、増嶋お大事に! 早く帰って来い!

|

« 9月の遠征予定 | トップページ | たまには代表の話 »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

2回目のコメントです。失礼いたします。自分のBlogの内容と思いっきりかぶってしまったので、コメントさせていただきました。

自ブログではちょっと感情的になっちゃってますが、確かに消極的なプレーも多かったですが、責任回避には見えませんでした(もちろんfct-fanさんは「見えてしまう」とおっしゃっていますが)。おっしゃるとおり「エネルギーのかけどころ」なのではないかと思います。確実性を増そうとしたプレーが結果消極的なプレーになったり。

チームとしてまだまだかみ合ってないな~って気がします。次は頑張れ!

投稿: Bull | 2006年8月31日 (木) 23:48

コメントありがとうございます。
適当ではない意図を感じ取れるプレーという趣旨で「責任」という言葉を使いました。「パスにメッセージを込める」なんて言う、そういう趣旨です。
「責任回避」という言葉はちょっと違ったかもしれませんね。
次頑張って欲しいですね!

投稿: fct-fan | 2006年9月 1日 (金) 01:21

なるほど、「パスにメッセージを込める」ですね。確かにそれは感じないケースが結構あったと思います。だからこそ「約束事」が大事ということですね。

話題はそれますが、クラトーキョーになってからの4-4-2はそれなりに機能していますね。ルーカスを生かしつつルーカスに頼りきりにならないというか。次戦こそ赤嶺の「シーサー」に期待です!

投稿: Bull | 2006年9月 1日 (金) 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/11697717

この記事へのトラックバック一覧です: 責任回避トーキョー FC東京vsセレッソ大阪 8月30日(水):

« 9月の遠征予定 | トップページ | たまには代表の話 »