« 初フットサル & サテライトザスパ草津vsFC東京 8月13日(日) | トップページ | 日本vsイエメン 8月16日(水) »

2006年8月15日 (火)

ガーロ解任&倉又監督就任 これでよかったんだ・・・

通勤途中にトーチュウ買ったらガーロ監督解任報道。 そしてオフィシャル発表

ここ数試合の内容は中断前よりも悪かったし、動員にも影響していたし、妥当な判断だと思う。

結局、ガーロは最後まで戦い方が定まらず、迷走したまま。 理想とする形に東京を導く技能を持っていなかった。 試行錯誤を繰り返すうちに、選手達もどう戦えばいいのか分からなくなってしまった。

このままではチームが良くなる兆しは見えないし、スタジアムの不穏な空気が監督人事を越えて拡大してしまう。 だから、解任が決まってホッとしているというのが正直なところ。

で、倉又さん。

東京指導暦10年。 東京のことを知り尽くしている。 ガーロのように右往左往することはないだろう。 U-18でFW不足を立て直した手腕も見事。 (だから、U-18の今後が心配だけど。。。)

U-18の試合では控え選手が 「オー 倉トーキョー 攻撃ー 攻撃ー 倉トーキョー」 と歌ってた。 歌のとおり、たぶん原サッカーに近い形になるんだと思う。 選手達が自信を取り戻して、戦える状態に戻すにはそれが一番いいよね。

個人的には、楽しくて、強くて、勝てればどんなサッカーでもいいです(贅沢?)。 ただ、長期的な希望を言えば、「リアクション・オンリーからの脱却=ポゼッション」 も諦めないで欲しい。 ガンガン迫力のあるサッカーに加えて流麗にボールと選手が動くサッカーも見たい。。。 (別に、アントラーズやジュビロなんかどうでもよくて、東京のそういうサッカーが見たいんです。 個人的な願望ですが。)

で、再びガーロさん。

過去の記事を読み返してみると、自分は原監督の退任を支持していた(2005年12月6日付 「原監督の退任について」 )。 以下抜粋。

  • フロントは敢えてリスクを背負い、理想に向かってステップを踏み出そうとしている。 博打を打つ時は大きく打つのも東京。 だったら、その心意気は買ってやろうじゃねぇか
  • もちろん不安やリスクはある。 後から振り返ったら「あの交代は大失敗だった」なんてことになるかもしれない。
  • もし失敗したら? その時はどん底までついていくだけ。 無論、責任を取るべき人には取ってもらいますけど。 (支持した俺もか?)

悪い予想が見事に当たってしまったね。 まぁ、一サポーターの立場じゃ責任は取りようもないので、ご容赦願います。 今後、空手形は切らないよう気をつけますので。

続いて、2005年12月22日付の 「ガーロに期待すること」。 ここでも悪い予感が的中。

  • ガーロに期待するのは、相手を崩す意識と方法論の確立。 例えば、相手のDFを釣り出して、その空いたスペースに誰かが走りこんで・・・みたいな、俺のような素人でも分かる約束事をいっぱい作ること。

つまり連動性だけど、程遠いまま終わってしまった。 けど、こっち↓よりはマシ。

  • 出来れば東京サポに愛される監督になること。 まぁ、この点では前任者が偉大過ぎて、ガーロに多くを望むのはかわいそうだけどね。

早くも4月1日のマリノス戦で 「ガーロ辞めろ!」。 確かに清水戦で 「ダメだなー」 って空気はあったけど、開幕後1ヶ月でダメ出しするって占い師ですか? 最初から 「嫌い」 って方針があった? 経緯はともかく、縁あって東京に来てくれたんだから、たとえダメな感じがしても、しばらくの間は贔屓目に見てあげるのが人情でしょ? 東京のゴール裏にもそういう人情があるはずだけど、どういう訳か平等には与えられないみたい。 これはちょっと残念だった。

もちろん、ガーロにも大いに問題があった。 戦い方がコロコロ変わり、希望を持てたと思ったら(この時この時)、すぐに潰え(この時この時)、W杯の中断が終わってもチーム状態は一向に改善せず、最近数試合ではむしろ悪化し、今回の解任という結末。

フロントには何で失敗に終わったのか、どこがフィットしなかったのか、できればサポの目に見える形で検証して欲しい。 そうしないと、責任の所在が明確にならないし、今後の対策や補強も的外れで終わってしまう。 何より、この半年間が本当にまるまる無駄で終わってしまう。 失態は失態。 そのままで終わらすな。

一人の青年監督が故郷から遠く離れた東京で無残にも挫折し、失意の中帰国する。 無念に違いない。 そこの部分に想像力を働かせることができず、「ガーロざまーみろ」と喜んでいる輩がいるとすれば 「恥を知れ」 と言ってやりたい。

東京ではうまくいかなかったけど、この経験も指導者人生の糧になるはず。 ガーロには豊富なアイディアと情熱があるんだから、それを伝える力や選手の特徴を読み取る能力を磨けば、指導者として飛躍できるはず。 頑張れ。

東京もこの半年間を無駄にはさせない。 お疲れ様でした。

|

« 初フットサル & サテライトザスパ草津vsFC東京 8月13日(日) | トップページ | 日本vsイエメン 8月16日(水) »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読ませていただいています。昨年の途中からふとしたきっかけで東京を応援するようになった新参者です。そういう意味では「古き良きFC東京」をあまり知らない分、今年の「ポゼッション」という方向性は支持していましたが、「仕切り直し」という形になり残念です。

今回の監督交代に関しては仕方ない部分がありますし、これでいい方向に変化することをポジティブに考えているのですが、ただどうも吹っ切れないのが、一部の「ガーロやっといなくなったね」という軽い論調が結構あることです。家族ともども未知の日本にやってきて、彼だって無念なはずなんです。「金払って見ているんだから楽しませてくれ!」という気持ちは分かるけど、自己中心的というかなんかしっくりきません。


貴殿ご指摘の通り、より多くのFC東京ファンがが「想像力豊かな、人の痛みが分かる」そんな人情味ある仲間であって欲しいなと思います。

投稿: Bull | 2006年8月16日 (水) 23:20

>>Bullさま
私もたまに脱線するので(笑)、人のこと言えませんが、縁あって東京に来たのですが、もう少し他の接し方があったんじゃないかな、と。

投稿: fct-fan | 2006年8月17日 (木) 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/11445310

この記事へのトラックバック一覧です: ガーロ解任&倉又監督就任 これでよかったんだ・・・:

« 初フットサル & サテライトザスパ草津vsFC東京 8月13日(日) | トップページ | 日本vsイエメン 8月16日(水) »