« 横浜FCvs草津、千葉vs京都 9月23日(土) | トップページ | 恥ずかしくて思わず目を背けてしまった »

2006年9月26日 (火)

前を向いて 鹿島vsFC東京 9月24日(日)

1点目はこちらのプレスがかかりきらず、わずかな差で先手を取られ続けた結果、鹿島に何本もパスを繋がれて、あれよあれよという間にミドルシュートを決められて失点。 鹿島の粘りが凄かった(あれがポゼッションか)けど、潰すポイントをもっとはっきりさせておけば防げたかもしれない。

そしてセットプレーでやられた2、3点目。 個人のミスなのか組織にも問題があるのか。 セットプレー以外でも、中盤のハイボールに東京の選手が2、3人同時に競ってお互い邪魔しあったり、逆に誰も競りに行かないなんてシーンも多かった。 一応、今野と浅利がファビオ・サントスとフェルナンドをそれぞれマンマーク気味に見ていたようだけど。。。

攻撃はなんか忙しない。 後半、ルーカスの頑張りと宮沢がどんどんボールを前に入れたことで(水曜試合があった鹿島の疲れもあっただろうけど)相手陣に押し込む時間帯もあった。 けど、全体的には相変わらずピンッと張ったゴム紐のような、すべてのプレーを正確に繋げないと成り立たない遊びのない攻撃。

まぁ、ナビスコ杯決勝戦や千葉戦の感動を呼んだのはこういう要素だし、相手からも恐れられている東京の強みではあるけど、頑張れば頑張るほど余裕がなくなり、冷静さを失わせる副作用を伴うことがある。

もう少し芸風を広げたい。 その鍵は例えば憂太のプレースタイルにあるような気がする。 彼には欠点がいっぱいあるけど、フリーでボールを受けようとする動きや、次の動きを予測してワンタッチで繋げるプレーは、一本調子に陥りがちな攻撃の幅を広げるプレーだと思う。 一見軽いように見えるし、実際に軽くやりすぎてカウンターのきっかけになることもあるけど、相手にとっては予想しづらいし、的を絞りづらい。 要は、絶対奪われてはいけない場面での軽いプレーは慎む。 けど、ワンタッチプレーや味方を活かすプレーまで封印すべきではない。 (プラス、自分で打開するプレーやパスのあとの運動量も増やすべきだけど、そこまでは難しいか・・・。)

Osima オシム(お疲れ?)と反町

Shouhou0609252

トーチュウのこの写真が衝撃的。

本当はここまで追い込まれる前に打開して欲しかったけど、過ぎちゃったことは仕方ない。 今は死んだ子の年齢を数えるよりも、いかに自分達の力を発揮するかに集中したい。 反省は必要だけど、それが余裕を奪ったり、力を発揮できない方向に作用するのであれば、心の中に保存して棚上げしておけ。

ナビスコ杯決勝、去年の終盤、そして先月の千葉戦。 ウチは本当に追い込まれたときには強いと思う。 上で書いたことと矛盾するけど、前を向いて、自分達を信じて力を出し切れ。

今野と伊野波、そして東京の選手達の顔に早く勝利の笑顔が戻ることを願っている。

|

« 横浜FCvs草津、千葉vs京都 9月23日(土) | トップページ | 恥ずかしくて思わず目を背けてしまった »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12029599

この記事へのトラックバック一覧です: 前を向いて 鹿島vsFC東京 9月24日(日):

« 横浜FCvs草津、千葉vs京都 9月23日(土) | トップページ | 恥ずかしくて思わず目を背けてしまった »