« ファンタジーサッカー 第25節 | トップページ | 2006夏旅行記(その1) 京都・長居・新潟編 »

2006年10月 1日 (日)

辛い苦しい どうする・・・ FC東京vs新潟 9月30日(土)

あまりにも酷い負け方にがっくり。

ルーカス、梶山など一人で打開できる選手がいなくて、最終ラインも不慣れな並び。 そもそもが厳しい状況なのに、集中力を欠く試合運び。 1失点目はスローインのときに集中力を切らして相手の侵入を許してしまった。 (そもそも梶山はなんでお休みだったんだ? 怪我情報は聞いてないけど。)

団体競技なのにチームとして機能していない。 誰が良かったか・悪かったか以前の話。 

攻撃のときパスなのか、ドリブルなのか。 パスなら足下へなのか、抜けたスペースに通すのか。 状況によっていろんな選択肢がありえるけど、ボールを受けてから考えているし、出し手と受け手の意図が合ってないことが多すぎる。

  • パスの受け手は、どこに走ればいいのか分からないし、走ってもパスが来るのか確信を持てない。 →思い切ったフリーランが出来ない。 
  • パスの出し手も、ボールを持ってから考えているし、周りが動かないのでパスコースがない。 →安全なバックパスや足下パスに終始してしまう。
  • そして、パスの受け手は、どこに走ればいいのか・・・

と負のループ。 そうやってどんどんサッカーが縮こまって、相手のチャンスが増え、こちらはチャンスを活かせず、本来の能力差以上の大敗を喫してしまう。

もっと練習の時点ですり合わせしたり、選手どうしでコミュニケーション取って修正できないものなのか? 打開するには死に物狂いで頑張るしかないのか? これまで、「約束事を導入して!」 とか、「チャンスにはシュート打て!」 とか書いてきたけど、さて、今後はどうしたものか。

去年の連敗の頃は、良くも悪くもやりたいサッカーがはっきりしていた。 それを俺は硬直的と表現することがあったけど、博実の人柄もあいまって、頑張ってやり続ければ結果もついてくると信じることができた。 そして、実際最良のプレーを続ければ結果が出た。 (ただし、いつも最良のプレーなど期待できないし、消耗が激しくなってしまう。 そこでポゼッションにトライしたけど見事に挫折。)

再び原点に戻って死に物狂いで頑張るしかないのか? けど、今は「硬直的」だったその頃より、はるかに酷い状態に退化してしまっている。 そして、確信を持って戻れる場所はもうない。 去年の連敗よりも遥かに追い込まれた厳しい状態だろう。

そして今日もブーイングがなくて、ガーロのときと比べるとどういう二枚舌だよ! とは思ったけど、確かにいまプレッシャーかけたら選手の方がカクンとなっちゃいそうという気もする。 

まぁ、こんなブログでグチグチ言ったところで何の役にも立つわけでもない。 せいぜい、追い込まれた選手達の火事場の馬鹿力に期待するしかないか。

そう。 選手達の奮起に期待するしかない。 集中力を持って、自分達の力を出し切れるように。 ほかに何を頼れるというのか。 一番苦しい今こそサポートするのがサポーターだろう。

今日は駒場(大宮vs名古屋)にハシゴするつもりだったけど、とてもよそのことなんか構っていられる気持ちにはなれず、即帰宅して不貞寝。 いまごろ目が冴えてきた。 明日は小瀬に行きたかったけど、どうするかなぁ。。。

あ、平山はまだ十分戦える状態じゃなかったけど、ポストとか、クロスへの反応とか、断片的に凄さの片鱗を見せていたね。

|

« ファンタジーサッカー 第25節 | トップページ | 2006夏旅行記(その1) 京都・長居・新潟編 »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。
申し訳ございませんが、ただいまパソコンを使用できる環境におりません。日曜日の夜に使用できるようになりますので、それまでお待ちいただけますよう、お願いいたします。
こちらにお邪魔して申し訳ございません。お読みになりましたら、削除してください。
JBAカエル

投稿: カエル | 2006年10月 1日 (日) 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12097266

この記事へのトラックバック一覧です: 辛い苦しい どうする・・・ FC東京vs新潟 9月30日(土):

» J観戦。 [LIFE vol.3]
味スタで見てきました★まぁ、ゲーム内容はアルビ勝ち。平山はほとんど仕事できず・・・。TVではあまりつつかれてないけれど、明らかにコンディション調整が上手くいっていなかった。後半には、ボールを追う場面で、アルビの選手に追い越されていたもん。さすがに、その時は....... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 01:00

» 平山選手がJのピッチに立った! [Origato Sota(平山相太応援ブログ)]
2006年9月30日、FC東京のホーム味の素スタジアムに とうとう蒼いユニのSotaが登場した。 まるでチームの中心であるかのようにカメラが追うが 物おじせずにセンターサークルに向かう。 言わずもがなこれがJリーグデビューなのだ。  調整不足が伝えられていたがFW陣の�... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 12:06

« ファンタジーサッカー 第25節 | トップページ | 2006夏旅行記(その1) 京都・長居・新潟編 »