« 代表での経験が活きた 大宮vsFC東京 10月28日(土) | トップページ | ビグフレ交歓会に行ってきた (忘れもの) »

2006年10月30日 (月)

ビグフレ交歓会に行ってきた (ちょっと詳しめ)

えー、昨晩はビッグフレームス交歓会に行ってきた。

初めての交歓会というだけでなく、ビグフレになったのも今年が初めて。 去年までのUソシオから今年は自由席ソシオに変更した分の差額をどうしようかと考えた結果、ビグフレになろう、と。 そしたら交歓会の案内が来たので、どんなもんぞや? と申し込んでみた次第。

で、実際行ってみて、要は選手と写真を撮ったり、サインを貰ったり、話したりする機会なんだな、というのが分かった。 (つまり、行くまで、何も分かっていなかったわけです。)

その感想(というか疑問)は後に書くとして、まずは昨日の様子について、記録の意味も含め、ちょっと詳しめに書きます。

Doi

受付→開場

会場はホテルの宴会場。 受付を済ませると、開場までの時間をポスターや写真パネルが飾ってある別室で潰せるようになっている。 さらに選手のスパイクのプレゼントにも応募できる。 モニターも設置してあって、今年のゴールシーンが映し出されていた。 ササやガーロさんが映ってたりして、苦しい今シーズンを思い出す。

Big_flames00 Big_flames01

会場に入ると前方にステージ、中央に料理を乗せた口の字に組んだテーブル、そのテーブルを囲むように小さなテーブルが30くらい並ぶ。 一つの小テーブルにつき約10名の参加者と選手1人か2人が割り当てられる、という形式。

Big_flames03 Big_flames04

交歓会

MXTV三田涼子アナウンサーの司会で開会。 テキパキして気持ちの良い進行だった。

1. 椿原社長挨拶

 吉「本」ですからね! 社長!

2. 選手入場

 平山→土肥の逆カウントダウン順でステージに登場し、引き続きコーチ陣→監督が入場。

 BGMは去年までの入場曲。 参加者は手拍子。

 ゆったり会場を見据え、ほのかに表情を崩し、ゆっくりお辞儀をする信男と、大宮戦後駆け抜けていったときのようにクビをちょこんと垂れる今ちゃんが印象的。

 選手達はステージから降りてきて各テーブルに散らばる。 俺のところに来たのは増嶋選手。

3. 倉又監督挨拶

 「連敗のきっかけとなった清水に天皇杯でリベンジしたい」 と言ってたけど、その前にバンディオンセに金星を献上することなどないようくれぐれもお願いします。 岡山行きチケットを手配しちゃったよ。

 (この辺の記憶はあやふや。 選手入場の方が社長挨拶より先だったかな?)

4. 乾杯 (発声は伊藤達也衆議院議員)

 社長も監督も異口同音に 「今年は満足できる戦いができてない」 と言ってた。 伊藤代議士にまで言わせちゃった。

 じゃー、どういう状況だったら満足だったのか、満足できない結果になっている原因は何なのか、マスコミ経由でもいいので聞きたいな。 揚げ足取りではなく本音。

Moni_1

5. ○×クイズ大会

 いよいよイベント本番。 三田アナウンサーが読み上げるクイズを各テーブル単位で答える。

Q1. 東京の選手・コーチ陣の出身高校で一番多いのは市立船橋。

A1. 「×」 武南高校。 浅利、金沢、倉又監督ほか4名以上いる。 市船と鹿実は3名づつ。 なんとなくニッカンの選手名鑑を持っていったけど、役に立たなかった。

Q2. 1985年生まれの選手は梶山・増嶋・伊野波・平山の4人。 同じ年に生まれた選手が4人以上いるのはこの年のみ。

A2. 「×」 今野と大卒新人3人(徳永、赤嶺、池上)がいる1983年も4人。

Q3. 小平の食堂の唐揚げ定食は550円。 唐揚げ単品は450円。

A3. 「×」 正解は500円。 まっすぅに聞いても分からないとのことだったのでみんなの勘で「×」にしたら正解だった。

Q4. FC東京カレンダーの11月/12月は石川、浅利、阿部である。

A4. 「○」 そろそろ「○」が来るだろうという単純な理由で「○」にした。

 ちなみに我が増嶋チームは全問正解。 隣の宮沢選手はガンガンカンニングしてた(笑)。

 全問正解は7チーム (藤山、浅利、ルーカス、栗澤、中澤、増嶋、リチェーリ)。 1位をジャンケンで決めることとなり、最初に負け抜けたのが浅利。 次いでルーカスと藤山。 残り4人で勝ち残ったのが栗澤。 栗澤チームの人達はアディダス提供の商品を貰えたみたい。

 以上をもってクイズ大会終了。

6. 選手達との歓談

 これが交歓会のメインイベント。 現場でもサイン帳やサイン色紙を売ってたりする。

 俺もサイン帳を買い、まず今野の列に並んだ。 いろいろ伝えたい、聞いてみたいことはある。

  • グーグルで 「今野泰幸」 で検索すると、このエントリが1ページ目で出てくる件
  • 2006年ファンブックで今野が着ているTシャツ 「1984 Monterey California」 について

 けど、後ろは長蛇の列だし、複雑なことを要領よく話すのは難しいし、結局 「応援しています」 「頑張ってください」 としか言えない・・・。 まぁ、こういうのも「場慣れ」ってのがあるんだろうな。

 その後、阿部ちゃん→ジャーン→藤山→憂太→規郎→ワシントン→リチェーリ→松尾と写真撮影。 ワシントンはソウル帰りの飛行機で一緒になったサポがいたことを覚えてくれていた!

 あと、フィジコの矢野さん、カメラマンをやっていただき、ありがとうございました。

 平山の列に並んでいたときにあと一人ということで時間切れ。 握手だけしてもらって終了。

以下、11月1日追記

7. 塩田選手会長挨拶

最後に選手達が再びステージに上り、横いっぱいに並ぶ。 会場から見て右端の隠れるか隠れないかギリギリの場所でニヤニヤしている宮沢がおかしかった。

選手会長・塩田が前に歩み出て挨拶。 並の若いサラリーマンよりしっかりしていたような。 ただ、チームメートから 「引っ張りすぎ」 との声が。 最後は慌てて締めていた。

Konno

感想というか疑問というか

楽しかったし、運営もしっかりしていた。 でも、割り切れなさが残ったのもまた確か。

ビグフレについてはオフィシャルでも365日FC東京でもいろいろ説明されている。 俺がビグフレに加入したときも、ビグフレの目的は 「ユースやジュニア・ユースの活動支援」 と説明を受けた。 その趣旨は明快だし、俺個人としては賛同できる。

だからビグフレ加入の対価見返りは下部組織を充実させて結果を出すことだろう。 交歓会に参加できる権利などではないはずだ。 下部組織の強化と言っても一朝一夕に実現できることではないことは分かっている。 その点、U-18、U-15深川、U-15むさしが既にかなりの実績をあげていることは高く評価できると思う。

で、「ユースやジュニア・ユースの活動を支援する」 ビグフレ会員が、なぜ 「トップ」 の選手達との交歓会に出席する権利を手にできるのか、その理屈が分からない。 支出と対価の関係がチグハグというか、何の関連性もないじゃないか。

交歓会の趣旨が 「ファンサービス」 にあるのならソシオにも門戸を拡げたらダメなんだろうか。 少なくとも、「トップのファンサービス」 でソシオがビグフレに差を付けられる道理は何もないだろう。 ビグフレ会員が払った1万円の年会費はあくまでも 「下部組織の充実」 のためのはずだから。

ソシオも交歓会の対象にすると応募者が増えてしまうかもしれない。 けど、昨日の人数(300人強)の3倍程度までなら工夫次第で立食パーティー形式で開催することも可能だと思う。 スタッフが足りないならサポからボランティアを募ったら、喜んで申し込む人もいるだろう。 何も立食パーティー形式に拘らず、味スタでファン感謝祭をやったっていいかもしれない。

まぁ、今の形の交歓会を毎年楽しみにしている人もいるだろうし、こういう形でのファンとの交流を一概に悪いとはいえないけど、ビグフレに限定する理由が 「機械的な足切り」 以外どうしても分からなかった。 足切りなら、「ユース」 を出汁に使うのではなく、「プラチナ・ファンクラブ(笑)」 みたいな制度を作ったほうがよっぽど分かりやすいし、潔い。

念のために補足すると、選手達やスタッフ達のホスピタリティーには文句の付けようがない。 2時間近く立ちっぱなしで、サポーターとは言えほとんど見ず知らずの人達が入れ代り立ち代り現れる中、愛想笑いじゃなく真摯に対応してくれた。 彼らのプロ意識は立派で、頭が下がった。

最後に、ホテルの玄関前で駅へのシャトルバスをお待ちだったサポの方々。 駐車場から出てきた車に向かって手を振っていただいて恐縮ですが、あいにく私は選手ではありません。 本当にすみませんでした。

|

« 代表での経験が活きた 大宮vsFC東京 10月28日(土) | トップページ | ビグフレ交歓会に行ってきた (忘れもの) »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

私も参加しました。テーブルのホスト役ははモニでした。
6回目の参加ですが、去年よりも参加者が減ったような。運営は去年よりマシになったかなという感じです。(去年はご飯が余りまくりだったんで、選手登場前に食事は正解)
もともとビッグフレームスは「ファンクラブのエグゼクティブクラス」ということで発足したので、その流れで交歓会が行われてます。昔は、「選手はお酌のみ」、「帰りは選手による花道のお見送り」、「お土産付き」だったのですが、参加者の増加でできなくなってしまいました。昔のようなアットホームさが無くなってしまって来なくなってしまった方もいます。新潟のウメッティにお酌してもらったのが思い出です。socioにまで枠を広げるのは、ビッグフレームス設立当初の経緯と趣旨から考えて反対ですね。

投稿: しょういち@東京の空の下 | 2006年10月31日 (火) 00:20

しょういちさんコメントありがとうございます。
貴重な昔の様子を教えていただき、ありがとうございました。
「選手はお酌のみ」って、なんか楽しそうですね(笑)。
会の変質は参加者が増えたからだけでなく、選手とサポーターの関係の変化もあるのかな、と思います。

今の形式に歴史と理由があることは分かりました。
が、やはり「ユース育成」という目的との関係を、チームはどう整理しているのかな、とは思います。

投稿: fct-fan | 2006年10月31日 (火) 01:33

「ユース育成」だけではないんですよ。
会費には、「少年少女バスツアー援助」や、まだ旅行会社にアウェーツアーを丸投げしていない頃は、「アウェーツアーの援助」など、「FC東京の活動全般の協賛」の意味も含まれているので、あながち外れていないのではないかと思います。株主さんの交歓会と同じです。いまさら辞めるわけにもいきませんし。socioよりも物言えるというのは変な感じもしますが。
社長の小ネタを一つ。昨年、冒頭の挨拶で「サハラカップ」が思い出せず、「象印杯」と言ってしまった椿原社長。周囲では、「ヒントでピント?」と突っ込みが入っていました。最初は挨拶が下手で笑っていましたが、だんだん上達してます。

投稿: しょういち@東京の空の下 | 2006年10月31日 (火) 01:57

土肥、じゃなくて土居まさるさんですね。>ヒントでピント

ソシオ、ビグフレ、ファンクラブという三本立てですが、やはり私から見ると変に見える部分もあるものの、いろいろ教えていただき、自分の中の先鋭的な部分(大げさな表現ですが)が、おかげさまで薄まりました。

投稿: fct-fan | 2006年10月31日 (火) 20:49

>fct fanさん

はじめまして。

私も先日の交歓会に参加しました。ちなみにテーブルホストはモニでした。

>しょういちさん
ひょっとしたらお話させていただいた方かもしれませんね。その節はどうも。(笑)

>ソシオ、ビグフレ、ファンクラブという三本立て

どこかで専務も書いていましたが、当初はソシオにはファンクラブに入ってもらって、ビグフレはなかなかスタジアムに足を運ばない旦那衆に入ってもらう構想だったのが、意外なことにソシオの方がビグフレの中心になったんですよね。

今年のビグフレの目的をまじまじと読むことは無かったのですが、私が入った頃とちょっと違いますね。
前はしょういちさんも書かれている応援ツアーを始め、商店街に掲げてあるフラッグ、少年サッカーへの巡回コーチ等への補助なども目的になっていたと記憶しています。

いろいろと年月を経て変わっていってるのですね。

>「プラチナ・ファンクラブ(笑)」 
その類のことを、専務に何度か訴えてます。(笑)

私はビグフレの年会費の用途がクラブの下支えだけというのは不満なんですよ。なので、ビグフレとは別に年会費一口5万円くらいのプラチナフレームスを作って、チームの運営費に充てたらどうだと提案したことがあります。
専務からは税金の関係でむずかしいと言われましたけどね。

その他、ソシオやビグフレを3年以上継続すると特別会員になって、年一回スポンサーシート招待や交歓会ご招待にするのはどうか。そうすれば、チーム状況や懐具合から継続を止めようと思ってる人の抑止力になるのではうんぬん。
みたいな話もしたことがあります。


話を交歓会に戻しますと、私は5回目の参加ですが、もう選手とゆっくり交流するという雰囲気ではなくなってますね。
前は一部人気選手(アマやユキ)以外はじっくり選手やスタッフと話し込むこともできたんですがね。そのあたりは寂しくもあります。

長文失礼いたしましたが、要はソシオ、ビグフレ、ファンクラブのあり方などを一回見直す時期なんじゃないかなと私も思うわけです。

では

投稿: ぶらっくばす | 2006年11月 1日 (水) 23:01

>ぶらっくばす様
詳しい話ありがとうございます。よく勉強になりました。

>当初はソシオにはファンクラブに入ってもらって、ビグフレはなかなかスタジアムに足を運ばない旦那衆に入ってもらう構想だった

つまりタニマチ的な位置付けですね。しょういちさんのおっしゃる「ファンクラブのエグゼクティブクラス」とも符合しますね。

こういう仕組みも時代や状況に合わせて見直しが必要ですよね。

もっとも、一番重要なのはソシオ拡大ということを忘れてはいけませんが。

投稿: fct-fan | 2006年11月 3日 (金) 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12483700

この記事へのトラックバック一覧です: ビグフレ交歓会に行ってきた (ちょっと詳しめ):

« 代表での経験が活きた 大宮vsFC東京 10月28日(土) | トップページ | ビグフレ交歓会に行ってきた (忘れもの) »