« 遅ればせながら監督人事の話・・・ | トップページ | たけにぼ »

2006年10月22日 (日)

耐えて耐えて 湘南vs横浜FC 10月21日(土)

駐車に手間取ったせいで、スタジアムに着いたのは横浜が先制したあとだった。 (車は結局平塚市役所の有料駐車場に停められた。)

横浜は相変わらず積み木を丁寧に一つ一つ積み上げていくような攻めで、危なげがない。 怖さもあまりないものの、カズや山口、アウグストがたまに見せる気の利いたプレーがアクセントになっている。 内田智也は意外と泥臭い魅力。

Kazu CKを蹴るカズ

後半は湘南は一方的に攻め込み、横浜がひたすら守る展開。 結局、そのままアウェイ横浜が逃げ切り、J1昇格にまた一歩近づいた。

耐えて耐えて耐え忍ぶ横浜に感情移入しやすい展開だった。 あれだけ攻め続けられるとアクシデント的に失点する可能性もあるけど、よく耐えた。

Yokohamafc00_1 Hiratsuka01

湘南はアジエルの突破力、佐藤悠介の展開力とロングシュート、後半から登場した加藤望の運動量があるのに、個々の強みをチームとして活かせてない印象。

Hiratsuka00_1 Yokohamafc01

尾亦は相変わらずクロスの軌道は美しかった。 けど、まるで「打つよ、打つよ」と言いながらクロスを上げているみたいで、相手には読みやすく、カットされたり、悠々カバーされることが多かった。 もっと、フェイントで相手を抜いてから上げるとか、工夫が必要。

浦和vs川崎

試合後、車の中で中継を見た。

印象的だったのが川崎の2点目を生んだ森勇介のクロス。

サントスの逆を突くフェイントだけでなく、そのあとのクロスまで一連の動きがスムーズ。 きっとフェイントを仕掛けていたときから、クロスを打つイメージが出来ていたんだろう。

森にはナオのような突破力はないけど、直接点に結びつく生きた能力を発揮した。 「上手い」って何? 「いい選手」って何? と考えさせられた。

アド街

ナオ、塩田、中澤、増嶋が登場~

定職屋さん、安くておいしそうだった。

|

« 遅ればせながら監督人事の話・・・ | トップページ | たけにぼ »

J2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12371547

この記事へのトラックバック一覧です: 耐えて耐えて 湘南vs横浜FC 10月21日(土):

» 湘南 vs 横浜(観戦記) [Hola amigos]
J2リーグ・第46節 2006.10.21(Sat) 14:00K.O 湘南 0(0−1)1 横浜 @平塚競技場 観衆7392人 キング健在、ヘッド弾炸裂で柏に猛プレッシャー  試合後の雄叫び。次は日立台だ!  水曜日(10/18)の札幌戦から中2日。最も近いアウェイ(味スタは交通の便がねぇ)の平塚、神奈川ダービーと呼ばれているらしいが、イマいちピンとこない湘南戦。  横浜の2トップは、キング・カズ�... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 00:11

« 遅ればせながら監督人事の話・・・ | トップページ | たけにぼ »