« 中央線で見つけちゃいました | トップページ | おめでとう栃木! 天皇杯東京ヴェルディ1969vs栃木SC 10月8日(日) »

2006年10月 8日 (日)

やっぱり○○はいい選手だ 名古屋vsFC東京 10月7日(土)

最初に御礼です。

強風にスタンドの外まで飛ばされたキャップを拾って入場口に届けてくださった東京サポの方。 おかげで無事手元に戻ってきました。 洗濯を繰り返してかなり色褪せていますが、去年バルセロナで買ったお気に入りの青赤キャップでした。 恐らくここを見ていることはないとは思いますが、御礼申し上げます。

ありがとうございました。

鬼門・瑞穂

J昇格以降勝ったことがない瑞穂。 去年、悪夢の連敗が始まった瑞穂。 その瑞穂で連敗ストップ! 素直に嬉しい。

Mizuho

強風を語らずしては語れない昨日の試合。 前半、風上からの攻撃を選択したのは東京だったらしい。 試合終盤に風が止むとの読みだったのだろうか? だとしたらF1みたいだな。

ともかく東京は風を背に受けている前半のうちに先手を取っておきたい展開。 そして待望の先制点を決めたのは平山! 梶山のシュートが楢崎に弾かれたこぼれ玉を押し込んだ。

この得点では右サイドの二人も良かった。 文さんが右サイドのナオにパスを通す。 後ろから勢いよく上がってきた徳永にナオがうまく繋げる。 徳永がグラウンダーの速いセンタリングを出す。 ぞくぞくする連携だった。 昨日の右サイドはなかなか良くて、名古屋の左サイド(本田、増川訂正: 不出場でした)にほとんど仕事をさせなかった。

チーム全体として、平山のポストに当て、戸田・ナオが裏を狙い、梶山・今野が平山をサポートする、という意図が噛み合っていたように思う。 文さんも活動エリアこそ狭めだったけど、きつい場面によく現れ、相手に振り切られることなく、落ち着いて次の展開によく繋げてくれていた。

2点目もジャーンがポスト平山に当て、平山が囲まれながらもキープ。 一度はボールを失うが今野がナイスフォロー。 平山がタメを作っている間に上がってきていたナオがシュート! チーム全体が噛み合っていた。

Nao シャーの体勢に入ろうとするナオ

平山はやっぱり凄いや。 相手に囲まれながらあれだけキープできるのは凄い。 周りもよく見えている。 ポストから振り向きざまのシュートも威力十分。 とぼけているところがあるけどプレーで俺の認識を見直させてくれた。 タイトルの「○○」に入る一人目は平山。

もう一人は茂庭。 高い対人能力。 相手より一歩先んじて、ボールを跳ね返し続ける。 試合後も厳しい表情を崩すことはなかったけど、一勝くらいで浮かれないということか? それとも怪我の具合がよくないのか? ちょっと心配。

まぁ、課題もあったけど、昨日はこの一勝に酔いました。 新幹線で飲んだプレミアム・モルツ美味しかった。 帰京後初めてこちらに立ち寄らせていただき、映像で試合を復習。 そこで飲んだギネスも美味しかった。

名古屋

個人的な印象でしかないのだが、名古屋というチームにどこかウチと似た匂いを感じてしまう。 戦い方が似ているということではない。 ウチは縦に速いサッカー。 名古屋はベンゲルの頃から(どちらかといえば)パスをつなげるサッカー。

けど、強いのか弱いのか分からないところや、劣勢になると慎重になって小さくまとまってしまうところ、玉際に弱くどこか不器用なところにウチと似た匂いを感じとってしまう。 そしてネタに溢れていることろも。 「帳尻合わせ」とか、「中位力」とか、「強きをくじき、弱きを助ける」とか、「古賀」とか。。。

昨日も前半風下にもかかわらず、巧みなパス回しでボールを支配。 けど点をあげられないうちに運動量が減り、ミスが目立つように。 後半、ヨンセンと杉本のコンビで同点に追いついても、その勢いに乗れず、風上も活かせなかった。 結果として6連敗中のウチにホームで負けてしまう。 去年、連続大量失点中のヴェルディに勝てなかったウチを思い出した。 大逆転負けを食らったこともあったけど、個人的にどこか憎めないチーム名古屋。

多芸多才なグランパス一家

Grampus00 Grampus01

こういうときの東京サポのノリ・喜び方が好きだ。

散策

名古屋を数時間だけ散策。 味噌カツを食べ、栄から名駅まで歩き、レクサスLS460やF1ファン(俺も昔はGPXを毎号買っていたな)を横目に見ながらお土産のウイロと赤福を買い、新幹線の中でひつまぶしを食べながら帰京。

Nagoya00_2

Nagoya01_1

Nagoya02

東京に帰ると強風にスモッグが吹き飛ばされ、空が透き通っていた。 東の方角にはオリオン座が姿を見せ、間もなく冬が来ることを教えてくれていた。

|

« 中央線で見つけちゃいました | トップページ | おめでとう栃木! 天皇杯東京ヴェルディ1969vs栃木SC 10月8日(日) »

FC東京2006」カテゴリの記事

旅(国内)」カテゴリの記事

コメント

わたくし、『負け組』です…

グランパス君は、いつ見ても愛くるしいですね。

F1、自分は『F1速報』と『F1グランプリ速報』派でした。
よく観てたのは、'88~'94年くらいでした。

投稿: けんぴ | 2006年10月 8日 (日) 12:52

コメントありがとうございます。一度に失礼します。

>けんぴ様
富士スピードウェイなんて凄いじゃないですか!
お疲れ様でした。F1雑誌といえば他にAutosports、Racing Onの別冊もあったような気がします。
トーチュウがモータースポーツに力を入れ始めたのは
80年代後半だったかな?

>jatszin様
あのシリーズに昔原博実も出たことがあったような気がします。
それとも記憶違いだったかな?

>やっち様
次はインドですね。お腹を壊さないか心配です。

投稿: fct-fan | 2006年10月 9日 (月) 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12192196

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり○○はいい選手だ 名古屋vsFC東京 10月7日(土):

« 中央線で見つけちゃいました | トップページ | おめでとう栃木! 天皇杯東京ヴェルディ1969vs栃木SC 10月8日(日) »