« ファンタジーサッカー 第29節 | トップページ | ビグフレ交歓会に行ってきた (ちょっと詳しめ) »

2006年10月29日 (日)

代表での経験が活きた 大宮vsFC東京 10月28日(土)

駒場に着いたのが前半20分。 近所でボヤがあり、119番したりしているうちに時間を取られ、今ちゃんのゴールシーンを見逃してしまった。 去年は家を出ようとしたら車の下に子猫がいて、獣医を呼んで相談しているうちにギリギリになってしまった。 2年連続予想外のことがおこるアウェイ大宮戦。 来年も何かある?

予想外といえば茂庭の後半早々の負傷退場。 今野が最終ラインに入り、文さんが今野がいた位置に。 前半からずっと大宮ペースだっただけに、中盤から今ちゃんがいなくなったら怖いぞー と思ったけど、果たして、意外にも文さんやナオや宮沢が奮闘し、逆に大宮を押し込み、急造DFラインをいきなり相手の攻撃に晒すことの回避に成功する。

連続CKで大宮ゴールを襲い、カウンターのこぼれ玉を打ち返したユータのシュートはポストを直撃。 もし決まっていたら小笠原のセリエA初ゴールみたいな感じだった。 戸田も裏に抜け出てネットを揺らすけどオフサイド。 どっちも惜しい。

その後再び大宮ペースに。 特にナオを下げたあと。 規郎は戸田と交代すると思ったんだが・・・。

ナオは攻撃のときはビルドアップを、守備のときはカウンターをよく意識していた。 闇雲に前に突進するだけでなく、中盤で受けるのか、裏を取るのか、状況に応じてよく考えているように見えた。 まるで力を蓄えたバネのように攻撃に張りを与えていた。

それに対し、戸田はマイボールのときの動きはまるでセンターFW。 相手に脅威を与える反面、空振りに終わると単なる伸びきったバネ。 カウンターを食らうと、藤山の前に広大なスペースが・・・(怖っ)。 相手の攻撃の時は下がりすぎる。 まるで縮みきったバネで、前でタメを作ることにもならなければ、カウンター時の出しどころにならなかった。

規郎もどっちかというと戸田系。 ナオが下がって、宮沢の運動量も減ったら、やられだすのも当然だろう。

そんなことで大宮の攻勢を受けるが、最終ラインでは今野と伊野波がポリバレントさを遺憾なく発揮。 特に今野のあの状況での落ち着きは凄い。 茂庭でさえ手を焼いていたアリソンを料理。 今野も伊野波も代表で最終ラインを経験した効果が思いがけずチームに還元された。 (平山も頼むよ。)

大宮が高さの森田を入れると、東京も増嶋を投入。 茂庭不祥事負傷時にお預けを食らった形の増嶋も気合が入っていた。 ここで再び失点するとサポもそういう目で見ちゃうし、なにより本人も自信を失うだろう。 無失点で終われて本当に良かった。 相性のいいマリノス戦あたりでも完封を期待。

久々の連勝。 久々の完封。 内容はともかく、勝点を拾い続けているのは大きい。 降格のプレッシャーから逃れて、自信を持って戦えるから。 自分達の力を発揮できるから。

試合後、ブログを通じて交流させていただいているこちらの方と、初対面のこちらの方と祝杯を。 東京の今後の戦いとか、レッズ戦はどうなれば無事に終わるか?とか、下部リーグの話で盛り上がり、気がついたら23時を回っていた。

|

« ファンタジーサッカー 第29節 | トップページ | ビグフレ交歓会に行ってきた (ちょっと詳しめ) »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12469220

この記事へのトラックバック一覧です: 代表での経験が活きた 大宮vsFC東京 10月28日(土):

« ファンタジーサッカー 第29節 | トップページ | ビグフレ交歓会に行ってきた (ちょっと詳しめ) »