« 三浦文丈礼賛 | トップページ | 全国地域リーグ決勝大会Cグループ(その1) びわこvs讃岐 11月24日(金) »

2006年11月27日 (月)

千客万来 FC東京vs浦和 11月26日(日)

いつもより早め、開門時間の頃味スタに着いた。 天文台通りの調布中付近にまでアウェイの列が延々続いていて、果たしてこの試合は無事終わるのかと不安になったけど、結果的に八方丸く収まる、というか、東京はレッズを相手に恥ずかしくない試合をし、ガンバ優勝の芽も残し、目の前での優勝決定を阻止した。 文丈の引退挨拶も滞りなく執り行われて良かったけど、やっぱり勝ちたかったな。

試合では東京のよいところがいっぱい見れた。

  • 梶山のミズスマシのようなドリブル
  • ルーカスの鬼キープ
  • ナオのキレキレドリブル
  • 長距離を走り、相手に競り勝つ徳永
  • 今ちゃんの奪取→突進力のあるドリブル
  • 憂太の軽やかな捌き→味方を追い越す動き
  • 戸田の裏への飛び出しとゴール前への飛び込み
  • 規郎のキャノンシュート
  • 藤山の判断の良いカット
  • 壁のように跳ね返し続けるジャーン
  • 伊野波の果敢な攻め上がり
  • 塩田の安心感を与えるゴールキーピング
  • ゴール裏の楽しいコール(去年と違って、レッズサポにかき消されることなくバックでもはっきり聞こえた)
  • メインコンコースでお茶目なモニ(写真)

Moni_2

唯一足りなかったのは今野のドリームクラッシュ・ゴール。 前半の接触→流血で山岸が調子を上げてしまったか。

それにしても、中盤であれだけプレスがかかって、キープとクリアの判断が的確で、ボール際に強い東京は久々に見た。 ジェフ戦、ガンバ戦、フロンターレ戦で見せたイケイケ状態の東京ともまた違う強さを。

それでも勝ち点3を取れないのは何が足りないのか。 中盤で持てたとき、サイドにボールが出たとき、各局面でどう崩すか、数的有利を作るか、前を向いてボールを持つか。 攻撃に時間がかかってしまう。 攻撃パターンを整備していく必要性。 古くて新しい問題。

来週の大分戦。 どうやってモチベーションを上げ、良い内容につなげていくのか。 こういう試合でいい戦いをできず、特殊な状況下でしか力を発揮できないようなら、来年も残留争いに巻き込まれても不思議じゃない。

文さん挨拶

人柄と積み重ねてきたものがにじみ出る挨拶。 文丈と元まで! (この場面ではレッズサポも紳士的だった。)

Fumi00 Fumi01

J2

横浜FCが神戸、柏を振り切って昇格決定、そして優勝。 シーズン前には誰も予想できなかった結末。 浦和や東京、川崎や甲府など、どのクラブとも異なるサクセスストーリーを作り出した。

ベテランが植え付けた勝ち癖と負け犬意識の払拭。 東京にも必要なものだと思う。 文さんが訴えていたことでもある。 J2のクラブも、J1でくすぶっているクラブも、この意識改革が生んだ躍進から学べることは多いと思う。

地域リーグ決勝大会

ファジアーノ岡山、V・ファーレン長崎、FC岐阜、TDKが勝ち上がった。 決勝ラウンドは最終節の大分戦が行われる九石ドームの隣で行われる。 見られる人は時間を調整して是非!

|

« 三浦文丈礼賛 | トップページ | 全国地域リーグ決勝大会Cグループ(その1) びわこvs讃岐 11月24日(金) »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12831703

この記事へのトラックバック一覧です: 千客万来 FC東京vs浦和 11月26日(日):

« 三浦文丈礼賛 | トップページ | 全国地域リーグ決勝大会Cグループ(その1) びわこvs讃岐 11月24日(金) »