« ファンタジーサッカー第30節 転じてFC東京vs川崎予想 | トップページ | スカッと快勝! サハラカップAグループ FC東京vs横浜FM 11月12日(日) »

2006年11月12日 (日)

関塚さん、それはね FC東京vs川崎 11月11日(土)

バンディオンセ戦の7得点は無駄じゃなかった。

点を取るイメージが出来ていたから、ハーフタイムで2点差をつけられても下を向かずに戦えた。 練習試合での大量得点や、ガンバ戦での大逆転の記憶も選手達に自信と勇気を与えた。 昔だったら退場者を出した相手でも攻めあぐねて、逆転できなかったかもしれないけど、昨日は違った。 最後まで自信を持って戦えた。

それを体現したのが今野の決勝ゴール。 先週、中村憲剛を指して試合を決められる男と呼んだけど、今ちゃんがこんなに頼りがいのある男になっていたとは。 これまでのようなセットプレーや出会い頭の一発ではなく、あの狙い済ました一発には度肝を抜かれた。 本当に大きく感じた。 試合後のインタビューやコメントも強気で良い。

試合

昨日、初めて書いた試合予想で「憲剛に気をつけろ」と書いたけど、蓋を開けてみると、川崎はロングボール主体で攻めてきた。 中盤を省略し、ボールは憲剛の頭のうえを通り過ぎるばかり。 考えてみたら、わざわざウチのストロングポイントである今野と梶山コンビに挑むより急増フォーバックに狙いを定めるのは当然か? 予想って難しいですね。 (一応、ロングボールに気をつけろ、とは書いたけどね。)

で、あっさり4失点。 ジュニーニョが遅れてフリーで飛び込んできた3点目のカウンターはさすがだった。 ああいう柔軟な攻撃ができるのは凄い。 あとの3点はこちらのミスを確実に突いてきた。 この辺も川崎はさすが。 特に谷口。

3点差にされた直後、FK憂太→戸田で1点返す。 去年のアウェイ磐田戦のFK憂太→栗澤と繋いだゴールを思い出させるこの得点で、俄然、やれるという雰囲気になる。 負けていたのに、悲壮感など全然なかった。

その直後にジュニーニョが退場すると、もうイケイケ状態に。 実はその後30分以上得点できなかったんだけど、お祭り男の宮沢とネタ男の平山、天然男の規郎を投入し、攻め疲れなどどこ吹く風という感じで攻め続けた。

憂太と宮沢が、平山へのロングボールと、右・徳永と左・伊野波を使ったサイド攻撃とを使い分け、支配し続けた。 ミドルも積極的に狙っていた。

平山のヘッドでやっと1点返すと、マルコンも退場し、あとは運命のロスタイム。。。 以下略。

同点のシーンで宮沢、ルーカス、平山がゴール裏に来たのは、気持ちは分かるけど、今野の指摘どおり、あまりにも稚拙だ。。。 昨日は初めてゴール裏2階で見たけど、「早く戻れー」と絶叫する観客がいっぱいいたよ。

嬉しかったのは14番対決。 後半のいつか忘れたけど、憂太が後ろから中村憲剛のボールを奪い去ったシーン。 憲剛は新人の頃から見ているし、大学の先輩・宮沢や東京の生え抜き若手選手を尻目に地元生まれの憲剛が順調に育っていくのに、どこか羨ましく感じるところがあったけど、憂太が憲剛に決して引けを取らない活躍をしてくれて凄く嬉しい。 遠慮はいらない。 追い越せ!

川崎はジュニーニョ退場後、極端に引いてしまったのが命取りでしょう。 冒頭にも書いたとおり、最近の東京は点を取れるイメージを持っている。 川崎とすれば、守りきるのではなく、自軍ゴールから遠いところでキープし、あわよくば突き放すような戦い方をするべきだった。

なのに打つ手はすべて逆。 スピードのあるマギヌンを出して、代わりに佐原を入れ、高くて強いけど足が速そうには見えない寺田を前に出したり、電柱系のチョン・テセを入れたり。 そして、あからさまな時間稼ぎをしたり。。。 逃げきることしか考えていなかったみたい。 そんなことしているから、2人目の退場者を出してしまったんだ。

奥谷劇場

昨日の発動先は東京、ではなく川崎だった。 けど、ウチだって石川に対するファウルやハンドを散々見逃されているから、笛が極端にウチ寄りだったという実感はない。 ただ、2人退場という結果は確かに大きい。

東京の場合、今年だけでもレッズ戦では伊野波が、京都戦ではワシントンが奥谷に退場を食らっている。 特に京都戦は微妙な判定だったし、勝ち点にもかかわったかもしれない退場だった。 そして、何より中払の腕固めの試合(俺は現地観戦してないけど)の主審が奥谷だった。 奥谷がそういう審判だと分かっていれば、あれだけ露骨に時間を稼ぐのはあまりにもリスキーだということが分かりそうなもの。

関塚さんは判定基準を嘆いて、何を指導したらいいか分からないなんて嘆いてみせた

敢えて土俵に登ってみる。

答えは簡単。 小細工のような時間稼ぎ、条件反射のようなオフサイドアピール、お約束のような判定への異議・文句をやめればいいんですよ。 そしたら、少なくともロスタイムが6分も取られることは絶対なかった。 今野の逆転ゴールも生まれなかったことになるし、もしかしたら宮沢の同点ゴールも。 マルコンへの二枚目だけは厳しいと思うけど、それまでの時間稼ぎもまとめて勘案されちゃったか?

今年、Jの試合は相当な数を現地やTVで観戦しているけど、審判騙しの「意思統一」があそこまで徹底できているのは、J広しと言えども川崎がダントツ。 いまどき、名優・本山だってあそこまで露骨ではない。 それとも俺が色眼鏡で見ているのかな?

そしてJへの質問書か。 確かに昨日も、去年のアウェイレッズ戦やナビスコ準決勝も気の毒だった。 何を提出しようが自由だけど、判定に試合を壊されたことがないチームなんてないのに。 フロントはともかく、少なくとも現場は判定による有利・不利は年間で見たらプラス・マイナスゼロだと考えた方が精神衛生的に良いだろう。 それとも、本当に自分達だけが被害者だと思っちゃっているのだろうか。

日経のスポーツ欄にもばっちり書かれてましたね。 「チームに"被害妄想"が蔓延している。 3、4点目は防げる失点。 自滅と言われても仕方ない」 と。

サポも身体を張ってメインに乱入するくらいなら、「ハゲコール」でもした方がまだマシだったのでは? ウチのゴール裏だったら声を合わせていたかも。

残留確定!

福岡とセレッソが負け、残り4試合で勝点差14。 無事、来年もJ1で戦えることが確定しました。 正直、6連敗の時点でもしかしたら? と頭をよぎったけど、こんなに良いチームが降格するわけないよね。 けど、去年もまったく同じことを書いている。 もう少し安心できる試合を見せてくれ。 寿命が縮まります。

今日は江戸川でJユースカップを見てきました。 こちらも快勝! 明日簡単に書きます。

|

« ファンタジーサッカー第30節 転じてFC東京vs川崎予想 | トップページ | スカッと快勝! サハラカップAグループ FC東京vs横浜FM 11月12日(日) »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

関塚監督の記者会見(っていうのかな?)は想像通りで萎えました。
自分の指示ミス、采配ミスを棚にあげてよくぞいえたものだなと。
3点も差があったら、1枚もらっているジュニーニョは下げてもよかったし、もっと1枚もらっていることを自覚してプレーするべきでしたね。マルコンも然り。
退場を非難するより、3点を守れなかった守備をふくめた戦術、そしてその被害妄想を猛省すべき。

投稿: 同感です | 2006年11月12日 (日) 18:18

川崎のサポって自分が判定で得したときは「気持ち」とかいって絶対認めないんだよね。川崎のハンドのこと書いてるブログなんてみかけなかった。新規のお客さんが多いからか、ルール知らないのかなぁ。関塚さんがいにしえの鹿島の悪しき風習を持ち込んでるようにも見えるし、守備陣のラフさに呆れることが多い。

投稿: 通りすがり | 2006年11月12日 (日) 18:28

昨日はお疲れさまでした。
私は審判に関しては、ノーコメント。石川が何度も倒されようとも、正々堂々と真っ向勝負したことを誇りに感じます。

川崎ゴール裏は、「汚い野次禁止」なはずなのですが、川崎系ブログでは審判批判などが散見している事に、ネガティブな驚きを覚えています。

唯一、箕輪だけは真摯なコメントをしている模様。コイツは敵ながら好きになりました。来年は等々力でイジってやりましょう。

投稿: ken1eagle | 2006年11月12日 (日) 20:16

皆様、コメントありがとうございます。

>同感です様
川崎はあれだけ攻撃力があるのだから、守備を整備して正々堂々戦えば優勝も夢じゃないと思うんですけどね。
けど、後ろの3枚の高齢化が進む中、残された時間は少ない。。。

>通りすがり様
ラフな試合が多いですね。いつも、という訳ではないですけど・・・
昨日は特に審判にペースを乱されていたような気がします。

>ken1eagle様
書きすぎたかな?
監督だっていつか変わるだろうし、どっちかが降格することもあるだろうけど、多摩川ダービーはずっと続いていくので、好敵手として高め合うような関係であって欲しいです。

投稿: fct-fan | 2006年11月13日 (月) 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12653944

この記事へのトラックバック一覧です: 関塚さん、それはね FC東京vs川崎 11月11日(土):

» 東京 vs 川崎(観戦記) [Hola amigos]
J1リーグ第30節 2006.11.11(Sat)15:00K.O 東京 5(1−3)4 川崎 @味の素スタジアム 観衆23251人   オー・マイ・コンノ!!! 神様・スーペル今野が川崎の夢を砕く。 久しぶりにサッカーを笑った日、東京を堪能。  いや、もう何がなんだか。何と言って良いのか? 一言で言うならば、だから「東京はヤメラレナイ」イエィ、なのであります。 もう試合内容がどうのこうのじゃな�... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 20:02

« ファンタジーサッカー第30節 転じてFC東京vs川崎予想 | トップページ | スカッと快勝! サハラカップAグループ FC東京vs横浜FM 11月12日(日) »