« 何に焦点を当てて戦っているのか?? FC東京vs横浜FM 11月23日(木) | トップページ | 千客万来 FC東京vs浦和 11月26日(日) »

2006年11月25日 (土)

三浦文丈礼賛

高知で知り合った東京サポの方から、文さん引退の一報を聞く。

トーチュウのコラムを読んだときから覚悟はしていた。 「あぁ、やっぱり」 いつかは来る日が来てしまった。

俺にとっての文さんは、FWではなくボランチであり、いざという時に最高に頼りになる存在。 攻撃が途切れそうになったときに必要な一押しを加え、相手の逆襲を食らいそうなときにギリギリのところでその芽を摘む。

2001年に東京にやってきた文さんの身体を張った武闘派ぶりは、ピッチの中で際立っていた。 それは当時、サポではなく中立の視点で全ホームゲームを見ていた俺の目から見ても明らかで、熱心なサポーターにとっては一層頼りになる存在だっただろう。

2002年の大怪我の後はそれまでのような無理は利かなくなるけど、全体のバランスを考えつつ、いざという時にはファウルやカードすら辞さず畳み掛けるように力強いプレスを仕掛ける、相変わらず頼りになる存在だった。

文さんのような冷静な状況判断力や判断を最後まで遂行する能力、メリハリや割り切りは、調子が上がらないと他人任せになったり、一本調子になったりする今の東京の選手達に一番欠けているものではないだろうか。

けど、それだけではない。 熱いハート。 それも文さんは持っていた。 連敗中に胸のエンブレムを叩く姿を見て勇気をもらったし、去年の博実お別れ会のときに見せた涙には思わずこちらも涙に誘われてしまった。

明日のホーム最終戦は負けられないだけではない。 良好な環境の下で文さんの引退挨拶を執り行わなければならない。 騒音公害など許されない。

そのためには完勝が必要だ。 マリノス戦の出来を見た限りではとても高いハードルだけど、ハードルが高ければ高いほど力を発揮するウチの選手達に期待する。 人参を目の前にぶら下げられていきり立っている相手をうっちゃることぐらい、空気を読まないウチの選手達の得意技のはずだ。

|

« 何に焦点を当てて戦っているのか?? FC東京vs横浜FM 11月23日(木) | トップページ | 千客万来 FC東京vs浦和 11月26日(日) »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12813933

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦文丈礼賛:

« 何に焦点を当てて戦っているのか?? FC東京vs横浜FM 11月23日(木) | トップページ | 千客万来 FC東京vs浦和 11月26日(日) »