« 全国地域リーグ決勝大会Cグループ 11月24日(金)、25日(土) | トップページ | 大分で感傷的に (観戦記は帰京後) »

2006年12月 2日 (土)

ジャーン退団の報に接して

ジャーンの退団がオフィシャル・メディアであるトーチュウによって報じられてしまった。 しかも本人の口から発せられた話として。

契約継続と非継続。 純粋に戦力の整備という観点なら、どちらの判断もありえると思う。

浦和戦でワシントンを完封した姿を見れば、来年も! と思うけど、シーズンを通して見ると、とても期待どおりに活躍したとは言えない。 だから、もっと伸び代のある若い選手と交代するという判断も、決しておかしくはない。

さらに、もう少しカメラを引いて見てみると、今シーズンは怪我や、監督や右SBの交代が重なって調子が出なかっただけ。 まだ老け込む歳とは言えず、来年になったらまた活躍するだろう、という見方もありえる。 もしそうだとすれば、今回の判断は間違っていたことになる。

結局、今回の判断が良かったか悪かったかは、蓋を開けて見るまで分からない。 だから、責任ある立場の人が現場で見て判断を下したのだったら、それは尊重すべきだろう。

以上は単純に戦力だけで判断した場合の話。

ここからは気持ちや目に見えない部分の話。

ジャーンの人柄、どれだけチームに馴染んでいるか、どんなにサポに愛されているか。 東京サポひとりひとりが実感していることで、改めてここで繰り返すまでもないだろう。

ジャーンは単なる戦力ではなく、共に喜びと苦しみを潜り抜けてきた戦友だ。

今後どんなに優秀で人柄の良いプレーヤーが来たとしても、最初からジャーンのように愛されるのは物理的に無理な話。 そりゃそうだろう。 共に過ごしてきた時間を超えることなど誰にもできないのだから。 (もちろん、最初から拒絶なんかしないし、愛するように努力するけどね。)

ところで、去年も博実の去就が話題となり、続投を支持する声が多かった。 監督の場合、新しい戦術を取り入れるとか、流れを一新するとか、「気持ち」以外の要素も大きく、「愛されているかどうか」だけで判断はできないと思う。 そんなことやほかのこともあり、博実個人がとても好きな俺ではあったけど、当時交代を支持した。

けど、センターバックの場合はどうだろう? 次に来るセンターバックがジャーンよりも少し若くて、少し有能だったとして、チームが大きく変わるだろうか? 共に歴史を経験してきた仲間であるジャーンがいてくれた方が、余程得るものが多いのでは? もうひとつ付け加えると、失点の増大は単純にジャーンや増嶋、徳永、藤山だけに帰せられる問題ではないだろう。 ジャーンはもっともっとやれる選手だと思う。

そして、これはジャーンというひとりの選手の問題ではない。 選手を大切にするクラブであること。 FC東京というクラブのアイデンティティー、今年の流行語を借りるなら「品格」に関わることだ。 そこの部分をもっと重視すれば、違う結論があり得たと思う。

サポという人種は理屈じゃなく、クラブに無償の愛を注ぐ生態の人種だ。 だからと言って、もっと愛し甲斐のあるクラブになってほしいと思うのは贅沢なことなのだろうか?

さて、これから大分に飛び、ジャーンのためにも声を枯らしてきます。

|

« 全国地域リーグ決勝大会Cグループ 11月24日(金)、25日(土) | トップページ | 大分で感傷的に (観戦記は帰京後) »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12888599

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーン退団の報に接して:

« 全国地域リーグ決勝大会Cグループ 11月24日(金)、25日(土) | トップページ | 大分で感傷的に (観戦記は帰京後) »