« 大分で感傷的に (観戦記は帰京後) | トップページ | 全国地域リーグ決勝大会決勝ラウンド 12月2日(土)、3日(日) »

2006年12月 5日 (火)

ア・リトル・トラウマ 大分vsFC東京 12月2日(土)

書きたいことならいっぱいある。 けど、キーボードを打つ指が進まなかったのは、気持ちの整理をつけて、言葉に表すのに時間がかかったから。

アマラオのときも、ケリーのときも、博実のときも、ゆっくりお別れすることができた。 丸亀、鹿児島、松山への旅は、旅自体が別れを受け入れるための儀式だった。 叫んで、別れを味わい尽くして、傍から見れば自分に酔ってるだけかもしれないけど、最後は吹っ切れた。

しかしてジャーン。

てっきり天皇杯も一緒に戦えるものだと思っていたけど、それはかなわず、最後はブツンと断ち切られた形。 怪我なら仕方ない。 小平にも成田にも行けない今となっては、せめて大分には行けてよかった。

そして、畳み掛けるのように、準公式メディアによる博実復帰報道。 それ自体は嬉しいニュースだけど、俺は別れ涙と、再会の感涙を同時に流せるほど器用ではない。

と、ここまで書いてかなり吹っ切れた。 ジャーン、5年間本当にありがとう!

土曜の試合の印象をごく簡単に。

  • 塩田は1対1をセーブしたり、安定していてよい! 何度ペナルティエリア付近でFK取られても、点を取られる気がしなかった。
  • みんな言ってるけど、主審はファウルを取りすぎ。 転べば笛ってのは非常に萎える。 大分の選手は早速主審に合わせたプレーに切り替えてた。
  • 規郎は、納得いかなかったとしても、すぐ退場した方が格好よかった。 追記: コメントいただいたとおり、規郎は審判の指示に従ってメイン側から退場したようです。 昨日のJSportsの再放送でも確認しました。 規郎、ゴメンよ!
  • 栗澤は戸田や梶山が上がるとすかさずカバーリング。 サッカー用語の用例として正しいか分からないけど、文字どおりの「バランサー」という感じ。 よく周りが見えてるけど、パスやドリブルで仕掛けることは少なく、多少物足りない。 
  • 今野は梅崎をマンマーク気味。 梶山が前目だったこともあり、攻めあがる機会は少なかった。
  • ルーカスの得点は気持ち良い!

Osaka 帰りの飛行機から見た大阪の街

博実復帰!

あれだけ盛大なお別れをしておいて、双方照れ笑いを浮かべながらの再会か? ちょっと間抜けだけど、ジタバタ前進するのも、東京らしいといえば東京らしいか?

|

« 大分で感傷的に (観戦記は帰京後) | トップページ | 全国地域リーグ決勝大会決勝ラウンド 12月2日(土)、3日(日) »

FC東京2006」カテゴリの記事

コメント

ノリオは、一旦近い方のライン際から出たところを呼び止められて、逆のライン側(ベンチ側)から出るように言われたみたいでした@MX。

呆然としちゃっていたのでしょうが、時間稼ぎのためのようには見えませんでした。

投稿: tokyo-aho2s | 2006年12月 5日 (火) 08:43

tokyo-aho2s様
ご指摘ありがとうございます。JSportsの放送で確認しました。この場面、規郎はクリーンでしたね。
あわせて本文を修正しました。

投稿: fct-fan | 2006年12月 7日 (木) 19:32

訂正まで…照れますw
現地で見られた方がホントにうらやましいです。
あの浦和戦で今年は終戦でしたから。

投稿: tokyo-aho2s | 2006年12月15日 (金) 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/12925860

この記事へのトラックバック一覧です: ア・リトル・トラウマ 大分vsFC東京 12月2日(土):

« 大分で感傷的に (観戦記は帰京後) | トップページ | 全国地域リーグ決勝大会決勝ラウンド 12月2日(土)、3日(日) »