« スタート! FC東京新体制始動 | トップページ | 福(西)は内? 各スポーツ紙の報道分析 »

2007年1月19日 (金)

罪を憎んで人を憎まず

今朝は嫌な奴でいきます。 (誰だ、「いつも」なんて言ってるヤツは!)

えー、まず自慢から。

柏レイソルにニューウェーブ北九州のFW 池元友樹選手が完全移籍加入

去年の11月、地域リーグ決勝大会のグループリーグを見に行ったとき、当時北九州からFC岐阜にレンタル移籍していた池元のプレーを見て、「いずれJでも見られるのではないか」 と予想したら早速当たったよ~。 (誰かなんかくれないかな。)

冗談はさておき、 地域リーグ(4部)からJ1への移籍って、なかなか凄いですね。 高知には柏スカウトの小見さん来ていたけど、ちゃんと仕事をしていたんだな。 柏にはフランサや北嶋などがいるうえ、佐川急便東京SCから大久保哲哉も加入しているし、チュンソンも阿部ちゃんも厳しい競争を勝ち抜かなければならない。 (頑張れよ~)

次は言い訳

先日の記事で、「いい選手を集めるより、戦術を詰めたほうがいい」 とあるのは一般論に過ぎない、との指摘をいただいた件。 現実の戦力を踏まえない議論は所詮机上の空論で、それで安心などできない、と。

確かに、一般論を当てはめればどんなチームだって強くなるわけで、それだけを根拠に東京が強いことは証明できない。 その点で先日の記事は言葉足らずだったですね.。 すみません。

なお、先日の記事に関してもう一つ言えば、「そもそも戦力格差が広がりにくいJリーグ」 と書いているところもちょっと違うかな。 数年前から徐々に語られているけど、Jリーグもいよいよ格差社会に入りつつある、と。 この点については書きたいことがあるので、いずれ改めて。

最後に悪あがき

けど、出て行ったメンバーと入ってきたメンバーを見比べても、やっぱり、そんな悪いメンバーじゃないんじゃん。 層が薄い? 左サイド? スズケンはどうよ? 森村だって凄いぞ。 ボランチ? 池上を信じよう。 それに、博実は2005年ベテランの使い方も上手かったし。

そう。 それでも、博実は強いチームを作るさ。 (最後は良い人ぶって。)

|

« スタート! FC東京新体制始動 | トップページ | 福(西)は内? 各スポーツ紙の報道分析 »

FC東京2007」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

小見さん、本当に池元連れて行ってしまいましたね…柏に!

それにしても柏の活発な補強には驚かされました。
そう、そんな最中にレンタルで行ってしまった阿部ちゃんは大変ですよね!
佐川東京からの大久保もいるし、李もいますし、某佐藤さんも完全移籍だし…

柏さんは、長ぐぁい目で、生暖かく見守ってあげましょう。


東京は……
もっとぬるい目で(嘘)

巷では、誰を取り損ねたとか、誰それはどっかに持っていかれたとか…
まぁ、ケリーみたいに開幕直前(3日前でしたっけ?)での電撃移籍(しかもアンタ誰?!みたいな雰囲気だったし…)とか、シーズン途中での福田ケンジやササのような例もあるし、始まる前から心配しても仕方ありませんよね?!

そもそも、本当に「わんちょぺ」が来てくれたんですから。
そんな一度に望んでは贅沢ってものですよ!(汗)

投稿: LQO | 2007年1月19日 (金) 20:18

LQO様
コメントありがとうございます。
正直、今の戦力をどう見ればいいのか、
いまいち分かりかねる部分がありますが、
迷うのであれば、前向きな方に考えたい
と思います。
また、どこかで。

投稿: fct-fan | 2007年1月20日 (土) 00:34

この間、私は変な事を言っていましたけども、それは今回の福西獲得の様な事柄が、まだ1~2例lくらいは、絶対あると内心で思っていたからです。

しかし、まさかそれが福西だったとは、本当に意外でしたね。

只、気になるのは、福西の性格はともかく、彼の経歴があまりにも派手な事。

加地やケリー加入の時の様に、いつも地味~な選手獲得の手腕に長けた東京フロントですから、私はそれほど心配していませんでした。

強いて当てはめると、八田がその系統に該当していそうですが、果たしてどうでしょうか…

こればっかりは、実際蓋を開けてみない事には、判りませんので、暫く見守りたいと思っています。

投稿: LQO | 2007年1月24日 (水) 01:37

>気になるのは、福西の性格はともかく、彼の経歴があまりにも派手な事。

考えてみれば、これまでにない経験ですよね。
チーム内にどんな空気の変化があるのかないのか、見守っていきたいですね。

投稿: fct-fan | 2007年1月25日 (木) 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/13510518

この記事へのトラックバック一覧です: 罪を憎んで人を憎まず:

» 南米仕込みのドリブラー [Bohemian Rhapsody]
シンデレラストーリー、それは誰もが夢見る御伽噺。叶えるのは非常な困難が伴います。これは自らの力強いドリブルと意思によって、その「ひとにぎりの夢」を叶えたひとりのサッカー選手の話です。 2006年1月17日、僕にとって見覚えのある選手の名前が柏レイソルの公式ホームペ... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 12:18

« スタート! FC東京新体制始動 | トップページ | 福(西)は内? 各スポーツ紙の報道分析 »