« 練習試合 FC東京vsサガン鳥栖 2月11日(日) | トップページ | 南九州ミニ放浪記 (その2) 「キャンプ」というものを巡る一考察編 »

2007年2月14日 (水)

南九州ミニ放浪記 (その1) 九州上陸編

盛りだくさんの週末でした。 今、南九州はスポーツのメッカ。 思わぬところで関係者との遭遇があったり、とても楽しい週末でした。

土曜、京都でこちらの方とバレーボールを観戦後、九州へ。

Kanku Fukuoka

伊丹・関空・神戸発の宮崎・鹿児島行き、いずれも間に合わないので、関空から福岡に飛んだ。

Hakata Ichiran

福岡では天神まで繰り出す時間が無いときにいつも寄ってる博多駅地下の一蘭へ。 評判はまちまちだけど、私は好きです。

日曜の朝、プロペラ機で鹿児島へ。

Q400

ジェット機より推進力がないためか、揺れ方がふわふわしている。 慣れると気持ちいい。

Aso00 Aso01

阿蘇の外輪は、大きすぎて飛行機からでも視界に捉えきれない。

Takachiho00 Takachiho01

高千穂の山々。 なんか神々しい。

Sakurajima

桜島でごわす。

Kagoshima00 Kagoshima01_1

鹿児島空港に到着。

これを見てキャンプは観光資源なんだと思った。 しかし、翌日、その考えを改めることとなる。

Ashiyu01
Ashiyu00_1 

足湯です。

路線バスで日豊本線国分駅に出て、そこから鉄路、都城に向かう。

バスの発車を待っていると、見慣れた顔が。

Omi

柏レイソルのスカウトの小見さんだ。 小見さんは、去年11月、高知での地域リーグ決勝大会Cグループにも来ていたり、よく見かけるな。 これが思わぬ出会い(その1)。 しかし、この後の出会いに比べればまだ小さい小さい。

Reysol

ちなみにレイソルは国分でキャンプを張っているのだ。 バスにはレイソルサポらしき人も乗っていた。

Kokubu01 Kokubu02

国分駅。 もちろん初めて来た。

Kokubu00

スカスカの、いや、ゆとりのあるダイア。 30分空いたので何かを食べようとしたが、あいにく駅周辺にはチェーン店しか見当たらなかった。

Kirishima_1

列車がやってきた。

Kirishima02

列車は森林奥深く。

Kirishima01 Kirishima03

霧島連峰が姿を見せる。

Kirishima04

山間の農村を走る。

Miyakonojyo05 Miyakonojyo00

県境を越え、都城市へ。 

Miyakonojyo02 Miyakonojyo03

寂しい駅前。 日曜ということでしまっている店が多い。

駅前には、一見東京を感じさせるものが何もないが・・・。

国道へ出ると、フラッグが!

Miyakonojyo06

唯一開いていた薄汚れたラーメン屋さんで空揚げ定食を食べる。 これが美味しかったりする。

Karaage

レンタカー屋さんにもFC東京キャンプの日程表とメンバー表が置いてある。

Belita 今回の愛車ベリータ

一路、キャンプ地・高城運動公園へ向かう。

Miyakonojyo04

その前に、高城町郷土資料館へ。

Takajyo00

街の歴史を学べる。

かつて、この街には容姿の美しい娘がいて、仁徳天皇の后となったらしい。 仁徳天皇なら、前の日、阪和線で関空に向かう途中、お墓というか前方後円墳の真横を通ったばかりじゃないか。 なんか縁を感じるな。

Takajyo01 Takajyo02

で、運動公園へ! 練習試合の模様はこちら

試合後、しばらく若手の練習を見学。 すっかり人気がなくなり、冷えてきた会場を後にし、近くの公共温泉 「観音 さくらの里」 へ。

Onsen00 Onsen01

なんと、ここには鳥栖の選手達が来ていたのだ!

脱衣所で、Umbroのウェアが入った籠が多いことに気づき、こりゃもしかするぞ!、と思ったらやっぱり。 ついさっきまで、FC東京と試合をしていた選手達が温泉に来ていました。

宮原とか、山口貴之とか、ブラジル人選手も、みんないる! (もちろんみんな素っ裸!)

その横で、何も知らないおじいさんやお父さんと子供が湯船に浸かっている、なんとも不思議な空間。

ジロジロ見るのも怪しすぎるので、サッカーなんて全然興味ないよ~、というフリを演じつつ、ゆっくり温まって出てきた。

脱衣所で服を着ていると、見たことある人が入ってきた。 元鹿島アントラーズの元FC東京のDF内藤就行。 今は鳥栖のコーチだった。

で、宿に戻り、フロントに教えてもらった郷土料理の店に行く。 もちろん地鶏!

宮崎市では骨付きで真っ黒に焼くのに対し、都城の地鶏は骨から外してレア気味で出すのが特徴らしい。 けど、この店は骨付きで焼き上げ方はミディアムレアという折衷方式。 これが一番美味い、とのこと。 確かにジューシーさと歯ごたえとが絶妙。 これは美味い。

Jidori

女将さんの息子自慢(料亭で板前をやっているらしい)が微笑ましかった。 平山なら知っている地元のお客さんに今野をアピールしつつ、芋焼酎を満たしたグラスを傾けながら、日曜の夜は更けていった。。。

長くなったので、とりあえずこの辺で。 月曜には東京の練習のほか、ソフトバンクのキャンプやアビスパvsセレッソの練習試合などを見た。 その模様は改めて。

ところで、私は土肥や藤島と同じ年なんですが、去年で勤続満10年なんですね。 で、リフレッシュ休暇なる制度があって、有給とは別に3日間の休みをもらえるのです。 それを3月中に消化しなければならない。 昨日はどうしても会社に行かなければならなかったのですが、今週残りは休暇を取ったので、再びこれから都城に行ってきます。

|

« 練習試合 FC東京vsサガン鳥栖 2月11日(日) | トップページ | 南九州ミニ放浪記 (その2) 「キャンプ」というものを巡る一考察編 »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

バレーボール」カテゴリの記事

旅(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/13902185

この記事へのトラックバック一覧です: 南九州ミニ放浪記 (その1) 九州上陸編:

« 練習試合 FC東京vsサガン鳥栖 2月11日(日) | トップページ | 南九州ミニ放浪記 (その2) 「キャンプ」というものを巡る一考察編 »