« 大山崎発 都城行き (博多経由) | トップページ | 南九州ミニ放浪記 (その1) 九州上陸編 »

2007年2月12日 (月)

練習試合 FC東京vsサガン鳥栖 2月11日(日)

都城盆地に陽が降り注ぎ、上着が要らないほどポカポカした一日でした。 遠くそびえる霧島が見守る中、練習試合が行われました。 (詳細はオフィシャルをご覧ください。)

Kirishima

結果は2-2でしたが、主力組が出た一本目に限ると0-2。 これから連動を煮詰めていく、という感じでしょう。 (傾斜がほとんどないゴール裏で観ていたので、あくまでも印象です。)

Test_match00

試合前、博実が 「今日は最初から行くぞ!」 と気合いをいれ、東京が中盤で激しいプレスを仕掛けます。 ワンチョペも守備していました。 けど、個々の選手は頑張ってはいるものの、一人が追い込んでも、そこに他の選手が入ってきて奪えない。

それに対し、鳥栖は3年前からしっかり繋ぐ形が身についているチーム。 うまくプレスをいなし、かいくぐって、繋いでくる。 まず、スローインのボールを裏に抜けられて0-1。 さらにCKのこぼれ球を押し込まれて0-2。

東京はお互いの意図が合わず、ボールを前線に運べない。 例えばこんなシーン。 せっかく右サイドで数的優位をつくってボールを奪っても、あっさり数的不利の逆サイドや前線にロングボールを蹴り出してカウンターを受けたり、こぼれ球に対して数人が反応して、お互いに邪魔し合ってキープできなかったり。 一つ一つ修正していくしかありませんね。 今はそのための時間なんでしょう。

Kamijyo06

サブ組は元気がありました。

平山は噂どおり凄いですね。 動きにキレがあるだけでなく、ボールを持つ間合いに余裕があり、ディフェンスに囲まれても相手が飛び込んでこれない。 ゴールに向かう姿勢も貪欲。 ずっとこの調子をキープして欲しいものです。

Hirayama_1

栗も凄かった。 とにかく運動量が凄い。 ボランチなのにゴール前でシュートを狙っているかと思えば最終ラインでボールをカット。 フィールドいっぱい駆け回っていました。 真ん中にどっしりしている浅利とのコンビネーションも良い印象です。

Kurisawa

あと、右SBの池上が、積極的に攻撃参加し、チャンスを演出していました。 これまで見た試合ではいつも無難な印象に終始していたものの、昨日は自分の表現を使わせてもらえば、「試合に入ってきていた」 という印象があります。

石垣島ではまだ日本のスピードに慣れていなかった感じだった鈴木健児も、昨日は良かったですね。

まだまだ書き足りないものの、これから練習見学に出かけるのでこの辺で。 あとは写真をご覧ください。

Kamijyo00 練習場近くにFC東京キャンプ会場の案内

Kamijyo01 多摩ナンバーのバイクが!

 

Kamijyo03 鳥栖からもツアー

Kamijyo02 会場に新作ポスター

Kamijyo05 こんなものまで!

Gonta 練習する権田

Yoshimoto MXの取材を受ける吉本

Evaldo00 だいぶ激しい練習をするようになったエバウド

Evaldo01 左ひざには厳重なテーピング

Nao00 石川も復帰が近いか

Nao01 多くの女性ファンに見守れながら練習

Kamijyo07 こういう歓迎は嬉しいですね。

Kamijyo08 若手の練習を見守る霧島

観光の様子や、思わぬ場所での鳥栖の選手達との遭遇、そして地鶏を満喫した話などは帰京後に。

蛇足

昨日はFC東京実況板にいろいろ書き込んだら、「実況神」のお言葉を頂戴しました。 特に、「黙々と走りこみをする新13番」という書き込みは反響が大き く、嬉しかったです。 臀部を気にしているのは私も見ました。 言われてみれば気になりますが、単なる癖じゃないか?とも思います。

できれば今日もいろ いろ書き込んでみたいと思います。

|

« 大山崎発 都城行き (博多経由) | トップページ | 南九州ミニ放浪記 (その1) 九州上陸編 »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

旅(国内)」カテゴリの記事

コメント

強行日程での練習試合レポ、ご苦労様です。

ダービーには、落ち着いたプレーぶりで勝ちましたし、本当に今年の東京のバレーボールチームは強くなったという手応えがありましたよ。

東京のフットボールチームの方は、まだまだ調整段階の様ですね。
でも、開幕までまだ間がありますし、焦らずに一年間の長丁場を乗り切れる状態になってくれれば良いと思います。

投稿: LQO | 2007年2月13日 (火) 03:43

LQO様、お疲れ様でした!
また、応援に関するレポもありがとうございます。確かに、東京での東京ダービーをやれば、私のような新たに興味を持った人も、行きやすいですよね。
さておき、ダービー勝ったようで何よりですね。
なんとか入替戦まで突っ走り、その勢いで上がったら・・・ 面白そうです。

投稿: fct-fan | 2007年2月14日 (水) 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/13877463

この記事へのトラックバック一覧です: 練習試合 FC東京vsサガン鳥栖 2月11日(日):

« 大山崎発 都城行き (博多経由) | トップページ | 南九州ミニ放浪記 (その1) 九州上陸編 »