« ファンタジーサッカー 第2節 | トップページ | 北京オリンピック二次予選 マレーシア戦 (と香港戦) »

2007年3月11日 (日)

キャプテン今野 勝利の船出 大宮vsFC東京 3月10日(土)

今シーズン、キックオフ前に選手全員の名前をコールするのが復活したね。 一昨年の連敗中あたりからユルネバをエンドレスで歌ったり(あれはあれで良かったけど)、話題の選手だけをコールすることが増えたけど、俺は全員の名前をきっちりコールするのが好きなので嬉しい。

キックオフ前、選手11人の名前をコールしながら、ピッチに散った選手たちの姿を追うものの、今野が見当たらない。 と思ったら、審判と一緒にメイン側のサイドライン際にいた。 そして腕には黄色いキャプテン・マークが! キャプテン今野の誕生!

これをきっかけに、これまで足りなかったコーチングやリーダーシップの部分を今野が伸ばし、文字通り中盤の軍曹として君臨してくれれば、東京はもっと安定した戦い方ができるだろう。 そして、昨シーズンから今野の言葉の端々から滲み出ていた、現状に対する物足りなさや悔しさも、自分の手で多少なりとも打破できるのではないだろうか。

その今野。 福西より引き気味の、中盤の底と言ってよいポジションで大悟をマーク。 前半はCKから得点を決めた以外あまり目立たなかったけど、時間が進むにつれて攻撃的な守備が冴えていき、ボール奪取から楔のパスやスペースへのパス、そして果敢な攻め上がりを見せてくれた。 今ちゃんいいよ!

今野と「J最強」ボランチ・コンビ(@清水秀彦)を組んだ福西。 結構前目の位置取りで、栗澤とコンビを組んでいるように見えることも。 相変わらずキープがうまいし、視野が広くて次に繋がるパスを出す。 福西を見ていると勉強になるし面白い。 そして東京での初ゴール! この日スタジアムにいた東京サポに向けた改めての挨拶のような一発だった。 怪我は大丈夫だろうか?

CBは徳永と藤山。 (吉本は水曜までU-20代表に召集されていたらしい。 そして千葉に45分×3の練習試合で1-7とボコられたらしい。 試練が続くけど、その一つ一つを糧にして、大きくなって帰って来い!)

先週の藤山の活躍は期間限定かもしれないと思ったけど、藤山は今週もよかった! 前に出て、攻撃を未然に摘む精度が去年はもちろん一昨年よりも上がっている。 そして、奪ったあとのキープとパスとクリアの判断も。 中途半端に奪われてカウンターを食らうことが減った。 若林との18cm差対決でも危なげなかったと思う。

トップ下は梶山に代わって栗澤。 今シーズン初出場の栗澤は、ミスなくボールを繋ぎ、守備ではスペースをきちんと埋めて相手の攻撃を遅らせ、彼らしい堅実なプレーを見せた。 かと思えば、福西にキーパーと1対1になるラストパスを出したり、強烈なミドルシュートを放ったり、意外性のあるプレーも見せた。 パスコースが偏って単調になりがちだったり、1対1で競り勝てないなどの弱点もあるけど、今、このポジションで一番安心して使える選手だろう。

土肥はシュートへの反応は凄かった。 けど、広島戦で(というかW杯以降)問題だったのは前に飛び出してカバーするエリアが極端に狭くなってしまったこと。 昨日はDFラインも極端には上げてなかったし、飛び出さなければならない場面自体があまりなかったので、まだ復調したかどうかは判断できないと思う。

平山はワントップとして複数のマークを受けながら楔のパスを受けたり、ロングボールを追いかけたり、クロスを競ったり、仕事が多くて大変だったけど、一生懸命頑張っていたと思う。 3、4回あったチャンスを1つでも決めてくれていれば文句なしだったんだけど。。。 ワンチョペとの交代サインが出てからの頑張りにはみんな笑っていたね。 「シュートを10本打って入らなければ、100本打つしかない。」 いいこと言うね。

ワンチョペに関しては、彼がまだウチに合っていないとも言えるけど、逆に、ウチがまだワンチョペに合ってないとも言える。 宮崎でもそうだったけど、ワンチョペがボールを欲しがっているタイミングでボールが入らない。 というよりパスを出す側に、そのタイミングで渡す発想がない。 サイドをキッチリえぐってから相手DFが待ち構えているところにクロスを入れるよりも、アバウトでもいいからワンチョペのニア側のスペースにグラウンダーのパスを出して走りこませたり、アーリー気味に相手の裏に抜ける斜めパスを出せば、10回に1回はうまく処理してくれるような気がするのだが・・・。 もちろん、ワンチョペもウチのやり方を覚えてくれれば、それに越したことはないのだろうけど、それはあまり期待薄・・・。

で、スコアこそ2-0の勝利だったものの、全体では互角。 先週の反省からか、ウチの両サイド(特に規郎)が引き気味で、栗澤もあまり前に顔を出さず、平山が完全に孤立。 そこでボールを失って攻撃を継続できず、相手に支配される時間が長かった。

差を分けたのはセットプレー。 大宮も結構いい場所でのセットプレーがあり、橋本のバーを叩いたFKは完全にやられたと思った(藤本主税小林大悟もそう思ったらしい)。 ウチとしては大悟と森田浩史にトラウマがあるのだが、大悟はFKを蹴らず、森田も出場せず。 他方、大宮は今野に2年連続でヘディング・ゴールを許し、2点目の場面では判定に苛立って、冷静さを失っていた。 こういう試合をモノにできるなんて、ウチも伊達に8年間J1やっている訳じゃないのかな。

埼スタには初めて自家用車で行ってみた。 帰り、テレビ埼玉の録画中継を見る。 (自宅では映らないテレビ埼玉を車の中では見られるのが不思議。) 福西のゴールシーンがやってくる前に自宅に着きそうだったので、ほんのちょっとだけ遠回り。 自宅近くではテレビ埼玉の電波が弱く、少しピンボケだったけど、福西の東京初ゴールをしかと見届けた。

さて、これからバレーボールの東京ダービーを見てきます。

|

« ファンタジーサッカー 第2節 | トップページ | 北京オリンピック二次予選 マレーシア戦 (と香港戦) »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

バレーボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/14215716

この記事へのトラックバック一覧です: キャプテン今野 勝利の船出 大宮vsFC東京 3月10日(土):

« ファンタジーサッカー 第2節 | トップページ | 北京オリンピック二次予選 マレーシア戦 (と香港戦) »