« 九州ダービー | トップページ | ファンタジーサッカー 第2節 »

2007年3月 6日 (火)

九州ダービーに行ってきた 鳥栖vs福岡 3月4日(日)

搭乗回数に応じてボーナスFOPを上げちゃう、というJALの必死な決算対策太っ腹なキャンペーンにまんまと乗せられて合わせて、鳥栖まで九州ダービーを見に行ってきた。

「搭乗回数に応じて」というのがミソなので、福岡に行くのにわざわざ羽田→伊丹→松山→福岡と日本列島を刻みながら飛ぶ・・・。 いわゆる、マイル修行とか、マイル乞食などと言われる旅です。 当然、直行便よりも時間がかかるので、羽田発6:30の始発便。

なのに起きたのが5時30分! 慌てて着替えて、下書きしておいたブログ記事をアップして、帽子を被って寝癖を隠して、電車では到底間に合わないので首都高をぶっ飛ばして、携帯でウェブチェックインして(もちろん、停車してからです。平山君。)、ふぅ~、なんとか間に合った。

で、飛び込んできたのがこの↓富士山。

Mt_fuji_2

やっぱりいいなぁ。

飛行機では大抵窓際の席を予約する。 空から見る日本、というか地球は美しいですよ。 宮崎の帰りには足摺岬と室戸岬が同時に見えた。 地上ではありえない窓の外の景色に釘付け。

話題が脱線した・・・。 伊丹で朝食を食べて、去年行った岡山の桃太郎スタジアムを空から見つけて、松山でポンジュースを飲んで、海の中道を見下ろしながら福岡入りしたのがお昼前。

福岡はめちゃくちゃ良い陽気でした。 冬の服装で行ったら暑い暑い。

Ohori_park Maizuru

大濠公園、舞鶴公園を歩き、

Korokan02_1 Korokan01

平和台球場跡地と、

Korokan03 Korokan04

鴻臚館を覗いた。 遣隋使・遣唐使の時代の日本の迎賓館。 前回までは、毎回来るたびに新しい発掘の成果が陳列されていたんだけど、今回は前回(1年半前)から特に変更なし。

Maizuru_park

暖冬とは言え、桜のつぼみはまだまだこれから。

Nagahamaya00 Nagahamaya01

行列のできる某有名店でラーメンを食べ、

Tosu_station00 Tosu_station01

電車で鳥栖に移動し、

Kashiwa_udon00 Kashiwa_udon01

鳥栖駅のホームでかしわうどんを食べ、

Tosu_stadium00

スタジアムに到着!

Tosu_stadium01

1万4千人も入った!

Avispa00 Sagan01

いやぁ、鳥栖スタジアムは本当に見やすいですね。 近いし、全体を俯瞰できるし。

鳥栖は3週間前、都城でウチの主力組相手に2-0で勝ったけど、この日は・・・。

Kick_off Wintosu

競った試合を期待したものの、一方的な福岡ペースに・・・。

鳥栖は4-4-2でこんな感じ。

__25_11
__22_18
__23_15
16_3_13_26
___12

福岡はこんな並びだったかな?

___19
_10_3_11
___18
____6
8__2__17_20
___1

キックオフ直後こそ、鳥栖が鋭い出足でペースを握ったけど、アビスパは中盤の底の布部がピンチをきっちり摘み取り、次第にペースを奪い返していく。

まず、右サイドからのロングボールを受けた左サイド久藤が中に折り返し、そこに昨年までの左SBから今年はMFになったアレックスが詰めて福岡が先制。 アレックスはトップ下のような位置取りで、存分にスピードと攻撃力を発揮していた。

直後、相手陣地でのスローインが流れたところに走りこんだ布部がロングミドルシュートを決めて2-0。

印象的だったのは、福岡が前半途中15分間くらい3バックにし、CBの川島が完全にFWの位置でプレーしたこと。 福岡の選手達は試合中のシステム変更をまったく混乱なく実行に移し、逆に鳥栖のディフェンスは混乱に陥った。 伊達にリティーは南半球で揉まれ、クラブワールドカップに出たわけじゃなかったようだ。

鳥栖の両ボランチは引いてプレーせざるを得ず、ツートップやサイドに開き気味の2列目との距離が遠すぎて、攻撃に厚みがでない。 トップにボールを当てても、サイドにボールを預けても、すぐに囲まれては奪われるを繰り返し、まったくペースを掴めない。

鳥栖は後半から尹が出て、中盤でのキープ力は増したけど、福岡にとってはむしろチェックする相手がはっきりした様子で、鳥栖はチャンスに結びつけられない。 去年水戸で17得点で同じく途中出場のアンデルソンも活躍の場面はなかった。

イケイケの福岡はサイドで得たFKとCKから2得点を加え、さらに、この日なかなかチャンスを決められずにいた右ウィングハーフ田中がシュート性のクロスに触って方向を変えたボールがゴールに吸い込まれ、5-0。 2年ぶりのJ2九州ダービーでホーム鳥栖を完膚なきまでに叩き潰した。

Tosu_stadium02 Tosu_stadium03

鳥栖は新居の穴という以前に、自分達のサッカーをさせてもらえなかった。 若い選手達は、開幕戦の緊張からか、早々に先制を許した焦りからか、パスサッカーを実行できず、完全に壊れてしまっていた(あるいは、スキルが足りなかったのか)。 デリケートなパスサッカーを身に付けるのはまだまだ先か。

対する福岡は、宮崎でのセレッソとの練習試合ではまだポゼッションサッカーを消化しきれてない印象だったけど、この日はどの選手も一歩目の出足が鋭く、難しいパスでさえサクサク通った。 ちょっと出来すぎな印象もあったけど、この調子をキープしてスタートダッシュを決められれば、有力な昇格候補だろう。

Sagan02

それにしてもJ's GOAL。 鳥栖の選手のコメントを律儀に取る記者も気分が落ち込んだだろうなぁ・・・。

Hayabusa

鳥栖駅で電車を待っていたら、東京行きの寝台列車がやってきた。 これに乗れば家に帰れるのか。 なんか不思議な感じ。

昔、稚内駅で急行利尻を見送り、自分は夜行バスで札幌に先回りして、翌朝、札幌駅で再び急行利尻を出迎える、ということをしたけど、今回はさすがに月曜の朝に東京駅でこの列車を迎える、なんてことはせず、ちゃんと出社しました。

|

« 九州ダービー | トップページ | ファンタジーサッカー 第2節 »

J2」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

旅(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/14146881

この記事へのトラックバック一覧です: 九州ダービーに行ってきた 鳥栖vs福岡 3月4日(日):

» 鳥栖×福岡観戦記 [MASARUのブログ]
サッカーファンのfct fanさんが、先日のJ2開幕戦の鳥栖×福岡戦を観戦に関東から鳥栖スタジアムへいらっしゃったようです。 fct fanさんのブログ(以下リンクより参照)には画像も掲載されております。 画像を見ると、現場では俯瞰しての観戦も可能なようです。 ゴー....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 23:23

« 九州ダービー | トップページ | ファンタジーサッカー 第2節 »