« 強くて弱いFC東京 神戸vsFC東京 4月28日(土) | トップページ | 自転車に乗って プ・リーグ FC東京U-18vs佐野日大高校、JFL 横河武蔵野FCvs栃木SC 5月3日(木) »

2007年5月 4日 (金)

自分のことで精一杯 FC東京vs鹿島 5月3日(木)

ハーフタイムにお会いした知人二人が、奇しくも同じセリフを発した。 「今日の鹿島には勝ちたい」と。

それは願望というより、昨日の鹿島に勝てないようじゃどうしようもない、という風に聞こえた。 そして、それは俺も同じ意見だった。

前半の鹿島はミスも多ければ、フリーになる動きも少なく、グダグダの東京に合わせてくれているかのような酷い出来。 先週、浦和相手に押し込んだチームにはとても見えなかった。 まぁ、東京に対して浦和戦と同じように燃えろ、というのも無理な話かもしれないが、それにしても、先週の片鱗すら見えなかったのである。

そして後半、東京が先制。 ところが、これで鹿島の動きが良くなる。 運動量が少ないうえ、ミスも多かったダニーロに代えて誓志が投入され、前半は低い位置にいた野沢もいやらしい攻撃参加を繰り返すようになった。

ここで東京はワンチョペとナオに代えて規郎とユータを投入。 ここ数試合、交代出場でまずまずの動きを見せていた二人だったが、事態は好転せず。

むしろ、ユータ投入は鹿島に「プレスのかけどころ」、「ボールの奪いどころ」を提供した形になった。 また、規郎のポジショニングの悪さで東京ディフェンスは混乱した。

神戸や大分が相手であれば、もしかするとユータとルーカス、梶山を中心に堂々繋ぐサッカーで最後まで攻めきれたかもしれない。 けど、昨日の相手は鹿島。 衰えたとは言え、勝つためのノウハウという点では、今でもJ随一のものを持っているチーム。 そんなチームを相手に、正面から攻撃を仕掛けるとは、結果論でしかないのだが、あまりにもナイーブだった。

積極的に攻撃を組み立てるのではなく、前半のようにルーカスのキープ力やワンチョペの一発に賭けて、栗澤がそのサポートに回る戦い方の方が良かったのだろう。 中途半端に攻撃してくれた方が、狙いを絞れて楽、ということがあるが、鹿島にとって後半の東京はまさにそんな感じだった。

そして最後は放り込み。 けど、ワンチョペも赤嶺もいない。 なんともチグハグ。

采配が悪いと言われれば、確かに悪いのだが、相手に合わせるより自分達のスタイルを貫く、と日頃から公言している監督。 いまさら言っても仕方ないかな。

とは言え、ホーム磐田戦も似たような感じだったよね。 攻めるけど、攻め切れず、一瞬の隙にやられる、と。

そろそろ失敗から学んで欲しいけど、自分達のスタイルすらまだ見せられない状況では、自分のことだけで精一杯で、とても相手に合わせる余裕もないのだろう。

けど、自戒も込めて書くと、失敗から学ばなければ、馬○と言われても仕方ない。 今の東京は、いろんな意味で馬○に見える。

○=昨日の対戦相手

昨日はプリンスリーグ(11時KO)→JFL横河武蔵野vs栃木SC(13時KO)と自転車でハシゴした。 その模様は追って。

|

« 強くて弱いFC東京 神戸vsFC東京 4月28日(土) | トップページ | 自転車に乗って プ・リーグ FC東京U-18vs佐野日大高校、JFL 横河武蔵野FCvs栃木SC 5月3日(木) »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/14940496

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のことで精一杯 FC東京vs鹿島 5月3日(木):

« 強くて弱いFC東京 神戸vsFC東京 4月28日(土) | トップページ | 自転車に乗って プ・リーグ FC東京U-18vs佐野日大高校、JFL 横河武蔵野FCvs栃木SC 5月3日(木) »