« サイバーエージェントvsグッドウィルグループ | トップページ | 草津vs京都 甲府vs清水 東京ヴェルディvs湘南 5月19日(土)~20日(日) »

2007年5月22日 (火)

「プレス対決」の顛末は・・・ 横浜FMvsFC東京 5月20日(日)

試合前には「プレス対決」などと言われた試合。 「プレス」という言葉を聞いて自分がイメージしてしまったのは次のような感じ。

  • 高い位置でも低い位置でも必死に相手に食らいてボールを奪う
  • 奪ったボールはとにかく早く(速く)前かサイドに出す
  • ボールを受けたら相手の守備が整わないうちにクロスかシュートにまで持っていく

「スピード」や「ガンバリズム」が多めの一方、「スペースを活かす動き」や「3人目の動き」は少なめ。 ハイスピードかつピンポイントで合わせなければならない場面が多いので成功率も低め。 シンプルさに磨きをかけた「東京流プレスサッカー」。 (追記: 決して悪口のつもりはないです。 事実、相手からも嫌がられていたし、このサッカーでタイトルも取っているのですから。)

試合

この日もそういうサッカーの応酬になるのかな、と思ったのだが、蓋を開けてみると、マリノスは意外や予想をあざ笑うかのような試合運びを見せて、なんか肩透かしを食らう。

マリノスのプレスはTVで観たフロンターレ戦ほど厳しくはなく、攻撃も特に速くはない。 まず大島にボールを当て、こぼれ玉を坂田が拾い、山瀬ブラザースや吉田、時にはSBが上がってくる。 じっくりキープというほどではないが、ある程度能動的に組み立てる。 まぁ、「組み立てる」とは言っても、フロンターレほど連動しているわけでも、鹿島にやられたときのように「ここぞ」というときの集中力があるわけでも、かつてのジェフのように複雑なことをやっている訳でもないのだが。

よく言えばスマートだけど、悪く言えば怖さ、意外性のない攻撃。 だから、東京が集中力を切らさなければ最後まで凌ぎ切れるのではないか?、最低勝ち点1は取れるんじゃないか? と思った。

他方、東京の攻撃は、ワンチョペが中澤を釘付けにして、その隙を突いてリチェーリや川口がいい形でボールを持つのだが、当人・周囲ともにその次の工夫が足りず、いいところまで行っても、得点の香りがしない。

相変わらずだなぁと思っていたら、均衡を破ったのが、福西という従来の東京の枠に留まらない選手だったのは象徴的、というか必然だったのかもしれない。 いきなりあそこからシュートを打つんだもんね。 打った瞬間、「あ、打った」、「あれ、哲也が前に出ているぞ。これ入るんじゃねえ?」、「うぉ~、吸い込まれたぁー"#$%('&%$~|?*>#~」

だいたい梶山は「危険な男」宣言なんてカッコいいこと言っておきながら、シュートを打たな過ぎるよ。 少しは福西を見習って・・・以下略。 まぁ、海を越えて連戦中なのによく走って頑張ってた。 MOTは梶山かな、と一瞬思った。

その福西はルーカスに代わって入った。 ワンチョペを残したのは、ベンチにいるマイク・ハーフナー対策かな? と思ったのだが、ルーカスが体調不良だったのか。 ルーカスお疲れ様。

エルゴラ紙が言うところの「プレス対決」を実践していたのは東京の方。 特に後半。 サバンナで獲物に群がる肉食獣のごとく、マリノスの選手に群がる東京の選手達。 あれには理屈を超えて熱くなった。 全選手が最後までよく動いて頑張ってた。 ロスタイムにユルネバを歌ったのも良かった。

特に今野はなんでも自分のものに消化していて、いまやいっぱしの好CB。 彼の伸びしろの大きさ、柔軟さには驚きを超えて、空恐ろしくなる。 オシムにもいいアピールになったはず。 結局、MOTは今野にした。

ここまで、そして今後・・・

「前線からのプレス」というタスクを与えられたことで、やることがはっきりして、迷いがなくなった東京。 月曜のエルゴラ紙一面の浦和の記事に「"勝利"という特効薬」という見出しが付いていたけど、今の東京にも当てはまると思う。

大宮戦や横浜FC戦、ナビスコ大分戦や磐田戦には勝ったものの、戦い方のイメージはぼやけていた。 けど、千葉戦以降は原さんがやることがはっきりさせたうえに、結果もシンクロし始めた。 まさに特効薬。

けど、東京には遅かれ早かれ漢方薬も必要だと思うんですよ。 今の良さは殺さず、攻めのオプションを増やすような体質改善を。 原さん、まずはセットプレーの整備あたりからどうでしょうね?

ふと、気が付いてみたら、いまや東京は、選手の素材という点で、3年前にリーグ2連覇を果たしたマリノスに並んだか、下手すれば上回っている。 徳永や規郎、伊野波にしても、素の能力はきわめて高い。 (にも関わらず、藤山と浅利が今でも重要な役割を演じているのは面白いし、素晴らしい。) それに相応しい結果と内容を追求したいですね。

|

« サイバーエージェントvsグッドウィルグループ | トップページ | 草津vs京都 甲府vs清水 東京ヴェルディvs湘南 5月19日(土)~20日(日) »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/15150130

この記事へのトラックバック一覧です: 「プレス対決」の顛末は・・・ 横浜FMvsFC東京 5月20日(日):

« サイバーエージェントvsグッドウィルグループ | トップページ | 草津vs京都 甲府vs清水 東京ヴェルディvs湘南 5月19日(土)~20日(日) »