« 弱者の戦い方 東京は? 川崎vs大宮 5月27日(日) | トップページ | ビッグフレームス交歓会に申し込んだ »

2007年5月31日 (木)

一ヶ月遅れの姫路、鳴門旅行記 徳島vs福岡 4月29日(日)

ちょっと前の話ですが、GW・アウェイ神戸戦の前後に姫路と徳島(鳴門)に行ってきた旅行記です。

姫路編

まずは国宝にして世界遺産、姫路城を見に行ってきた。

Akashi_bridge01_1

伊丹から姫路に向かう途中、電車から明石海峡大橋が見える。

Dry_mountain00 Dry_mountain01

加古川あたりを過ぎると、瀬戸内っぽく風景が乾いてくる。

Himeji_city00_1 Himeji_city02

姫路に到着! 駅から姫路城までの大手前通りは「日本の道100選」に選ばれているらしい。

Himeji_castle05 Himeji_castle00

歩いて姫路城へ。 外国人、特にドイツ人が多かった。 ドイツ人だから律儀に「世界遺産」と名のつくところに来るんじゃないかなぁ。 フランス人なら、もっとアバウトのような。

Himeji_castle01 Himeji_castle03

Himeji_castle04_1

さすが白鷺城ですね。

Himeji_castle06 Himeji_castle07

城内を進んでいく。

Himeji_castle08 Himeji_castle09

そして天守閣へ。

Himeji_view00 Himeji_view03

Himeji_view01_1 Himeji_view02_1

天守閣からの景色。

Himeji_castle02

途中、青赤サポを何組も見かけた。 ある家族連れの方に 「時間大丈夫?」 と声をかけられた。 試合後、御崎公園駅でそのご一家と再会し、無事キックオフに間に合った旨、御礼&報告できたのは良かった。

Himeji_city03 Himeji_city04

足早に街を抜けて駅に戻る。

Himeji_city05 Himeji_city06

左の店はヘルメットが並んでいるが、バイク屋にあらず理容室。

Tempura Anago

てんぷらと穴子寿司を買い、一路神戸へ。 試合の模様はこちら

試合後、東京サポと徳島サポの方と三ノ宮の飲み屋さんで存分に「語らう」。 会を主催してくださったコールさんに感謝!

鳴門編

翌朝、高速バスで鳴門へと向かう。 明石海峡大橋を渡り、淡路島を縦断。 途中、2002年W杯でイングランド代表がキャンプを張ったウェスティンの近くも通過。

大鳴門橋を渡りきってすぐの、まさに徳島の玄関にある「鳴門公園口」という高速バス停で下車。 先にスタジアムに向かったサポと別れ、ここからは単独行動。

Naruto_bus_stop00 Naruto_bus_stop01

初徳島。 これで四国4県制覇。

Oonaruto_bridge00 Oonaruto_bridge01

前日見た姫路の大手前通りと同じように、この大鳴門橋も日本の道100選に選ばれている。

Uzunomichi00 Uzunomichi01

大鳴門橋は「渦の道」として整備されていて、歩いて渦潮を真上から見ることができる。

Uzunomichi04

展示を見て、渦潮が発生するメカニズムを知ることができる。 遠く、豊後水道も関係しているらしい。 雄大なスケールだ。

Uzunomichi02 Uzunomichi03

ここでは福岡サポもいっぱい見かけた。

Uzunomichi05

路線バスで鳴門の街に向かう。

Naruto_bus_stop02 Naruto_bus_stop03

鳴門公園のバス停。 途中、「野(の)」というバス停を通過。

Naruto00

白浜に犬を連れてたたずむ初老の男性。 なんか絵になるのでシャッターを押した。

Oonaruto_bridge03_1 Oonaruto_bridge02

途中のバス停で、某(有名)東京サポの方が乗り込んできたのには驚いた。

Naruto01 Naruto02

バスを終点で降り、その東京サポの方と歩いて徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場(現: 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)に向かう。

徳島vs福岡

試合の経過は次のサイトをご覧ください。

徳島は、確実にボールに向かう守備と、元気なカウンターで徳島が地元サポを沸かせたものの、最後は福岡のパス回しにやられた。 福岡の右サイド・田中が良かった。

Pocari06 Pocari07

「徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場」として試合の試合を飾れず。 次の試合から「鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム」に改名された。

バックスタンドからの景色。

Pocari00

Pocari02 Pocari01

選手入場時にサポが歌うのは土地柄を反映して第九。 曲目はほかにRoxetteの"Sleepin' in My Car"や、ランバダ(!)なんかも。

ホームゴール裏からの景色。

Pocari05

Pocari04 Pocari03_1

バックスタンドが芝生のところは、長良川みたいな感じ。

Pocari_gourmet00 Pocari_gourmet01

鶏と、(隣の県だけど)讃岐うどん

Pocari_gourmet04 Pocari_gourmet02

アイスクリームが欲しくなる陽気だった!

Pocari_gourmet03 Pocari_gourmet05

上手く非日常の雰囲気を作っていましたね。 東京主催試合より上かも。。。

Torii00 ホームゴール裏からの景色。

緑の建物は大塚製薬の工場。 鳴門は大塚製薬の企業城下町。

再び散策

時間があったので、奥に見える「城」に行ってみることにした。

Naruto11 Naruto10_2

撫養川からも潮のかおりがする。

Naruto12 Naruto13

旧い街並みを通って「城」へ。 いかにも街道っぽい風景ですね。

Torii01

「城」の正体は博物館だった。 地元出身の人類学・考古学者・鳥居龍蔵博士(1870-1953)の業績を記念した徳島県立鳥居記念博物館。

丘全体は妙見山公園といい、桜の名所らしい。 中心に妙見神社がある。

Myoken00 Myoken01

Myoken04

Myoken02 Myoken03

神社の前では焼餅を売る屋台があった。 店番のおばあさんが 「火を落として冷めているから」 とタダで分けてくれた。 美味しかった。

徳島県立鳥居記念博物館

Torii02 Torii03

鳥居龍蔵は独学で人類学を学び、標本整理係として東京帝国大学の人類学教室に入った叩き上げの学者らしい(ウィキペディアより)。

Torii20 Torii21

博物館では、中国東北部、台湾、琉球諸島、千島列島、シベリア、南米などを収集品・調査成果を収蔵している。

博物館からの景色

Torii14 Torii10

北東から北西方面

Torii15 Torii11

南西から西方面

Torii12 Torii13

南側 スタジアムが見える

Myoken05

丘を降りる。

Naruto14 Naruto15

再び街を通って駅へ。

Naruto20 Naruto21

はかりばかりを売っている店と古そうな看板

鳴門駅

Naruto_station00 Naruto_station01_1

Naruto_station02

駅から「高速鳴門」バス停までは徒歩10分くらい。 大きなバス停で、土産物屋まで併設されている。 はっきり言ってJR鳴門駅よりずっと立派。

Naruto_bus_stop10 Naruto_bus_stop11

バス停は高架の上にあるので、ケーブルカー(エコパにあるようなやつ)で登っていく。

Naruto_bus_stop12 Naruto_bus_stop13

鳴門に別れを告げ、神戸空港へ。

神戸空港

初めてフクアリに行ったときのことを思い出した。

Kobe_airport02

そもそも神戸に空港を造ったこと自体、疑問ではあるのだが、出来ちゃった以上、利益が出るように(赤字が減るように)運営していかないと。

Kobe_airport03 Kobe_airport04

ちゃちだけど、アメリカの地方空港みたいにコンパクトで機能的で使いやすいと思った。

Kobe_airport05

出来る範囲で神戸らしくシックな演出も。

売店に並ぶのは風月堂、モロゾフ、ゴンチャロフ、フロインドリーブ、モン・ロワールなど神戸が誇るスイーツの数々。

Kobe_airport06 Kobe_airport07

自分は一番館のポーム・ダムールと観音屋のチーズケーキ、ちょうど切らしていたレモン・カードを購入した。

|

« 弱者の戦い方 東京は? 川崎vs大宮 5月27日(日) | トップページ | ビッグフレームス交歓会に申し込んだ »

J2」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

旅(国内)」カテゴリの記事

コメント

そういえばGWの観戦記、全部書き上げてないや(滝汗)
あの神戸での飲みの後、徳島を堪能してきたんですね。
やっぱり徳島に行くなら、仕事以外で行きたかった(笑)

さて、今週末はリーグ中断!
fct-fanさんは、どちらへ行かれるんでしょう?!
…実は私と同じ所だったりして(笑)

そんな偶然(?!)があったりしたら面白いかもしれませんね。

投稿: LQO | 2007年5月31日 (木) 01:53

その節はお世話になりました。

我々が当たり前と思って気づかないようなことが新鮮な感想として書かれているので、勉強になります。
渦潮、なかなかきれいに見えたようでよかったです。バス停といえば鳴門駅の手前に「辷岩」というバス停があったと思いますが・・・読めませんよね?

あと、ここは突っ込むべき?(苦笑)→小見出しの「愛媛vs福岡」

投稿: ナカヲ | 2007年5月31日 (木) 12:01

>LQO様
私も書きかけの旅行記がいっぱいあります。
中にはそろそろ1年経つのも・・・ 何とか陽の目を見せたいものです。 自己満足以外の何物でもありませんが。

>ナカヲ様
これはとんでもない間違いを・・・ 誇りを傷つける間違いでした。お詫び申し上げます。
>「辷岩」ネットで調べましたが、「すべりいわ」?
またよろしくお願いしますね。

投稿: fct-fan | 2007年5月31日 (木) 22:22

いえいえ、お気になさらず。
「すべりいわ」で正解です。最初見たとき、「辻」の縦棒が欠けてしまってるのかと思いました。

投稿: ナカヲ | 2007年6月 1日 (金) 12:08

>途中のバス停で、某(有名)東京サポの方が乗り込んできたのには驚いた。

本当は最後まで歩ききる予定でしたが、さすがに1時間以上歩きっぱなしは疲れたので来たバスに乗りました(汗)

私も鳴門公園→ポカスタ組です。
私が行った時は満潮までまだ時間があったので渦が小ぶりでしたが、この渦写真は凄い迫力ですね。いい時間に行きましたね。

投稿: TOO | 2007年6月 4日 (月) 15:48

fct-fanさん、偶然発見しました。姫路城でお会いした「ある家族連れ」です。駅では声をかけていただきありがとうございました。翌日私達は京都のお寺見物と天皇賞に分散して、日曜日の深夜バスに乗って帰京しました(天皇賞はいつも応援している祐一君の連勝で万馬券をゲット!旅費の足しになりました)。日曜日も清水で頑張りましょう。清水は家族連れではなく、私(父親)が単身で参戦します。昼食と夕食を清水でいただく予定ですので、また会えるかもしれませんね。

投稿: 小平ジャーン | 2007年6月 7日 (木) 22:52

ナカヲ様
正解ありがとうございます。俺も「辻」だと思いました。珍しいですね。

TOO様
あ、某(有名)東京サポだ! 冗談はさておき、コメントありがとうございます。
バスに乗ってこられた場所まででも相当な距離でしたよね。お疲れ様でした。
渦潮は、ちょうど満潮から引き始める時間で、大迫力でした!
「ポカスタ」でも美味しいものを食べることができて、楽しい遠征でした。
またどこかでお会いしたら、よろしくお願いします。

小平ジャーン様
コメントありがとうございます。
旅先で同好の士にお目にかかるのはとても嬉しいことですが、ネットで再会とは、二重の驚き+嬉しさです。
今後も、清水やいろんな遠征先で再会できるチャンスを楽しみにしています。
このブログも、たまに覗いていただければ嬉しいです。

投稿: fct-fan | 2007年6月 8日 (金) 07:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/14896956

この記事へのトラックバック一覧です: 一ヶ月遅れの姫路、鳴門旅行記 徳島vs福岡 4月29日(日):

« 弱者の戦い方 東京は? 川崎vs大宮 5月27日(日) | トップページ | ビッグフレームス交歓会に申し込んだ »