« ファンタジーサッカー 第10節 | トップページ | もう一度愚痴らせてツンデレ »

2007年5月 7日 (月)

不感症になりました 川崎vsFC東京 5月6日(日)

ワンチョペに代わりユータを先発させ、序盤から能動的にボールを回そうとする東京。 しかも、全体的に前掛かり。 いかにもヤバい。

危ないなと思ったら、大橋が栗澤の淡 白なチェックを簡単にかわし、フリーでシュート。 その間、茂庭はまったく寄せず、後退するだけ。 あっけなく先制を許す。

初先発の大橋と茂庭。 二人がこうも 対照的なプレーをしたら、もともと大きいチーム力の差が埋めようもなく広がってしまうよね。

大橋のシュート自体はもちろん素晴らしいものだったけど、栗澤や茂庭の対応次第では防げた可能性が高い。 たまたまこの場面は栗澤と茂庭だったけど、ほかの選手達を含め、守備の意識、先制点をやってはいけないという意識が、どれだけ共有されていたのだろう?

そのあとは、川崎側からすれば、東京に適当に攻めさせておいて、要所要所でプレスの網をかぶせて、カウンターを仕掛ければ、勝手にドタバタしてくれる、とても楽な展開。

東京は真正面から突っかけて行って大失敗。 よく言えばナイーブ。 悪く言えば馬鹿。 川崎にコテンパンにやられただけでなく、自滅の要素もある。 3点目、4点目のシーンでは悲しさすら、こみ上げて来なかった。

---------------------------------------

以下は、自分用メモ。

勝てないとか、弱い原因として考えられるもの。

 1. 戦力が足りない(怪我人を含む)
 2. 戦術が整備されていない
 3. 状況に合わないゲームプラン
 4. ミス

ほかにも、コンディション調整の失敗、キープレイヤーの離脱とかもあるだろうけど、概ねこんなものか。

東京の場合、「1.戦力」について文句を言ったらバチが当たるだろう。 まぁ、贔屓目なところが若干あるかもしれないけど、少なくとも、もっと乏しい戦力をやりくりしながら、ずっと良いサッカーをやっているチームはたくさんある。

となると、やはり「2.戦術」なのだが、これは、このブログを含め、いろんな人やブログがいつも指摘していること。

どんなに良い選手を揃えたって、ピッチに同時に立てるのは11人。 選手の間で連携が取れなければ、その11人分の力すら発揮できない。 今の東京は烏合の衆だ。 それぞれが、バラバラに頑張っていはいるが、「チーム」の体をなしていない。

そんな東京が川崎と正面からやり合えば、どう考えたって劣勢だ。 だったら、徹底的に相手をマークして、とことん食らいつくとか、スペースは絶対埋めるとか、相応しい戦い方があると思うのだが、昨日はそんな「3. ゲームプラン」すら見えなかった。

福西、ユータ、栗澤、梶山のパスミスが多かったけど、ほとんどがパスコースを限定されて相手の網にひっかかったもので、「4. ミス」というより、戦い方の問題。 つまり、「3. ゲームプラン」の問題だろう。

最近はずっとこうだ。 自分たちの戦い方も見えなければ、小手先の工夫さえ見えない。 負けるべくして負けている中、打開する方法も見えない。

まだまだ書き足りないが、取り敢えずここまで。

|

« ファンタジーサッカー 第10節 | トップページ | もう一度愚痴らせてツンデレ »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

雨の中大変お疲れ様でした。僕は昨日はTV観戦でした。

開始直後のプレスも中途半端でした。なぜ守備的な入り方を貫かなかったのでしょう?

確かに打開する方法が見えませんが、2005年も柏に惨敗してから後半戦は上向きになったので、何とか立て直して欲しいです。

ちょっとしたきっかけだと思うんですけどね。

投稿: Bull | 2007年5月 7日 (月) 23:31

コメントありがとうございます。
雨だったので、軟弱ですが車で行っちゃいました。

なんとか立て直して欲しいですよね。
現監督の手によって立ち直れば、より嬉しいですが、この際、手段は問いません・・・。

投稿: fct-fan | 2007年5月 8日 (火) 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/14982356

この記事へのトラックバック一覧です: 不感症になりました 川崎vsFC東京 5月6日(日):

« ファンタジーサッカー 第10節 | トップページ | もう一度愚痴らせてツンデレ »