« 東横線ハシゴ 川崎vs柏、横浜FCvs磐田 6月16日(土) | トップページ | ファンタジーサッカー 第17節 »

2007年6月21日 (木)

増嶋を迎えて FC東京vs甲府 6月20日(水)

最初、「まっすぅ凱旋」というタイトルにしょうかと思った。 出場機会を求めてレンタル移籍して、見事にその目標を達成しているのだから。 けど、チームは勝ちきれない状況が続き、北京メンバー復活も未達どころか、反町から(いまいちよく分からん)ダメ出しまでされた。 本人の目線の高さに比べれば、現状はまだまだ満足できる状態ではないはず。 「まっすぅ凱旋」は、将来、増嶋がもっと大きくなって帰ってくるときのために取っておこう。

味スタにはユルネバ直前に到着。

で、試合。 東京はサイド攻撃を中心に人もボールもまずまず動くものの、細かいところが合わず、攻撃が継続しない。 甲府も、人もボールも細かく動いてパスを回すものの、最後のところでシュートまで持っていけない。

ややグダグダな展開で、このまま進むのかな、と思ったとき、鋭い上がりでこぼれ球を拾った伊野波が規郎にパス。 規郎が左外に向かってドリブルしながら振り返って左足を一蹴! 逆サイドのネットを揺らして東京が先制。

それにしても、あの姿勢からあの威力のあるシュートを打てるとは・・・。 恐ろしい身体能力だ。 試合展開の中で、ルーカスとポジションが入れ替わることが増えているけど、縦パスをニアで受ける動きとかも覚えて、どんどん成長していって欲しいね。

先制された甲府は攻めの姿勢を強め、東京もカウンターチャンスが増える。 高い位置でもワンツーや3人目の動きで崩してくるところは、さすが甲府。 (東京があの半分でもできれば、ずっと楽しいシーズンを送れているはずだなぁ。) その代わり、甲府のサッカーは危険とも背中合わせなのだが。 東京が昨日の試合みたいに何度もカウンターで相手の裏を取れることって珍しい。

後半、そのカウンターから2回の決定的なチャンスを作り、最初は止められたものの、2回目は梶山のスルーパスを受けた福西がシュートを放ち、相手GKが弾いたところをルーカスが押し込んで2-0。 昨日の福西はかなり高い位置を取っていたな。

けど、ここからドタバタしすぎだよなぁ。。。 ゴール前でクリアしきれず繋がれて失点。 さらに、退場で一人少なくなり・・・。

リチェーリは2枚目のカードよりも(俺のところからはPKに見えたが)、1枚目のカードよりも、出てきた直後のファウルが不要だったと思う。 チームになんのメリットもないどころか、1枚目のカードの呼び水になった訳だし。

まぁ、一人多いと勝てず、2004年ナビスコ杯決勝は一人少ない状況で勝った東京にとっては、これで却って引き締まったかな? 栗澤に最後は茂庭を投入して逃げ切った。

中位に食らいつくか、残留争いに巻き込まれるか、まだまだギリギリの展開が続くけど、とりあえず、勝ち点3を失わなかったことは大きい。

今週末は大阪→山形です。

|

« 東横線ハシゴ 川崎vs柏、横浜FCvs磐田 6月16日(土) | トップページ | ファンタジーサッカー 第17節 »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/15506537

この記事へのトラックバック一覧です: 増嶋を迎えて FC東京vs甲府 6月20日(水):

« 東横線ハシゴ 川崎vs柏、横浜FCvs磐田 6月16日(土) | トップページ | ファンタジーサッカー 第17節 »