« パリでの自由時間 | トップページ | アジア杯・カタール戦など »

2007年7月 9日 (月)

ノリオ・フィーバー継続中 ナビスコ杯 横浜FマリノスvsFC東京 7月8日(日)

気持ちいい規郎の決勝ゴールだった。

後ろからのボールを受けた福西が前のルーカスへ。 ルーカスが再び福西に戻すと、そのパス交換の間に規郎が左サイドを駆け上がり、その前方にガラ空きのスペースが。。。

福西が見逃さずにスルーパスを通すと、規郎も迷わず左足を振りぬき、ペナルティエリアを対角線に切り込むゴール!!!

一瞬でも躊躇していたら、隼磨に追いつかれていたかもしれないし、焦ったらふかしていただろう。 このゴールを確実に決めるあたり、いよいよ頼りになる存在になってきた。 今回のゴールは左サイドからだったけど、最近はゴール正面にもよく出現するから、左足からのシュートコースの角度も広がるし、相手にとっても守りづらくなっているはず。

ただ、万々歳とは行かない。 後半、規郎がずっと右肩を気にしていたのが気になる。 もちろん、浄の怪我の具合も。

その他、気がついた点を列挙します。

  • 土肥はほとんどのリスタートをリチェーリに合わせていた。 チームとして、右で起点を作って、規郎サイドでフィニッシュするという形を意識していたのだろうか?
  • けど、リチェーリはハイボールへの対応はいまいち。 なかなかボールをキープできなかった。
  • しかし、考えてもみてほしい。 つい春先まで、ドリブルしてもボールを後ろに忘れてきていた彼が、梅雨も開けきる前の今、既に相手の脅威となっていることを。
  • 裏を取って、ゴール前に侵入する機会も増えているし、無理せずに徳永や周りの選手に任せることも覚えてきた。 成長の速さは認めるべきだろう。
  • 梶山の周りを翻弄するドリブルはすごい。 何が5.0だ。 エルゴラの担当者はビデオ見直したほうがいいぞ。
  • 完調ではないとはいえ、茂庭の復帰は大きい。 DFラインが下がらないよう凄く気を配っていた。
  • あと、茂庭は決してハイボールの競り合いは得意じゃないけど、DFラインの手前でバウンドするボールを処理する場合、CBの背が低いと、ボールがバウンドの頂点を迎える前に相手と競らないといけないけど、茂庭くらい高いと、十分なマージンを保って処理できる安心感がある。 
  • 長友は、ミスもあったけど、元気の良さ、物怖じしないところが良い。 先輩・浅利からのロングパスが通ったシーンが印象的。
  • 浅利も良かった。 やるべきことをしっかりやった。 仕事人としての堅実な働きはここ数年でも一番だと思う。 藤山ともども頭が下がる。

マリノスではマルケスが嫌だったな。 こちらの2人マークなど物ともしないキープ力で、そこに山瀬や小宮山が絡んでくると厄介だった。

序盤の山瀬を中心とした速いパス回しも厄介だった。 あそこでやられなかったのが大きかっただろう。

自由席バック側にいたけど、前半、CKの度にボールの位置がおかしい(実際はどっちでもいいのだが)、と騒ぐのが楽しかった。

モニはシャーやるの早いだろう。 けど、そこがモニらしいところだけど(笑)。 長友のでんぐり返りは良かったね。 盛り上がったし、シャーするわけにはいかないだろうし。

|

« パリでの自由時間 | トップページ | アジア杯・カタール戦など »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/15700023

この記事へのトラックバック一覧です: ノリオ・フィーバー継続中 ナビスコ杯 横浜FマリノスvsFC東京 7月8日(日):

« パリでの自由時間 | トップページ | アジア杯・カタール戦など »