« 善戦したくらいで満足してはいけないが 浦和vsFC東京 8月25日(土) | トップページ | 信じてたよ! 広島vsFC東京 8月29日(水)未観戦 »

2007年8月28日 (火)

厳しいJ2 東京ヴェルディ1969vs徳島 8月26日(日)

復活した戸田がスワンで美しいアシストを決めていた頃、自分は国立のアウェイゴール裏でヴェルディvsヴォルティスを観戦していた。 (戸田、おめでとう!)

Verdy_vortis00

近くには、主役のヴォルティスサポのほか、自分と同じような東京サポ、丹羽を見に来たガンバサポ、長谷川太郎(や青葉)を見に来た甲府サポ、「大塚製薬」を見に来た横河サポ、単純にサッカーを見に来たセレッソサポなど、いろんなサポがいた。 (熊林を見に来た湘南サポ、塩川を見に来た川崎サポ(マリノスは同時間帯に試合中)もいたかもしれない。)

ここまで7連敗と、とても苦しい流れにも関わらず、試合開始から熱い声援を送るヴォルティスサポ。 けど、一曲目(原曲は懐かしきランバダ)を歌い始めて間もない開始一分、ヴェルディの後方からのボールを飯尾がゴール前でキープし、戻したところでフリーの船越が狙い済ましたミドルを決め、いきなりの失点。。。

このまま、フッキがいなくとも個の力で押してくるヴェルディに一方的にやられるのかな、と恐れたのだが、その後、ペースを握ったのはむしろ徳島。

Verdy_vortis01_2 Verdy_vortis02

懸命の繋ぎでヴェルディのプレスをかわし、裏を狙ったロングフィードやサイド攻撃からチャンスを伺う。 けど、クロスやロングフィードが微妙にFWに合わず、ことごとく高木義成の手に納まってしまう。。。

それに対して、ヴェルディは強いんだか弱いんだかよく分からない。 前線では船越やディエゴが、両サイドでは服部や海本幸治郎がなかなか凄いプレスをかけるのだが、徳島がなんとか耐えて繋ぐと、その後は案外あっさり前線まで侵入を許し、ピンチを迎える。

攻撃でも、DF土屋なんかも攻撃参加して、なかなか厚い攻撃を見せるのだが、パスを繋ぎすぎて袋小路に陥って、自分からペースを崩す。 ゴール前に迫っても雑なプレーでチャンスを逃す。 名波が先発していたが、限られた仕事しか出来ていなかった。

後半に入っても後半途中まではヴォルティスペースで、シュートがバーを叩くシーンもあったのだが、ヴェルディが船越を引っ込めて足の速い斎藤将基を入れると、ヴェルディのカウンターが決まりだし、徳島も徐々にチャンスを作れなくなっていく。。。

結局、開始1分の1点が決勝点となってヴェルディ勝利。 両チームサポにとってグッと疲れる試合だったと思う。

Verdy_vortis03

徳島はこれで8連敗。 最下位の水戸との勝ち点差は1。

徳島も、決してそんなに酷いサッカーをやっていた訳ではない。 きちんとしたビルドアップを狙っていて、少なくとも中盤のパス回しは某青赤い東京のクラブよりも理詰め。

けど、J2は試合数が多く、コンディション調整が難しいし、モチベーションを常に高く維持するのも難しい。 同じチームと4回も当たって手の内もバレやすいから、理想のサッカーを目指すより、守備を重視した方が確実だ。

けど、そうしているうちに、チームは確実に消耗していき、理想を形にできなくなっていく。 今のヴェルディもそれに近い。 そうなると、もう一度ゼロから立て直して新たに上昇気流を掴むしか、再び上に上がるのは難しい。

東京も、石にかじりついてでも絶対にJ1に残留しなきゃダメだ。 これだけ厳しく、消耗するリーグを勝ち抜ける保証などどこにもないし、たとえ勝ち抜いたとしても、代償が大きすぎる。

(参考)

Foot!WEB:J2第36節 東京V×徳島@国立

プロパガンダファクトリー:J2 東京V×徳島

|

« 善戦したくらいで満足してはいけないが 浦和vsFC東京 8月25日(土) | トップページ | 信じてたよ! 広島vsFC東京 8月29日(水)未観戦 »

J2」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/16261243

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しいJ2 東京ヴェルディ1969vs徳島 8月26日(日):

« 善戦したくらいで満足してはいけないが 浦和vsFC東京 8月25日(土) | トップページ | 信じてたよ! 広島vsFC東京 8月29日(水)未観戦 »