« 焼け野原に射す一筋の光明 磐田vsFC東京 62回目の終戦の日 | トップページ | サテライト FC東京vs横浜FC 8月19日(日) »

2007年8月19日 (日)

このチームはどこに行こうとしているのだろう? FC東京vs柏 8月18日(土)

サッカーが決定機の数を競う競技だったら良かったのに

なんて呑気なことを言ってる場合ではない。

3連敗。 ホームで勝てない。 降格圏の足音がひたひたと近づいてくる。 来週は首位に立った浦和とアウェイで対戦。 俺みたいに性急なサポは、内容が多少マシになったことよりも、焦りの方が先に立ってしまう。 欲しいのは内容よりも勝ち点3!

それに、このチームは良かった試合の後でも平気でどうしようもない試合をするから、昨日(少し)良かったからと言って、次も良い保証なんてどこにもなく、ちっとも安心できない。

だいたい、中断期間に「万全の準備をした」なんて言っておきながら、蓋を開けてみたら何をしたいのかわからないくらいグダグダ。 たった一週間で「万全の準備」とやらを投げ捨て、先発を6人も入れ替えるだけでも異常なのに、いざ、ぶっつけ本番でやってみたら、意外にも前より遥かにマシなサッカーが出来ちゃう。 おかしい。 絶対何かが変だよ。

(みんな言ってるけど、僕も言おう。) いったい中断期間に何やってたんだ!?

パスを繋ぐのを諦めて放り込みを狙ったら、相手のDFラインが下がって、結果的にパスを回せちゃったり、つい一年前ドイツW杯に出場していた代表DFに代えて、数年前には街で検針をしていた元社員選手を入れたら守備がぐんと安定しちゃったり。 いやぁ、サッカーって面白いですねぇ、で済むなら気も楽なのだが。

「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」。 このチームは対戦相手に関係なく、自分達のサッカーを貫くことに美学を感じているようだが、果たしてその「自分たちのサッカー」をさえ、まともに把握している人がいるんだろうか? と甚だしく不安に思ってしまう。

もちろん、ここまで書いたことは、表に見えたことに基づいて書いているに過ぎない。 本質はもっと違うところにあるのかもしれない。 けど、一般的なサポは、普通、こういう疑問を抱くでしょ。 素朴に。

前置きが長くなったけど試合について。

出だしから、大分戦や磐田戦よりずっと良かった。 運動量や球際の強さも大分戦や磐田戦に比べると遥かにあって、こぼれ球をよく拾えていた。 ただ、ラストパス、センタリング、シュートの精度を欠くのは相変わらずだったが。

ルーカスや赤嶺のスペースへの動きだしに藤山や梶山からボールが出ていたし、浅利はよく真ん中のスペースを埋めて、繋ぎに貢献していたし、信男はセ ンタリングはダメだったけど、こぼれ球をよく拾っていたし、リチェーリはシュートはダメだったけど、混戦に強くなってきたし、周りを活かすことを覚えだし ている。

藤山の守備範囲の広さは異常。 前後左右チェックしまくり、裏を取られることも少ない。 1対1は不安だったが。 徳永は実は相当足が速かった。 普段からそれくらい走って欲しい。

ツートップは、ウィングを置くときとは戦い方が違ってくるけど、少なくともオプションとしてキチンとモノにしておきたいと思った。 ルーカス+赤嶺 であれ、赤嶺+平山であれ、放り込んでおけば、二人プラス最小限のフォローで少なくとも3回に1回くらいはシュートにまで持っていける。 一人のFWが 競ったとき、どこに落として、そこにどうもう一人のFWやMFが絡むのか、一人のFWがサイドに流れたときのフォローや、中の動きを整理すればかなり使え るのでは?

後半途中で憂太が入って、しばらく試合に入っていけずバタバタしたけど、次第に梶山やルーカスとシンクロし始める。 後半15分から30分くらいまでは、今年味スタで一番スウィートな時間帯だったのではないか?

ルーカス、赤嶺が相手DFを押し下げて切り開いた手前のスペースを憂太、梶山のパスが通る。 ここでタメを作っている間に徳永や浄も上がってきて、 厚みのある攻撃ができる。 放り込みを狙っていたら、以前よりボールが繋げてしまう現象。 今野が中盤にいれば、もっと力強い攻撃が見れたはずなのだが。

チャンスは何度も作った。 決定的なシーンも数回あった。 けど、決められなかった・・・

終盤は運動量の少ない福西が狙われ、柏のカウンターが増えてしまった。 ドゥンビアのケアも必要になって、今野があまり上がれなくなった。

結局、PKで取られた点を守りきられ、またまたホームで負けた。

試合後

試合後、選手挨拶のとき、怒号が渦巻いても全然おかしくないのに、わずかしか起きなかったのは、無論、呆れ果てて声が出ないサポもいただろうし、ユ ルネバを唱和していたサポもいただろうけど、大多数のサポは、負け試合の中からでもなんとか良かった部分に注目しようと、ギリギリのところで葛藤してい たのではないか? 俺はそうだった。

けど、社長と専務が出てきて、そんなガラスの均衡はぶち壊される。 サポとしてはブーイングするか、冷 たい視線を投げかけるしかないでしょう。 あなた達が出てきたことによって、選手達が多少なりとも見せた頑張りはどこかに吹き飛び、「三連敗」という厳然 たる事実だけが突きつけられたのだから。

だいたい、重大な発表があったならともかく、たったあれだけのことを言うためにわざわざ出てくる意味なんかないだろう。 サポがどうしようとも、それぞれが自分で決めること。 フロントに頭を下げられようがまったく関係ない。 自分達のことを過大評価していないか?

むしろ悪影響の方が大きい。 これからも連敗のたびに出てくるつもりなのか? サポカンを要求されたら応えられるのか? 吊るし上げに耐える覚悟はあるのか? 一回こういうことをしてしまうと、次はもっとやらなきゃならなくなる。 もう少し考えて欲しかった。

(ところで、スタジアムから帰るとき、シミズ・スポーツの皆さんが「ありがとうございました」と言うのは、一般的なサービス業の観点では大変結構な ことなのだろうが、個人的に、まるで身内の結婚式で、友人から御礼を言われるような違和感を感じる。 サポはお客さんではなく身内だと思うのだが、まぁ、 これも人それぞれだろう。)

せっかくいい試合をしたのに、何の積み上げもなく、混乱を増しただけのように見える3連戦。 結果が出なければ、またナオ、規郎に戻すのだろうか? 今野@中盤はまだ見られないのか? 次からどう戦うつもりなのだろうか?

|

« 焼け野原に射す一筋の光明 磐田vsFC東京 62回目の終戦の日 | トップページ | サテライト FC東京vs横浜FC 8月19日(日) »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

J2?
暴言失礼。

投稿: へづか | 2007年8月19日 (日) 09:48

柏を見ているとJ2ってそんなに不幸?って思いますけどね。選手もサポも実に幸せそうだった。

最近名文が多いですね。多少毒があった方が面白いですよ(にやり)。

投稿: メトカラ | 2007年8月19日 (日) 13:01

千葉と広島が勝ちましたので、降格へは更に近づきましたね(汗)

やっぱり、アウェーの柏は攻撃性に欠けますが、安定感では全然違いましたね。 徳永のスピードを生かさないのはもったいないですが、3バックも考えてもどうかなと思います。伊野波、藤山、徳永で。  しかし、そうなると、サイドの攻撃的な選手に運動量まで求められるので、無理ですかね!?

投稿: ロマニスタ | 2007年8月19日 (日) 13:21

>へづか様
はじめまして。いつも拝見しています。
このままじゃ降格の可能性も大アリですよね。けど、それだけはなんとしても避けたいです。
J2もレベルアップしているので、一年で戻れる保証はまったくないと思います。
手っ取り早く上がるには、ディフェンス重視にせざるを得ませんが、それで上手くいったとしても、京都、福岡、横浜FCのようにJ1に上がった後が苦しい。
結局、J2降格は大きなダメージを与えるだけで、それをプラスに転化できるのは運の要素も大きいと思います。
チーム全体がもっと危機意識を表に出してもいいかな、と思います。

>メトカラ様
ご無沙汰しています。
いちサポとして降格は絶対嫌ですけど、仮にそうなっても、同じように声援を送るだけですね。
けど、客観的に見てFC東京ほどの条件を備えたクラブがそんなレベルの低いことじゃいかんと思います。

柏は稀有な例だと思います。サポの人数や雰囲気、スタジアムの形状など、一体感を醸し出しやすい条件が揃っていました。
東京が落ちたら縮小均衡して、湘南化する方が可能性が高いと思います。
また、柏でさえノブリンが4たび勝ち点1に涙を飲むのか、と思われるほどギリギリの昇格でした。

私のは出来の悪い抒情詩ですね。毒の方もメトカラさんを見習って、頑張っていこうかな。

>ロマニスタ様
徳永は本人の意識次第でしょうね。
3バックはずっと隠れた課題ですが、今の流れでは東京が本格的に取り組む可能性は低いでしょうね。

投稿: fct-fan | 2007年8月20日 (月) 07:13

昇格前の2ヶ月を経験していない方は気楽でいいですね。もう二度とあんな胃が痛くなる思いはしたくないんですが・・・・。

投稿: しょういち@東京の空の下 | 2007年8月21日 (火) 01:32

しょういち様
コメントありがとうございます。当時は、さぞ苦しい思いなされたことでしょう。
人によって、チームとの関わってきた歴史は異なりますし、同じ経験をしていても、そこから受ける印象や捉え方も異なるでしょう。(ちょうど、監督に対する見方が人によって異なるように。)

お互い、違いを尊重したうえで、議論していきたいですね。

私も降格は嫌です。なんとしてでも残留してほしい。

投稿: fct-fan | 2007年8月21日 (火) 03:42

嫌味っぽい発言になって申し訳ないです。
会える機会あがあるときにいろいろとお話します。

投稿: しょういち@東京の空の下 | 2007年8月21日 (火) 19:39

しょういち様
コメントありがとうございます。
お目にかかる機会があれば、その節はよろしくお願いします。
お互い、チームに対して言いたいことはいっぱいありそうです(笑)。

投稿: fct-fan | 2007年8月22日 (水) 07:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/16162594

この記事へのトラックバック一覧です: このチームはどこに行こうとしているのだろう? FC東京vs柏 8月18日(土):

« 焼け野原に射す一筋の光明 磐田vsFC東京 62回目の終戦の日 | トップページ | サテライト FC東京vs横浜FC 8月19日(日) »