« 広島vsFC東京(on TV) 8月29日(水) 今日は神戸戦 | トップページ | 明治大学vsFC町田ゼルビア、柏vs横浜F・マリノス 9月2日(日) »

2007年9月 2日 (日)

名実ともに【キャプテン】今野 FC東京vs神戸 9月1日(土)

いや~、勝利って本当にいいものですね! 特にホームでの勝利は格別。 スタンドも久々にいい雰囲気に包まれていた。 東京音頭良かった!

昨日は一見さんも多かったみたいだけど、こういう試合を続けていけば、自然に観客もグッズの売り上げも増えるはず。 どんなイベントよりも効果的な集客手段。 今後は味スタでも、アウェイ横浜FC戦@国立でも、こういう試合を再現してほしいものです。

キャプテン今野

最終ラインから解き放たれたキャプテン今野の縦横無尽の活躍ぶりは凄い。 狙い済ましたボール奪取、迫力の突破、確実でクレバーな繋ぎ、広い展開、そして真骨頂の対人捕捉能力。 同点ゴールだけでなく、まさに「キャプテン」に相応しい活躍。 オシムも印象に刻み込んだに違いない。

それが特に深く印象づけられたのが、ロスタイムに入る頃に見せた鋭いボール奪取。 ダレてきた試合を引き締める鮮烈なプレーだった。 その直後、梶山が触発されたかのように鋭い出足を見せていた。 キャプテン今野が生んだ相乗効果。

昨日の今野は、どんな口数よりもプレーで影響を与える「キャプテン」だった。

試合後、シャーを要求する声援を牽制するようにお辞儀するのはご愛嬌。

ついでに思ったこと

もしかしたら、ロスタイムには適当に流して時間を潰す方が正しいのかもしれない。 けど、東京は勝ちに慣れている強豪ではない。 最後まで手を抜かず、貪欲に完勝を目指すことで強いメンタルが浸透していくんじゃないかと思う。 手抜きを覚えることも役に立つかもしれないが、優先順位を間違えてはいけない。

他の選手達

今野のプレーを一番喜んでいたのは平山じゃないかな? 点を取りたくて仕方なかったみたいだったから。 それなら4点目を確実に決めてくれよーと思うが、次、クラブでも代表でも爆発してくれ。

Hirayama 座り込む平山に声をかける榎本

赤嶺は良かったですね。 ロングボールが収まるし、相手のパスコースを確実に限定するし、戻しも確実だし。 点には繋がらなくても、試合の流れを作るにはこういう普通のプレーを普通にできないと辛い。 そういう普通のプレーを東京で一番普通にできるのは赤嶺だろう。 もちろん、泥臭くゴールを狙う姿勢も、狭いところで慌てず繋ぐプレーも良い。

ルーカスも、キレはあまりなかったけど、赤嶺のナイスアシストもあって落ち着いて2ゴール。 ルーカスは巻いてゴールを狙うより、勢いよく蹴った方がいいな。 (柏戦で決めていてくれれば4連敗はなかったのだが・・・。 今更だけど・・・。)

栗澤は良かったですね。 確実にボールを拾って、ボールを継続させる。 プレー選択にも積極性が出てきた。

ナオもプレーの細部には問題もあるけど、出場時間中、右サイドで相手の嫌がるプレーを続けていた。 ディフェンスをいつになく頑張っていたのが印象的。 嫌な時間帯を凌げたのはナオのクリアのおかげということが多かった。

徳永は、序盤、大久保に後手を踏んで劣勢だったけど、終盤には古賀(いつ移籍した!?)と茂木をまとめてぶち抜く。 相手の後手を踏むといつも厳しいけど、抜くと決めてかかったときの突破力は凄いものがある。 迷いを捨てれば、右サイドをもっと支配できるはず。

モニは、相手をおちょくるくらいの気持ちなのかどうかは知らないが、やっと自信が出てきたのはいいこと。 けど、余裕が過信やミスにならないように気をつけて。

祐介はお疲れだろうか? 序盤、一度、ロングシュートがあったくらいか。 モニにキツいタックルを背後から受けていたな。

大久保は予測と動き出しの早さ、動き自体の鋭さが際立って凄い。 ただ、空回り気味で、繰り返し同じファウルをするのは審判への挑戦か?

Tsubakuro なかなか渋い芸をしていたつば九郎

全体

トップ赤嶺と中盤が噛み合って、中盤で優位に立ち、サイドでも優位に立った。 序盤と後半の半ば、相手にペースを譲り渡し、サイドで数的優位を許したり、ゴール前で繋がれる時間帯もあったけど、ピンチの回数は少なく、守りきれた。

昨日は出足で優位に立てたからフリーの選手が生まれて、ボールを継続することができたけど、意図的な崩しやボール回しという意味での連携はまだまだだと思う。 あくまで梶山のアイディアや福西の視野の広さ、今野や栗澤やルーカスの頑張りに依存している。

けど、右サイドからの徳永、今野が絡んだ崩しは面白かった。 ああいうプレーを落ち着いて、意図的にできるようになるには、練習や実戦で繰り返すしかないだろう。

今野という中盤の支配者と梶山という異能のプレイメーカーがいて、福西が絶妙のアクセントを加え、栗澤が忠実にカバーや繋ぎに動き回り、ナオという飛び道具がいる。 それ以外にも規郎、リチェーリ、憂太、川口、伊野波、浅利がいる。 そもそも、こんな成績で終わってたらおかしいんだよな。

蛇足

昨日は早めに霞ヶ丘入りし、絵画館の駐車場に車を停めたあと、旅行の準備をしに有楽町へ。 絵画間の駐車場は一日1,000円均一だから長時間駐車するにはお得。

日比谷を通りかかったら、アメリカン・ファーマシーやベトナム料理のサイゴンがあったパークビル跡地にザ・ペニンシュラ東京が建っていた。 ちょうど昨日がオープンだったらしい。

Hibiya00 Hibiya01

ホテル前にはBMWロールスロイス・ファントムが2台と、クラシックロールスロイスが。

Peninsula01

|

« 広島vsFC東京(on TV) 8月29日(水) 今日は神戸戦 | トップページ | 明治大学vsFC町田ゼルビア、柏vs横浜F・マリノス 9月2日(日) »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

> 最後まで手を抜かず、貪欲に完勝を目指すことで強いメンタルが浸透していく

神戸戦の終盤は、点を取りたい人と時間稼ぎをしようとした人の両方が混在しているように見えました。
この辺の意思統一が中途半端なのが最もまずいパターンではないでしょうか。

投稿: cooper | 2007年9月 2日 (日) 20:32

ホームでの勝利! いつ以来でしょうか(笑) 守備陣が安定してきているのは良いですね。茂庭が本来の調子を取り戻してきている(と同時に調子にも乗っている)し、MFとの連係も取れているので、伊野波が帰ってきたときにどうするのかな~って感じですね。

投稿: ロマニスタ | 2007年9月 4日 (火) 21:55

cooper様
コメントありがとうございます。また、昨日はどうも。
何が一番マズイかというと、中盤でボールを取られてカウンターで裏を取られることだと思います。
昨日は大雑把に言って、平山を筆頭に前の選手達と今野は点を取りたい様子で、後ろはそこまで統一されていませんでした。
けど、ボールをキープし、最後はシュートであれクリアであれ、切って終わることさえ徹底されていれば問題ないかな、と思います。
あと、昨日は神戸にもう力が残っていなかったのが助かりましたね。

ロマニスタ様
コメントありがとうございます。
某大阪のチームではありませんが、 「勝て勝て勝て勝てホームやぞ」 です。ファンはそれを一番望んでいますから。苦手などと言わず、味スタでも勝ってほしい。
モニはお調子者ですから、煽てて頑張ってもらいましょう。

投稿: fct-fan | 2007年9月 5日 (水) 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/16314230

この記事へのトラックバック一覧です: 名実ともに【キャプテン】今野 FC東京vs神戸 9月1日(土):

« 広島vsFC東京(on TV) 8月29日(水) 今日は神戸戦 | トップページ | 明治大学vsFC町田ゼルビア、柏vs横浜F・マリノス 9月2日(日) »