« ミュンヘンでファンタジーサッカー 第25節 | トップページ | サテライト 水戸vsFC東京 9月16日(日) »

2007年9月16日 (日)

順当な結果 横浜FCvsFC東京 9月15日(土)

いやぁ~、平山のゴールは凄かったですね。 相手DFを振り払いながら中央突破。 最後はファインセーブを繰り返していたGK菅野さえも振り切った。 ゴールを決めたくて、活躍したくてしょうがなかった気持ちがいい方に作用したのではないだろうか?

ルーカスが平山に飛びついたのも印象的。 神戸戦の出来事を気にしていたんだな。

前半、序盤の横浜FCの時間帯を凌いだ後は終始東京ペースだったように思う。 例えば、最後列で回している間に、ナオが絞って生まれたスペースにロング・フィードが出て、そこにルーカスや赤嶺が走りこむなど、ロング・フィードの出し手と受け手の連携が向上していた。 中で崩せる梶山がいないからロング・ボール中心はいい選択だよね。 いったんそこを起点にして、栗澤や福西や両SBが絡んでパス回しで崩したり、それはそれで見ていてなかなか面白かった。

両SBも良かったですね。 金沢は相手の新加入選手を流石の技で料理していた。 徳永もちょっと本気を出せば相手DFを振り切れる身体能力があるんだから、もっと自信を持って勝負して欲しいなぁ。 昨日も、GKと1対1を作ったシーンがあったけど、ああいうプレーを繰り返せば、シュートとラストパスを、もっと落ち着いて選択できるようになるはず。

後半も基本は東京ペースだったが、徐々に試合が落ち着かなくなり、ポゼッション志向を増した横浜FCのパス回しに対し(最下位のチームがこの時期からすることかね?)、東京のディフェンスが後手に回るシーンが増える。 相手が付け焼刃な横浜FCだったからなんとかなったものの、もっと構成力のあるチームだったらかなりマズかった。

そして、せっかくボールを奪っても、前半のようにゆっくりパスを回しながらチャンスを伺うのか、速攻で試合を決めにかかるのか、意図が合わない様子で、ペースを握れずどうにもチグハグ。 そして、時々相手の攻撃に肝を冷やす。

この辺、キャプテン今野やベテランの選手にもっとキャプテンシーを発揮して欲しいな。 こういう自分達のペースに持ちこめそうで持ち込めない青い部分を改善できれば、シーズンを通して降格の心配などせず、もっと安心して希望を持って試合を見ることができるはずなのだが。

このまま1-0で終わるのかな、と思ったら、平山の豪快なゴール。 サポの気持ち的にも、チームのムード的にも、マスコミへのアピールの意味でも、大きな意味のあるゴールだったな。

昨日は成田から国立へ直行。 試合後は都城キャンプの同窓会で焼肉に舌鼓を打ちました。 いつも音頭を取ってくれてありがとう!

さて、これから笠松へ。

|

« ミュンヘンでファンタジーサッカー 第25節 | トップページ | サテライト 水戸vsFC東京 9月16日(日) »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/16461712

この記事へのトラックバック一覧です: 順当な結果 横浜FCvsFC東京 9月15日(土):

« ミュンヘンでファンタジーサッカー 第25節 | トップページ | サテライト 水戸vsFC東京 9月16日(日) »