« 思い出の地、丸亀 | トップページ | 去年のスイス旅行記 2006年7月(ローザンヌ編) »

2007年10月29日 (月)

来年の営業ネタにもならない FC東京vs川崎 10月28日(日)

どういう理由・原因・言い訳があろうとも、やっちゃいけないよな。 こんな試合は。 選手が入れ替わっても、首位と最下位の対戦でも、10年後であっても、「リーク」があってもなくても(※)、やっちゃいけない。

(※)さっかりんやJBアンテナで東京のブログを見ていると「リーク」が既成事実化しているようだ。 実際はどうなんだろう?

サッカーだからどんなこともあり得るかもしれないが、クラブ上層部から、現場、選手、サポも本当に悔しいと思って、絶対に繰り返さないと肝に銘じないと癖になる。 そういう意味で、昨日の結果をプロフィール写真にした。 次のリーグ戦までこのままにしておくつもり。

序盤から落ち着きの無い東京。 東京の攻撃は相変わらず寸分の狂 いも無くボールを繋げないと成り立たない。 スペース(面)ではなく、点で合わせるから、成功させるのが凄く難しい。 (どなたかの 「遊びの少ないハンドル」 という表現は秀逸。) 対する川崎はスペースを有効に利用していて、多少パスが不正確でも受け手が調整できるから楽。 スペースを生む動きとそのスペースを使う動き、それぞれが連動している。

どうも谷口が右、憲剛が左から飛び出してくると思ったら、川崎の中盤はダイアモンドだったらしい。 いろんなパターンを消化して機能させるのは凄いな。 けど、形は違えど、中身はいつもの川崎。 ジュニーニョのタメが効いていて、他の選手のポジショニングも適切。 無理せずに攻撃を継続できる。 相変わらずサイドバックはほとんど上がらないから守備も安定(川崎はこの日も変形4バック)。 なんでこんな順位にいるのかが不思議。

先制点。 競り合いに勝ったマギヌンが右からフリーでセンタリング。 ペナルティーエリア少し外でのボールの競り合いの中、ルーカスが戻ってきてボールを奪ったかに見えたのだが、わずかに跳ねたボールがテセの前にこぼれ、そのままシュート。 ルーカスの勤勉さが仇になったような。 塩田からするとブラインドから突然ボールが飛んできた感じだろう。 まぁ、あそこから迷わず打つ方が偉いんだけど。

東京の選手達はこれで早くもバタバタしてしまった。 あとは、混乱したまま追加点を取られ、落ち込んだところでまた点を取られ、リスクを背負って攻めに出たら、注文どおりカウンターに沈む。

開幕戦にせよ、アウェーのガンバ戦や磐田戦にせよ、そしてアウェー川崎戦にせよ、混乱し始めたらとことん混乱を極めてしまう東京。 相手は、少人数でも攻撃の形を作るのがたぶんJリーグで一番上手い川崎。 最悪の組み合わせだったのだが、そのとおりやられすぎだ。

後半、ワンボランチで攻撃に打って出たのは、「負けたくない」と広告を打ったので、止血よりも逆転に一縷の望みをかけたからか? 広告が戦い方の手を縛るということがあるのだろうか? よく分からん。 これ以上取られないという判断もあり得たと思うのだが。 いずれにせよ、「負けたくない」のだったら、前半からそういうプレーを見せて欲しかったし、試合前に、勝つための手をどれだけ尽くしていたのか、とも思う。 例えば、右サイドがリチェかナオかでも、活かし方は若干変わってくると思うのだが、東京っていつもワンパターンでしょ?

試合後、博実が「浅利を後半から入れた方が良かったかも」と言っていたようだ。 そもそも、伊野波起用はJFAから圧力でもあったのか、と想像してしまうが、もちろん、これも何の根拠もない。

「リーク」(俺も拘るな(笑))が選手達を萎縮させたという説はともかく、いろんな面で東京のチグハグさが目立つ第12回多摩川クラシコでした。

|

« 思い出の地、丸亀 | トップページ | 去年のスイス旅行記 2006年7月(ローザンヌ編) »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

イノハは頭、真白になったのは観ててわかったからねぇ(笑)
しっかり、東京対策をしてきた敵将に「巧」です。

投稿: 味スタまで徒歩5分 | 2007年10月29日 (月) 11:02

自分もイノハが先発の時点で今日はやばいかな~なんて思ってましたが現実になってしまいました。 サリだったら・・・
関塚監督はさすがですね。 素晴らしい監督です。 結果が出なかった期間に、4バックの基礎を作っていたんでしょうね。

投稿: ロマニスタ | 2007年10月29日 (月) 20:53

今年何度目かの拷問でしたが、最後まで手を抜いてもらえなかっただけにキツさ数倍でした(苦笑)

ここ数試合の好調さに気をよくしてましたが、根本は改善されていなかったというコトに気づかされてしまいましたね。

話せば長くなるのでそれは後日、酒の肴として(^^;)やはりソフト、ハード両面で真ん中にしっかりとした芯がないとチームとして成り立たないですね。耐震強度の強化をお願いしたいところです。

投稿: TAKA | 2007年10月30日 (火) 00:00

「リメンバー10.28」っていいですね。そのネタでバナー作っていいですか?みんな前向きになった頃に。

投稿: メトカラ | 2007年10月30日 (火) 01:26

完全に裏目でしたね、伊野波先発起用は。
でも、サリを先発にして、それがダメだった時、後から伊野波投入するのってアリだったのでしょうか?
これも全然修正が効かなくてもっとヒドイ状況になっていた様な気がします。

ま、どっちにしろ、その後の選手交代も大失敗でしたし、サリ先発でも伊野波先発でも、結果には大差なかったかも知れませんね。

投稿: LQO | 2007年10月30日 (火) 01:54

皆様コメントありがとうございます。
>味スタまで徒歩5分様
下位チーム相手に対策してくれるなんて、有難いですね。
いや、もう対策は知れ渡っているのかな?まともに繋いできて、プレスする隙を見せてくれるマリノス、エスパルス、鹿島あたりの方に感謝でしょうか?

>ロマニスタ様
「たら・れば」言っても仕方ないと思いつつ、前の試合できちっと仕事をした浅利なら、もう少しスペースを埋めて、パスもギャンブルを避けて味方に繋いだと思う気が・・・。
関塚氏は、石崎監督の築いた土台を引き継ぎつつ、憲剛のボランチコンバートなど、いい仕事してますね。

>TAKA様
以下は私の個人的な印象ですが、東京は無理な増改築を重ねた建物のような気がします。
かつての戸田や宮沢、今のナオや規郎、ルーカス、藤山など、一芸に秀でてはいても、汎用性の低い、変わった選手が多く、デコボコな建物の印象です。
ケリーが居た頃は彼が大黒柱で、全体を強引に束ねてしましたが、梶山や福西や馬場が真ん中に入ると、フィットしたときは絶妙な味を出すものの、非常に脆い。。。
梶山がようやく独り立ちしてきたかなぁ、と思ったところで怪我。痛かったです。
耐震強度の強化をお願いしたいですねぇ。けど、設計に偽造や瑕疵はなしでお願いしたいです。

>メトカラ様
自由にお願いします。出来たら使わせてください。カッコいいのお願いしますね。

>LQO様
サリがダメだったら今野ワンボランチにしていたでしょうかね?って日曜と同じか(笑)
誰が良かったか、悪かったかもありますが、選手の調子を監督・スタッフが把握できているのか、不安に感じます。
博実もFWの調子には敏感みたいですが・・・。

投稿: fct-fan | 2007年10月30日 (火) 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/16901727

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の営業ネタにもならない FC東京vs川崎 10月28日(日):

« 思い出の地、丸亀 | トップページ | 去年のスイス旅行記 2006年7月(ローザンヌ編) »