« 横河武蔵野vsTDK、横浜F・マリノスvs清水 10月20日(土) | トップページ | 多摩川クラシコに水を差す次期監督報道 »

2007年10月22日 (月)

久々の豊田スタジアム 名古屋vsFC東京 10月21日(日)

東京は宣言どおり博実に白星をプレゼント。 対する名古屋はセフの退任・引退、そして、次期監督報道で、選手が浮き足立っちゃったんですかね? モウリーニョは悪い冗談としても、ストイコビッチは現実的だからなぁ。 (追記: と思ったら、東京にも監督人事の報道が出てきてた。 う~む。)

Toyota00

黒川紀章の設計

Toyota02

いいスタジアムだなぁ。 3年前は2階にゴール裏が移動した記憶。 古賀のハンドゴールで勝てなかった試合。

名古屋は4-1-4-1の並び。 ヨンセンのワントップに、左から本田、金、直志、小川とスキルフルな選手が揃う2列目。 ヨンセンがCB一人を引き付けて落としたボールに金や直志が反応し、そのケアにもう一人のCBや両SBが追われたところに本田や小川が飛び込んでくるのは怖かった。 また、金と本田、直志と小川とも入れ替わり、なかなか流動的な攻撃を見せた。

けど、試合前にモニが「(ヨンセンの)次で取れればいい」と言っていたとおり、落としたボールへの対処はほぼきっちりできていて、そこでボールを潰せていた。 名古屋が同じパターンに固執してくれたおかげで、東京DFもその対応に集中することができと思う。 結局、ボールを支配したのは名古屋だったかもしれないけど、昨日に関しては、名古屋に狙った戦いをさせなかったウチが上だったということ。

東京の得点は真上から見ていたのだが、選手同士の意図があった美しいゴール。

外から走りこんだ今野に、金沢から今野のスピードを殺さず、相手DFも邪魔できない絶妙のスルーパス。 そのままフリーでサイドをえぐった今野は中をじっくり見て、ラストパス。 走りこんだルーカスが合わせてゴール!!! 合わせる側も、ニアに規郎、中にリチェーリ、ファーに赤嶺、二列目にルーカス、と完璧。

今野の上がりは完全に狙ったもので、ゴールの形もイメージどおりだったのだろう。 どの選手もすごく喜んでいたけど、特に今野の喜び方が印象深い。 東京で、満足できる・納得感のあるプレーができることが、来年以降に繋がると思う。(残ってほしいな。)

そして、名古屋に一方的に押されていた時間に赤嶺に代えて平山を投入。 (相手CBが二人とも小さかったので、もっと早く入れても良かったかもしれない。) 前線でボールが収まるのは平山だけど、赤嶺も外せないんだよなぁ。 赤嶺の前線から追い掛け回すプレーは後ろを相当楽にしているから。 (去年、甲府の大木がウチとの試合でバレーを左ウィングにしたみたいに、平山をウィング的に使うのなんてどうだろう?)

Toyota04

その他、気がついた点。

  • 規郎の3連続FK。 そろそろ、噴火の予感?
  • 福西は怪我で浅利交代。 藤田との共演は見られず。
  • 浅利は急な出番でも確実に仕事を果たした。
  • 塩田の流経大の後輩、杉本登場。 スピードに浄が苦労したけど、なんとか抑えた。
  • 前半42分のリチェーリのプレーに、名古屋ゴール裏からブーイングが起きていたけど、あれはリチェーリが完全にボールのインに身体を入れていた。 ノーファウルで正しい。
  • ルーカス、塩田がシャー!

試合が終わったら、会場に流れた音楽はoasis。 戦力の割に順位が沈む両チーム。 こんなところまで一緒。

Kishimen

名古屋に着いたら、まず新幹線ホームできしめんを。

Toyota01

スタッフが着ていたウィンブレ。 いいなぁ。

Yakiniku

試合後は、赤味噌のタレ風味の焼肉を。

Nagoya

夜の名古屋を後にした。

|

« 横河武蔵野vsTDK、横浜F・マリノスvs清水 10月20日(土) | トップページ | 多摩川クラシコに水を差す次期監督報道 »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

旅(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/16836087

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の豊田スタジアム 名古屋vsFC東京 10月21日(日):

« 横河武蔵野vsTDK、横浜F・マリノスvs清水 10月20日(土) | トップページ | 多摩川クラシコに水を差す次期監督報道 »