« お詫び: フクアリ観戦時の駐車場について | トップページ | 高い山の裾野は広い ACL 城南一和vs浦和 10月3日(水) »

2007年10月 3日 (水)

好敵手と呼ばせてください 遅ればせながら千葉vsFC東京 9月30日(日)

2003~2005年頃のオシム・ジェフは、今の日本代表のように「パス回しのためのパス回し」に陥るだけでなく、フィールドを大きく使うダイナミックさ、前線でも中盤でもどこからでも、たとえ形が整ってなく、人数が揃ってなくても仕掛ける大胆さ、フィジカルと呼んでいいほどの力強さ、そして底知れぬ運動量があった。

日曜も、ボールを身体ごと強引に運んでいくかのようなドリブル、パスの受け手が全集中力を傾けてトラップしないと受けきれないような狭い所を通す速いパス、すっかり千葉に馴染んだ下村のゴリゴリしたタックルを見て、これはヤバいなと思ったら、前半はほとんど手足も出ないくらいにやられた。 主審があまり笛を吹かなかったのも、千葉の戦い方に合っていたと思う。

そんな千葉の前に前半の東京は意気消沈。 パスは足元ばかりでマンマーク千葉の注文どおり。 ショルダートゥショルダーの競り合いで滅多に負けない徳永が、この日はほとんど勝てなかった。 フリーでボールを持っても、新居がちょっと牽制しただけで、サイドの駆け上がりをやめてバックパスするのを見て、戦う前から負けているなぁと思った。 体調が悪かったのかもしれないが、千葉のアグレッシブさの前に気後れしているように見えた。 徳永だけでなく、チーム全体が。

新居がMOM級の活躍だったけど、やっぱり水野に目が行った。 これまで水野はボールを蹴ったり(パスやクロス)、ボールを運んで(ドリブル)ナンボの選手だと思っていたけど、日曜はボールを止めて効果的な間を作っていた。 上手いだけでないセンスを感じた。 (その辺のセンスは家長あたりよりも上かも? この日だけではなんとも言えないけど。)

後半に入り、東京が早めに前に入れて千葉のプレスをかわすようになると、チャンスを作れるようになってくる。 だから、縦一本でやられた3点目のPKはもったいなかったなぁ。

千葉も千葉で、終盤の戦い方が稚拙だったけど、東京の放り込みは割と機能していた。 その要因として、東京がツートップをようやくモノにしてきたことがあると思う。 平山に競らせて、赤嶺 が裏を狙い、こぼれ球は2列目に下がったルーカスやボランチが狙う。 そういう意図がはっきりしてくると、放り込みも機能する。 試行錯誤、前進・後退を続けながら、 進歩はしている。 そういう経験をどうやって体系として次に繋げていくのかが課題。

ともかく、前半は人もボールもよく動く、良い意味で懸命なサッカーで千葉が先行し、後半は東京がサイド攻撃と上達した放り込みで、最後は脚が止まった千葉を追い上げたものの、3-2で千葉が勝利。 東京としては良いとか悪いとか、強いとか弱いとか以前に、前半の戦い方で負けたんだと思う。 一喜一憂せず、不器用なら不器用なりに、今出来ることを愚直 にやるしかないと思う。

個々の選手

福西と今野の上がった後ろをケアするのがバランサー栗澤の役割だとすれば、この日の栗は合格点は与えられず。 けど、こういう日もあるでしょ。 4連勝の影の立役者。 次に期待。

ナオは動きのキレ自体は悪くなかったと思うけど、チーム全体の低調さに比例してイマイチ。 問題は完璧主義者故か、過剰にイライラすること。 失点 シーンでキャプテンと言い合い、交代時は博実の握手を無視し、家に帰って反省してブログで前向きなメッセージを書く。 もっと肩の力を抜いて、シュートで もクロスでも力を抜いてやってみれば、と声をかけてあげたいなぁ。 丘サーファー規郎の方が、シュート時の力の抜き方を先にモノにしているぞ。

リチェーリは良かったですね。 相手が一段レベルが落ちる池田昇平だったとは言え、なんどもドリブルで翻弄していた。 切れ込んでシュート、回り込んでクロスも悪くない。 次に期待したいのはやっぱりシュートが枠に行くこと。 去年に比べると飛躍的な成長を見せているからこそ、一段のレベルアップに期待。

ジェフのジュニアユース出身の規郎はFKや終盤のSBの位置からの攻め上がりで見せ場を作った。 だんだん調子を戻してきている。

日曜はダッシュ→パスカットがイマイチ見られなかった藤山だけど、金曜練習を回避した怪我の具合が、結局どうだったのかが心配。 (携帯サイトのコメントでは、特に怪我に触れてい ない。)

ところで千葉

久しぶりに元気な千葉を見て、これだよ、これ! と思ってしまった。 千葉の復活は日本サッカーとしていいことだと思う。 限られたメンバーで志の高いサッカーをしていたから。

お互い紆余曲折を経ながら、中位~下位からの脱出とブレイクを目指す仲間として、今後も切磋琢磨していきたいなぁ。

|

« お詫び: フクアリ観戦時の駐車場について | トップページ | 高い山の裾野は広い ACL 城南一和vs浦和 10月3日(水) »

FC東京2007」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

好きな選手は自分のブログじゃ絶対叩かないんですけど、実は徳永のせいで負けたと思うんですよね…
徳永が悪いとナオが血迷うんで。

投稿: メトカラ | 2007年10月 3日 (水) 02:23

>メトカラ様
赤嶺と徳永が活躍して、metrocolorsに毎週ツンデレ記事が載るといいですね!

投稿: fct-fan | 2007年10月 3日 (水) 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/16644368

この記事へのトラックバック一覧です: 好敵手と呼ばせてください 遅ればせながら千葉vsFC東京 9月30日(日):

« お詫び: フクアリ観戦時の駐車場について | トップページ | 高い山の裾野は広い ACL 城南一和vs浦和 10月3日(水) »