« 今晩はACL決勝 浦和vsセパハン 埼玉県民の日 | トップページ | ファンタジーサッカー 第32節 »

2007年11月16日 (金)

祝!全然嬉しくない勝利 ACL 浦和vsセパハン 11月14日(水)(TV観戦)

全北戦や城南戦まで遡らずとも、つい一週間前、アウェイのセパハン戦ではかなり本気で浦和を応援していて、ポンテのゴールの瞬間にはガッツポーズまでしたのだが、昨日は白けきった気持ちで観戦。

浦和が勝ったほうが良いと頭では考えているものの、気分は全然高揚しない。 むしろ、セパハンが点取った方が面白いなんて思っていた。 偉そうなことを言っておきながら、いざ、他チームが栄冠に近づくと、東京サポとしての本性を抑えきれなくなる。

試合自体は、浦和が危なげなく勝った印象。

セパハンは個々人としてもチームとしてもキープ力が高いし、ボールを運ぶのも上手い。 浦和は一見押され気味だったけど、浦和の守備の厚さを割り引いても、セパハンはゴール前のアイディアに乏しい。 もっと現実的で実効性のある攻撃をすると思ったのだが。 考えてみたら、川崎とも210分戦って無得点だった。

相手のクリアミスからフリーで豪快に蹴り込んだ永井の先取点。 セットプレー崩れから繋いで最後は阿部がきっちり押し込んだ2点目。 どちらもまったく面白みのないゴールだけど、いかにも浦和の確実さ・堅実さ・強さが現れていた。

埼スタのスタンドはもちろん、テレ朝の中継も、エルゴラもマガもダイも、すべてが、当然なのだが、浦和の浦和による浦和のための試合という感じ。 かつて「罰ゲーム」と呼ばれた頃のACLからは様変わりした光景が広がる。

そんなものを見せつけられても、他サポとしては愉快なはずもなく、試合自体も見所のない、浦和のほぼ完勝だったので、後半早々から早く終われ~、と思いながら見ていた。

けど、試合が終わっても、テレ朝もNHKも「日本初」、「日本初」、と嘘を垂れ流して、引き続き頭に来る。 確かに現在のACLになってからは初めてだが、アジアクラブ選手権、磐田がアウェイ10万人の一発勝負で勝ったことはなかったことになっているのか? それとも、日本人の「初」という言葉への弱さに便乗して、知らない一般人を騙す演出しているのか。 テレビ局のレベルの低さには呆れるばかり。

そんなこんながあり、望んでいた浦和(というかJクラブ)の勝利だったのだが、気分は沈むばかり。

けど、仮に負けていた場合のことを想像すると、「日本のサッカーはまだまだ」とか、「甘い」とか、Jリーグの悪口ばかりをTVや新聞で見せられたり、聞かされていたんだろうから、それはそれでストレスだっただろう。

それに、ヨーロッパとかから見た場合でも、CWCにアジア代表として日本のクラブが出ることのインパクトはあると思う。 国と国とが競い合う舞台では、やっぱり勝たないことには。

あぁ、終わってスッとした。 もう無理しなくて済むから。 浦和はお役御免。 もう勝たなくていいよ。 でも、どうせ次も勝つんだろうけど。

おめでとう。

|

« 今晩はACL決勝 浦和vsセパハン 埼玉県民の日 | トップページ | ファンタジーサッカー 第32節 »

ACL」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

そうですよね~~~

他サポさんからおめでとう!と言われるより、しっくり馴染めます。
多分私も反対の立場なら、同じように思ったと思います。
身勝手で良いじゃないですか!自分のチームが可愛いんです!!

他サポさんに We are REDS! とか言われたくない。
あ~私もスッとした。

お邪魔しました~~~

投稿: 赤パンダ | 2007年11月16日 (金) 13:41

赤パンダ様
コメントありがとうございます。
絶対に越せない一線がありますね。
そういうことに気付く機会になったは、浦和の決勝進出のおかげでしょうか(あれれ?)

こちらも、いつか追いつけるように頑張ります。

おめでとうございました。

投稿: fct-fan | 2007年11月16日 (金) 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/17085870

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!全然嬉しくない勝利 ACL 浦和vsセパハン 11月14日(水)(TV観戦):

« 今晩はACL決勝 浦和vsセパハン 埼玉県民の日 | トップページ | ファンタジーサッカー 第32節 »