« 平常心を欠いていた気がする 浦和vsFC東京 7月5日(土) | トップページ | 久しぶりの神宮 »

2008年7月 8日 (火)

日曜はサッカーじゃなくて観劇

日曜は埼スタ第2にも、ひたちなかにも、武蔵野にも等々力にも行かず、朝は自宅で、昼はロイホで、その後はスタバで作業。 埼スタからひたちなかまで、車なら2時間で行けるか? なんて調べたこともあったけど、取らぬ狸の皮算用。 (普通は無理なようです。)

で、夕方フリーになったので、下北沢に観劇に行ってきた。 と言っても、もともとそんな高尚な趣味がある訳ではなく、東京サポのもっさんが客演すると聞いたので行ってみた。

もっさんというと、春にピッチサイドの男という一人芝居を観て、人生の不条理さとサッカーとが重なり合う様が印象的だった。

今度は複数の役者による普通の劇だったのだが、結構、奇抜な設定だった印象。 演劇って考えさせたり、感動させるだけでなく、よく分からない世界に放り込まれて、もみくちゃにされて、楽しまされる、自由度の高いもんなんだなぁ、と思った。

演技がもう一人の人間に成りきるってことだとすると、映画や読書でもう一つの人生を追体験するより、濃密というか、感覚を拡張させるというか、深いものなのかもしれないなぁ、と思った。 (う~む。 我ながら語彙が貧しい。)

|

« 平常心を欠いていた気がする 浦和vsFC東京 7月5日(土) | トップページ | 久しぶりの神宮 »

FC東京2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/41769075

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜はサッカーじゃなくて観劇:

« 平常心を欠いていた気がする 浦和vsFC東京 7月5日(土) | トップページ | 久しぶりの神宮 »