« ファンタジーサッカー 第17節 | トップページ | 久々の味スタ。ピッチは? 東京Vvs愛媛 7月5日(日)、東京Vvs徳島 7月11日(土) »

2009年7月 9日 (木)

形を整え、形に囚われないサッカーをする 神戸vsFC東京 7月4日(土)

たとえチームの調子が良くとも、心配・不安が尽きないのはサッカーファンの性。

FW茂木。 プロ入り初ゴールを2002年に東京相手に記録。 最近調子が良いなんて聞くと、またやられてしまうのではないか、と頭をよぎる。

復帰した大久保。 なんだかんだ言っても動きの質が高く、怖い選手。 高校の後輩達の前でキレキレのプレーを見せつけたりしないだろうか?

そして、監督交代劇。 士気の高さを伝える報道や、嫌な予感を指摘する東京系ブログ。 何より、かつて自分たち自身が同様の状況で素晴らしい試合をした。 神戸にも理屈を超えた力が湧き上がってくるのでは・・・?

そもそも、バクスター、松田両監督時代の神戸は良いサッカーをしていた。 "堅守速攻"だけでなく、繋ぎとスペースの意識の高い連動的なサッカーを していた。 それを神戸が再現すれば、容易に勝てる相手ではなくなる。 (松田監督時代は"堅守速攻"、カイオ・ジュニオール時代は"ポゼッション"とい う切り分けには違和感がある。)

試合前、

相手がどんな状態であっても関係ない。 こちらとしてやるべきことをやって勝つのみ。 そんな試合を期待している。 きっと出来る。

と書いたのは、不安を打ち消す必死の気持ちから。

R0011850

試合。 神戸は決して悪くなかった。 選手もサポーターも気持ちを出して戦っていた。 けど、そんな相手を内容でも結果でも上回ることができ、一勝以上の嬉しさが湧き上がってくる・・・。

東京は、城福監督が去年使っていたフレーズ「電流を切らさない」サッカーが出来ていたと思う。 繋ぐことが目的になるのではなく、プレーの先々を意識しながら動いて、いい形でボールを受け・渡す。 それを綿々と続けていく。 いい形を作れなければ、戻してやり直すことも躊躇しない。

CBにボール扱いに秀でた選手を配し、ボールと空間と時間をコントロールするサッカー。 サイドとか、中央とか、カウンターとか、形に囚われず、その瞬間またはその先の瞬間でベストのプ レーを選択する。 あとは、その中で、いかにもっと点を奪うか。 ディテールを突き詰め、練度を高めれば、ますます良くなっていく予感に溢れてい るが・・・。

R0011854

勝負を決める個の力。

今更だけど、長友は最後までやりきるプレーが改めて気持ちいい。 相手との駆けっこ勝負で決して負けない。

ナオに注目が集まっているけど、今野も凄いことになっている。 ピッチ狭しと走り回り、ゾーンを埋め、相手を潰し、漏れを拭き取り、生きたボールを味方に繋げ続ける。 普通のCBとして、普通以上のクオリティの働きをしている。

またも決めてしまったナオ。 散々語られているが、大き目のトラップはシュートまでの動きをイメージしたもの。 頭も動きも冴え渡っている。 まさに平常心。

得点シーン以外にも、宮本のスライディングをヒラリかわして平山に送ったラストパス。 ゴールマウスを捕らえる振り向きざまの回し蹴りボレー。 冷静さな中でイメージが溢れ出てくる。

そして、米本。 気持ちがプレーに、全身に現れていた。 神戸の選手たち以上に感じた。 勢い余ってイエローを貰い、その後も手を緩めずにプレー。 カードが気になったからか、久々に90分間持たなかった。 けど、ブーイングを浴びてのプレーは、伸び代を広げる貴重な経験だったと思う。

R0011858

米本シャー

2アシストの羽生は、ようやく東京で"らしさ"を発揮できる環境を得たか。 自分で決める選手じゃないし、体格がある選手でもない。 他の選手とボールとスペースとの間で生きる存在はチームが機能しなければなかなか輝けない。 城福監督も、今日のエルゴラ(ナオの記事)で同趣旨のことを言っていた。

平山、カボレ、梶山、徳永、ブルーノ、権田を含め、それぞれが責任感のあるプレーを見せた。 浄もボランチ控え一番手としてのクレバーなプレーを披露。

今後、怪我、カードの累積などで、メンバーが変わることもあるだろうけど、どれだけチームとして力を蓄えることができるか。 赤嶺、祐介、達也、草民、怪我から復帰の大竹、椋原、佐原・・・。

不安は、すぐ近くで生観戦していた三木谷オーナーが目を付け、札束で引っ張られないか・・・?

|

« ファンタジーサッカー 第17節 | トップページ | 久々の味スタ。ピッチは? 東京Vvs愛媛 7月5日(日)、東京Vvs徳島 7月11日(土) »

FC東京2009」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

旅(国内)」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
自称FC東京のファンなんですけど、会場に行ったこともなく、時々地上波で見るだけなので熱心なサポーターに混ざることも気が引けるし、でも誰かとチームのこと話したい、と思ってたところに、このブログ見つけました。
過去ログも少し読んで“いやぁ、すごく真面目に分析されてるし、視点も素晴らしいやぁ”と、即ブックマーク、これから読ませていただくのが楽しみです。

今年は城福サッカーの熟成を期待していたのに期待はずれだったのが、ここに来て良い感じですね。リーグは鹿島の独走で決まりそうですが、これから上位チームとの対戦が楽しみです。なんとか4位に食い込んで、来期ACLに出て欲しいです。

それでは、また。観戦レポ楽しみにしてます。
失礼します。

投稿: てむ | 2009年7月11日 (土) 13:17

てむ様
コメントありがとうございます。また、お褒めいただき、光栄です。ありがとうございます。
私も、いろんなブログを見て、勉強させてもらっています。
・戦術分析が鋭い、
・選手の働きを捉えるのに秀でている、
・試合やシーズンの流れを掴んでいる、
・ネタ・エピソードを語るのが上手い、など。

また、機会があれば、是非スタジアムに足をお運びください。光が当たるピッチや、選手たちの走る姿もとても綺麗ですし、チーム全体がひとつの意思を持つかのようにピッチ全体を使ってボールを運ぶのを見るのはとても面白いですよ。

投稿: fct fan | 2009年7月11日 (土) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106409/45542116

この記事へのトラックバック一覧です: 形を整え、形に囚われないサッカーをする 神戸vsFC東京 7月4日(土):

« ファンタジーサッカー 第17節 | トップページ | 久々の味スタ。ピッチは? 東京Vvs愛媛 7月5日(日)、東京Vvs徳島 7月11日(土) »